2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダードライブ #28「なぜ家族は狙われたのか」 | トップページ | 天皇の料理番 第2話 簡単メモ »

2015年5月 7日 (木)

美女と男子 #01~#03

公式サイト

脚本:田渕久美子/演出:松浦善之助、田中正/制作統括:加賀田透/音楽:河野伸
出演:仲間由紀恵、町田啓太、瀬川亮、中原丈雄、田島令子、徳永えり、中山麻聖、草刈正雄、浅野和之、森本レオ、黒坂真美、高橋ジョージ、松井一憲、北川絢椛、小間千代、前川泰之、東幹久、真野響子、語り手:ジョン・カビラ

ヒロイン・沢渡一子(仲間由紀恵)はIT企業「斑目コーポレーション」の企画部門に勤めるバリバリのキャリアウーマン、のはずだったが、ある日突然、社長の斑目晴彦(草刈正雄)が資本提携した芸能プロダクション「ひのでプロ」への出向を命じられる。
「仕事はできるが、人の気持ちがわからない、上から目線の女」である一子へのショック療法だった。出向に強く抵抗した一子だったが、傾きかけた「ひのでプロ」を立て直すことができたら本社の中枢部門に復帰させるという条件で、思っても見なかった芸能マネージャーとしての第一歩を踏み出す。(公式サイトより)

20話もあるし、予想にも書いたとおり、大河のトラウマが尾を引く脚本家さんなので、どうしようと思っていたのですが・・・悔しいことに、面白いです(^^;;
今期始まったコメディーの中では一番好きかもしれない。
ですので、今更ですが、毎回書けるかどうかわかりませんが、取りあえずレギュラー枠で書くことにしました。

まずは、1話から3話までの感想のみ、駆け足で。4話はまだ見ていません。

初回、高飛車過ぎて職場に嫌われ、家族からも浮いている一子は、確かに感じ悪く、視聴を続けるかどうか迷いました。しかし、NHKらしからぬテンポの良さには惹かれるものがあったので視聴を続行。

2話でも、一子のダメっぷりは全開。
今時、素人でも知っているような類の業界の仕組みも全く知らないのはネタとしても、頭を下げるのが嫌だからといって、挨拶すらまともにできないって、社会人としてどうよ。これでよく仕事を続けてこれたなあ。というか、どんな仕事をしてきたのだろう。
社会人としてどうよ、というのは遼も同じ。そりゃ、真面目にオーディションをしている人たちが怒るよなぁ、と突っ込みまくってはおりましたが。

時代劇にエキストラで参加した二人が、初めての現場に覚醒し、目を輝かすシーンが良かったので、まあまあ、納得でした。
ゲストで出演された名高達郎さんの時代劇スターの佇まいも格好良かったですし。

3話は、「過食の女」ってどんなドラマだよ、とか、犯人が、一瞬しか登場しない出前持ちの「愛ある言葉」に改心するって、どんなストーリーってどんなんやねん(笑

などなどの突っ込みどころは確信犯で、そんなナンセンスなドラマを作る過程を大真面目に撮っているのが楽しめました。

一言のセリフに苦労する遼。
彼のセリフによって、大女優、真野さん演じる中里麗子の渾身の演技が生まれる瞬間が、良かったです。
ラーメンを"バクバク"食べながら、悔恨の涙を流すって、真野さんも大変だったでしょう。まさしく、会心のシーンでした。
ドラマは一人で作れない、遼のセリフがあったからこそ、麗子の演技が引き出せたのだ、とライバルのマネージャー、石野。
またひとつ、演じることの楽しさを知った遼の表情が良かったです。
一子もまた、遼とともにだんだん頭を下げることに慣れてきました。

一子と遼の間に恋愛感情が芽生えたり、芽生えなかったり・・・というナレが2話のラストに入っていましたが、3話で一子って家族持ちだったことを思い出しました。
しかも仕事に専念したいという一子の都合で、夫、敬吾はますおさん状態。

息子は、一子が仕事ばかりで自分を全く見てくれていないことを寂しく思っている。
一見優しげな敬吾ですが、女性の影が・・・でも、それも仕方が無いですな。
一子って、母としても妻としてもレベルの低すぎますからねぇ。

あと、ひのでプロの並木社長と中里麗子、斑目コーポ社長の斑目の三人の間、そして斑目と遼の間に因縁があることを匂わしていました。

「仕事はできるが、人の気持ちがわからない、上から目線の女」(公式サイトより)な一子を受け入れられない人は、このドラマダメだろうなあ。←当然ですけれども(汗

自分は、高ビーなんだけれども、おまぬけ感がにじみ出てくる仲間さんを楽しく見ています。

「男子」の方は未知数ですが、ドラマとともに成長していきそうな予感がしました。
あとは、20話という長さに耐えれるかどうか。
コミカルさを最後まで貫ぬいて欲しいです。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダードライブ #28「なぜ家族は狙われたのか」 | トップページ | 天皇の料理番 第2話 簡単メモ »

#ドラマ:2015年第2クール」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第3クール」カテゴリの記事

□美女と男子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と男子 #01~#03:

« 仮面ライダードライブ #28「なぜ家族は狙われたのか」 | トップページ | 天皇の料理番 第2話 簡単メモ »

作品一覧