2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 天皇の料理番 第7話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第2回「小さな革命」 »

2015年6月11日 (木)

美女と男子 #09

公式サイト

離婚した一子(仲間由紀恵)は、ひのでプロ倒産後、石野(前川泰之)が作った新しい事務所・オフィスイシノでマネージャーを続けることになった。遼(町田啓太)、麗子(真野響子)、遼のライバル・右京(中山麻聖)もオフィスイシノに所属することが決定。一子は石野から、遼と右京の担当を命じられる。遼は、優等生だが人を見下したような態度をとる右京に反感を抱く。ある雑誌が企画した対談の席で、遼と右京は一子の眼前で...。(公式サイトより)

第二部が始まりました。

ひのでプロが倒産してから半年、イシノオフィスが正式に立ち上がりました。
一子は石野にぜひに、と乞われて入社したようです。遼ももちろん、一緒です。
スカウトされた時、一子はひのでプロのタレント全部を入社させたい、と望んだけれども「それはさすがに」。
断られたのね。

素人同然の一子と駆け出しの遼が、二人三脚で動いていた半年間のことは全く描かれていませんでしたので、二人を支えてるヒーローのお仕事ぶりも、予想通りまるっとカットされていました。

石野は、一子を、マネージャーとしてはまだ未知数だけれども、強引なところが気に入っているらしい。
未知数、というのがミソですな。

自分の目が曇っているためか、新会社に誘うほどの能力が一子にあるとは思えないのが、残念です(大汗

徐々に成長している姿は描いていましたけれども、まともに自分の腕でとった仕事となると、自分の腕深夜枠の主演を右京、すなわちモリスに取られた時に意地になって第1話のゲストを確保したぐらいしか覚えていません。
確かに業界の常識を知らないまま、強気というか傍若無人に押し捲るシーンは多かったですけれども、それが仕事に結びついていくというエピやパーツが欠けているのです。

遼の才能はもちろんですが、斑目の息子であることを知っている石野。
遼が欲しくて、遼が懐いている(汗)、一子を雇ったっていう裏はありやなしや。
そうそう、イシノオフィスは、中里麗子を引き抜いてくることを条件に、斑目コーポレーションが100%出資して設立されたそうです。

右京も担当させたりと、石野が何を目論んでいるのかは謎ですが、一子から離婚したことを知らされて動揺しました。
以前から一子のことが気に入っていたようですので、きっと恋愛絡みになるのでしょう。

右京、わかりやすい敵役でした(苦笑

さて、一子の夫、敬吾と駆け落ちした梨花は、一子の留守に実家に戻っていました。
母、俊子は、梨花の体を心配して色々とおかずを持たせています。
密閉容器の数々・・・実家に戻った時のことを思い出しました。
しかし、梨花は頑として居場所を教えません。敬吾とは一緒に住んでいるようですけれども・・・さて?ともかく、姉の夫と家を出たことに罪悪感は持っていないように見えました。

帰りしな、エレベーターホールで一子たちとニアミスします。
一臣、遼と楽しそうに歩いている姿を影から見る梨花。こそこそしている自分に比べて姉は・・・という感情が湧いたのかどうか。かなり粘着質な性格のようですから、何か仕掛けてくる可能性あり、です。めんどくさいなぁ(汗

実家で遼とともに焼肉を囲む一子。
一臣との接触はやむを得ず、多くなりましたが、家での傍若無人っぷりは変わりません。

遼の差し出す乾杯に気がついてあげようよ。いくら家で気を抜いているとはいえ。

そんな一子を苦笑しながら見る遼。大分飼いならされてきたなあ(汗々

マイペースでビールをぐいぐい飲む一子でしたが、梨花が家に来ていることを知って、一臣や部外者の遼がいる前で俊子と喧嘩。一気に食事の雰囲気を悪くしてしまいます。
皆の前で、梨花を許してあげて、と切り出す俊子も俊子なのですけれどもね。
気を使う遼、一臣が気の毒でした。
おいしくないわね、こんなトゲトゲした食卓。そのことに気がつかない一子って・・・

いつかは気がつくのでしょう。一子の成長を描くための伏線と思いたいです。

一子がこんな風なので、遼がどんどん良い人に見えてきました。
たどころの悪口に怒ったり、一臣の遊び相手になったり、気を使って食事の用意を手伝ったり。
それどころか、右京に嫉妬するワンコぶり(^^;;
半年間、二人きりでやってきたんだものね、と脳内補填。

オーディションを前に、遼が一子を連れて行ったのは、たどころ晋也が雇われマスターをしているスナックでした。
そこには、旧ひのでプロの面々が勢ぞろい。
皆を新会社に入れることができず、二人だけ入社したことはシコリにはなっていませんでした。
大歓迎してくれます。

総務を担当していた由美は店を手伝っており、手タレのもなみはパーツ専門の、声優の樫村は声優専門のプロダクションに入って、それぞれ活躍しています。
アイドル志望の亜依は、まだ未定。二部でもお話に絡んできそうです。
ちなみに並木社長は、全国を独りで放浪中。

そして遼が右京と主役を争う、と聞いて、ひのでプロのプライドを賭けて頑張れ、と応援してくれるのでした。

一方、斑目と麗子は、恋愛なんだかビジネスなんだか因縁なんだか、よくわからないけれども、やたらねっとりした駆け引きを繰り広げておりました。
満面の微笑を浮かべながら、並木を見捨てたことを責める麗子。かなり怒っているようです。笑いながら怒る人、ね(汗笑
対して斑目は、並木がルールを破ったからだ、と。どんなルールかは、言わぬが花・・・

裏に何があるかわかりませんが、二人が初対面であることは、わかりました。

ということで。

今後を予想するに、サクセスストーリーだけでは終わらせないだろうから、一子と遼の関係は恋愛に発展するかと。
でもそうなると、所謂「商品に手をつける」、つまりタブーを犯すことになるわけです。
さてさて?

色々突っ込みながらも、何とか感想を書くモチベーションを維持することができました。
夏クールの新ドラが始まるまでは、続けれるかも。

.

.

01~03 04 05 06 07 08

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 天皇の料理番 第7話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第2回「小さな革命」 »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

□美女と男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #09:

« 天皇の料理番 第7話 | トップページ | ちゃんぽん食べたか 第2回「小さな革命」 »

作品一覧