2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡):映画 簡単感想 | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第13話「燃えよ!ニンジャ運動会」 »

2015年5月24日 (日)

花燃ゆ #21「決行の日」

公式サイト

文(井上真央)は高杉晋作(高良健吾)の妻・雅(黒島結菜)から、夫の久坂玄瑞(東出昌大)が芸妓・辰路(鈴木杏)と親しくなっていることを知らされ、動揺する。文は矢もたてもたまらず義兄の小田村伊之助(大沢たかお)に頼みこみ、じょうい決行のため山口にいる玄瑞に会いに行く。しかし行く先々ですれ違い、なかなか再会できない。そして思いがけず、藩主の毛利敬親(北大路欣也)とその妻・都美姫(松坂慶子)と出会う。(YAH0O!テレビより)

文久三年。
将軍、家茂公が天皇に攘夷を誓うために上洛したことに沸き立つ久坂たち。
対して、高杉は手ぬるい、将軍を斬る、と息巻きますが、周布に10年待て、と言われ、その通りにしちゃいます。
10年暇をもらう、山に籠って浮き世を捨てる、と萩に戻ってきて、出家してしまった高杉を訪ねる文。こんな大事な時に何故、と詰りますが。

「正直、俺は久坂の考え方にはついていけん。
今、攘夷を結構しても、所詮は負け戦。やのに奴は攘夷をお題目に、京でもてはやされ、公卿や豪商相手に根回しばかり。まるで腐れ役人のようじゃ。」


ここで、雅が、久坂に芸妓にもてていることをばらしちゃいます。
相変わらずです。

将軍が5月10日をもって攘夷決行を奉上することが決定したことを、敬親公に知らせる伊之助。この戦は、攘夷は、果たして正しいか、と敬親に問われます。

「行く末を、殿は見据えておられます。攘夷決行に加え、周布様が進言いたしました五人のイギリス行き、今まさに、内々に準備が進められております。
その英断こそが、道なき所に道をつくる、私はそう信じております。」


攘夷を決行しながらも、敵を知るべく次の手を打っていることを、正しい、と言っているわけですね。
で、攘夷そのものについては、どう思っているのか・・・何となく上手くごまかした気がしないではありません。

攘夷に備えて、藩庁が萩から山口に移され、下関で外国船を迎え撃つことに。

久坂がやっと帰ってくると喜ぶ文でしたが、萩には寄らず山口へ行くと聞いて、山口に向かう伊之助に、強引についていきます。名目は、藩主家族の世話係。

今までツンケンしていた寿が、文のバックアップをしてくれるようになりました。
同じく、いつも置いていかれる妻として、文の気持ちを慮ってくれているようです。
トラブルメーカー、松蔭が亡くなり、夫が敬親公の側近に引き立てられたことで家庭が安定したことで、寿にゆとりが生まれたのかもしれません。

山口に着いた文は、久坂が京の働きが認められ、晴れて直参の藩士に取り立てられたことを知り、喜びます。

そこへ敬親公の正室、都美姫が通りかかり、久坂の妻と察し、声を掛けます。

「いつ戦は終わります?」

当然、答えられない文。うーん、久坂の妻だから聞いた、ということなのでしょうけれども、普通聞くでしょうか。

「みな、口を揃え、攘夷に、攘夷と。勝てるでしょうか?」
「おなごの身にはつぶさにはわかりかねますが、攘夷、その精神がこの国を救う、という人もおれば、戦う前から負け戦、という人も。」
「負け戦?!そなた、それでも!」

そこへ敬親公。「その迷い、ようわかる。」と助け舟を出し、寅次郎の妹の文と少し話したい、と姫に請います。
「どうぞ、ごゆるりと」と言ったものの、伊之助には、世話役の件はここに長居をするつもりはないので間に合うております、と。
文、都美姫に良い印象を持たれなかったみたいです。

夫を追ってここまで来たものの、どう向き合うかわからない、と申し述べる文に答える敬親公。

「決めておることがある。
藩主として、余は未だ迷い、自問自答を繰り返す見じゃが、志あるものの邪魔立てだけはすまいと決めておる。
なぜなら、誰しもその命、潰えるせつな、生ききった、そう思うて欲しいからじゃ。
背中を見送る時は、常に願ごうておる。
ゆけ、輝け、と。」

その言葉を胸に刻んだ、文。
やっと出会えた久坂に。

「お聞きしました。晴れて武士になられたと。
おめでとうございます。これでもう、医者坊主とは呼ばれませんね。
今更、申すことは何もありません。
ただ、お見送りに。
志を成し遂げてくださいませ。
私はもう、あなたの無事を願うたりしません。帰りを待ったりもしません。
あなたというお人を、夫に持ったことを誇りに思います。
それだけです。それだけ、お伝えしに。他に話すこと、何もありません。
ご武運をお祈りいたします。」


相変わらず雄弁な人です。主人公だから当然なんですけれども(汗
精一杯のこの言葉が心に残らないのが、悲しい。

久坂が文に会わなかったのは、大事の前に、心残りなものと距離を置きたかったためもあるのでしょうけれども、京で、段々辰路の誘惑に陥落しつつある罰の悪さもあったかも。
.

久坂のアジテーション、皆に持ち上げられて気炎をあげる塾生たちは割愛しました。
ここをしっかり描いてこそ、今後の彼らを待ち受ける運命が際立つと思うのですけれども・・・文の山口行きがテーマだから、仕方がないですな。

そうそう、伊藤利助が、入江、野村兄弟の妹、すみと結婚。そして「長州ファイブ」の一員として、井上聞多らとイギリスへ旅立ちました。

今回も、高杉、敬親公、久坂と、皆が松蔭のことを語っていましたが、松蔭の持つ求心力が理解できないので、ぼやっと見てしまいました(大汗
文には感情移入できないし、久坂と辰路の話にも興味が持てないし・・・なので、感想があまり浮かびませんでした。
これから長州は大揺れに揺れるわけで、ドラマとして、面白くなることを、期待して・・・います。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16、17 18 19 20

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡):映画 簡単感想 | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第13話「燃えよ!ニンジャ運動会」 »

△大河:花燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/61617586

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ #21「決行の日」:

» 花燃ゆ 第二十一回 [レベル999のgoo部屋]
『決行の日』 「決行の日異国との開戦!夫の背に栄光祈る」 内容 文久三年、伊之助(大沢たかお)の懇願で、松陰の復権が認められた。 吉田家も復興され、喜ぶ文(井上真央)寿(優香)たち。 そんななか、動かぬ藩に業を煮やした高杉(高良健吾)が出家してしまう。 ...... [続きを読む]

» 【花燃ゆ】第21回 「決行の日」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
文(井上真央)は高杉晋作(高良健吾)の妻・雅(黒島結菜)から、夫の久坂玄瑞 (東出昌大)が芸妓・辰路(鈴木杏)と親しくなっていることを知らされ、動揺する。 文は矢もたてもたまらず義兄の小田村伊之助(大沢たかお)に頼みこみ、じょうい決行 のため山口にいる玄瑞に会いに行く。 しかし行く先々ですれ違い、なかなか再会できない。 そして思いがけず、藩主の毛利敬親(北大路欣也)とその妻・都...... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」 第21回、決行の日 [センゴク雑記]
大河ドラマ「花燃ゆ」。第21回、決行の日。 幕府に攘夷を促すことに成功した長州藩。 ついに、攘夷を決行。 外国船を打ち払う。 [続きを読む]

» 「花燃ゆ」感想 第二十一回「決行の日」 [きまぐれひまつぶし雑記帳]
「公使館焼き討ちはどこ行った!www」 確か、先週のエンディングはこれから一発景気よく(放火)やるぜ!とドラマチックな音楽をバックに、かつてないほどに勇ましい塾生を見た気がするのですが、久坂らが今週の冒頭で普通に江戸から京へワープしている事実に愕然です。 数か月、経っていました…。 予告詐欺の次はエンディング詐欺なのか。 まあ、桜田門外の変、高杉の上海行きあたりでも同...... [続きを読む]

« バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡):映画 簡単感想 | トップページ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第13話「燃えよ!ニンジャ運動会」 »

作品一覧