2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第5話「宇宙忍者UFOマル!」 | トップページ | 流星ワゴン #10 最終回 »

2015年3月23日 (月)

仮面ライダードライブ #23「悪戯な微笑を止めるのはだれか」

公式サイト

追田警部補(井俣太良)らの捜索にもかかわらず爆発を止められない、連続予告爆破事件が発生した。いずれの事件も爆弾がなかったところで爆発、ロイミュードの仕業か?(公式サイトより)

チェイスが倒されたことを嘆くハートに、単なる109体目、約束の数にも入らぬ、とメディック。
しかし、ハートは友だちをなくすことは理屈ではなく、とても悲しいことだ、と。
そばで大げさに嘆いてみせるブレン。

そのチェイスを救ったのは霧子。みんなに隠れて看病しています。

さて、今回のロイミュードは超高速で動ける能力の持ち主。
爆薬を仕掛けるのではなく、速度を生かして寸前に飛ばす、というのが目新しかったです。

タイプフォーミュラーに変身しても、不完全さから最初は速度についていけなかったドライブですが、りんなのアシストで完全にパワーアップし、打ち負かします。
しかし、コアはまだ生きていて、ブレンに助けられていました。

事情聴取中に事件が起こったため、釈放された高校生とロイミュードの関係は次々回へ持ち越しです。

ベルトさんやりんながドライブのチューンアップばかりすることに嫉妬する剛。
でも、元々チームが違うからぇ。なぜ、研究途中でアメリカから帰ってきたのでしょうか。体力もやばそう。
東映公式を見ると、そろそろ明かされそう?
進ノ介に対する剛の気持ちがこれ以上こじれなければいいのですが。

.

.

#01、#02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09、#10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第5話「宇宙忍者UFOマル!」 | トップページ | 流星ワゴン #10 最終回 »

△特撮:仮面ライダードライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダードライブ #23「悪戯な微笑を止めるのはだれか」:

» 仮面ライダードライブ 第23話 [レベル999のgoo部屋]
「悪戯な笑みを止めるのはだれか」 内容 ついに、魔進チェイサーを撃破したドライブ。 そんななか、霧子(内田理央)は、傷ついたチェイス(上遠野太洸)を見つける。 進ノ介(竹内涼真)らに黙って、チェイスをかくまい、 マッドドクターを使い、治療を始めるのだった...... [続きを読む]

» 今日の仮面ライダードライブ 第23話 [地下室で手記]
「悪戯な笑みを止めるのはだれか」 ハートはチェイスがやられた事に落ち込みます。 ブレンもハートに乗っかるように過剰に嘆き、誰かさんが変な改造をしなければこんな悲劇は起こらなかったのにと分かりやすくあてこすります。 メディックは、チェイスは約束の数にも入らぬ男、いずれ破れる運命だったのだから悲しむ事は無いとハートを慰めますが、友達を無くすという事は理屈ではなくとても悲しい事だ...... [続きを読む]

» 仮面ライダー ドライブ「悪戯な微笑を止めるのはだれか」 [blog mr]
 チェイスを治療してる霧子。  サイレンの意味が違うw  ここでも出てきた。これだけ奇怪な事件が連発してるのに、「超能力者」を否定する少年。  まぁ、特状課はまだ窓際セクションのままだけど、それならそれで、人々は「どんより」を深刻に受け止めていない、という描写はもっと必要じゃないのかな。  にしても、フォーミュラになって足で走るとはな。  車あるのにさ。  数字を回収するブレン。  こういうのがいいと思うよ。彼の描き方としては。 ... [続きを読む]

« 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第5話「宇宙忍者UFOマル!」 | トップページ | 流星ワゴン #10 最終回 »

作品一覧