2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #04 | トップページ | 花燃ゆ #07「放たれる寅」 »

2015年2月14日 (土)

問題のあるレストラン #5

公式サイト

たま子(真木よう子)たちは、客のいない『ビストロ フー』の店内でヒマを持て余していた。そこにやってきた奈々美(YOU)は、六本木ヒルズで結実(二階堂ふみ)を見かけたことをたま子たちに伝える。
『フー』とは対照的に、ライバル店『シンフォニック表参道』には客の行列ができていた。門司(東出昌大)が新たに開発したポトフがテレビで紹介されたからだった。(公式サイトより)

見返す時間がなかったので、一度見たきりの記憶とわずかなメモをもとに、簡単に感想を書きます。

今回は藍里のターンでした。
男に食事をおごってもらう回数を誇り、夫の職業イコール妻のステータスであると断じる藍里。
そんな藍里にじわじわと薄気味悪く接近してくる池辺。

好きでもなんでもない男に頭ポンポンされても、気持ち悪いだけです。
万が一好意を持っていても、ロッカーまで整理されたら、いっぺんに醒めます。他人のロッカーを勝手にいじるなんて、例え本当に恋人であったとしても、信じられない。
とうとうアパートまで押しかけてきました。藍里に隙があったとしても、許される行為じゃないです。怖い・・・

アパートに帰れず、助けてはくれないことはわかってはいても、門司に頼る、というより媚びへつらった挙げ句、こっぴどくふられてしまいました。
彷徨う藍里を拾ったのはたま子。皆の住んでいるアパートに連れて行きます。
池辺のことは言わずに、反感を買うのを楽しむがごとく、持論を滔々と喋る藍里。
今の彼女ができる、精一杯の見栄です。
ところが反感を買うどころか、みんなから、特にたま子から、憐れまれるている雰囲気に反発してしまい、「ビストロ フー」が勝つ方法は、みんなが水着を着ればいいのだ、と言い出しました。

私はいつも心に水着を着ている。
私はどんな酷いセクハラを受けても笑って流せる「女子力」の免許証をいっぱい身につけてきた。
私に女友達がいないのは、相手も一杯免許証を持ているから。

その生き方については否定も肯定もしませんし、女子力を発揮できる人がうらやましく感じたりもします。
しかし藍里は本当に女子力を持っているのかなあ。卑屈すぎます。成果もせいぜい食事をおごってもらうくらいですし。
過去の男性関係を聞いても、振り回されているだけのようです。
そういう関係が好みな人はいるし、藍里はそうなのだろう、と思っていたのですけれども、どうも違う気がしてきました。必死なのです。
なぜそんなに必死なのかは、育った環境に原因がありそうですけれども、だとしたらある意味、たま子よりしんどい生き方をしている気がしました。

触らせちゃだめ、髪も胸もお尻も全部あたなの体なのだから、と藍里に語りかけるたま子。
好きじゃない人に触らせたらだめ。そういうことを気にしないっていう人は、あなたの心を殺そうとしているのだ。

必殺、たま子の正論です。
しかし藍里はますます反発して飛び出していきました。

ポリシーを貫いた藍里に「あいつ、すげえな」と千佳が感心します。
千佳は、たま子の、距離感をすっと超えてくる誠意とともに、だからこその押しつけがましさを感じとっていました。
その上でたま子とともに暮らし、働いているのは、馬が合うからだろうし、たま子の正論が体験に基づいていること、嘘がないこと、そして、そういう人がいないと物ごとが回らないことを知っているから。

バレンタインデーの晩、池辺の呼び出しに応じた藍里。
池辺は花束を持ち、公園をイルミネーションで飾って待っていました。本当なら感動のシーンなのですが・・・はっきりと、気持ち悪い、と告げる藍里。
なんと危ない。
殴られただけで終わるのかな?

前回の二階堂さんに引き続き、高畑さんが素晴らしかったです。藍里の表情の変化に惹き込まれました。

.
その他、公式粗筋に書いてる以外のエピソードをメモっておきます。
なので、雨木のエピは書きません。杉本さんは今期は「だから荒野」でもモラハラ夫を演じており、両方見ているので、自分の中では双方の役が共鳴増幅して、スゴイことになっております(汗

「シンフォニック原宿」にやられっぱなしの「ビストロ フー」。
「シンフォニック原宿」のバレンタインディナーに子供連れの入店を断られたお客さんたちをすくい上げて、初めて黒字となりました。子連れOKかどうかは普通、確認してから行くと思うのですけれどもね。普通じゃないドラマだし、ま、いいかな(^^;;
黒字といっても120円・・・大丈夫かなあ。食材費だけでつぶれてしまいそうです。
売れなかったランチを何日も何日もただで配ってたり。今後に繋がればいいのですが。
なにはともあれ、子供たちが怪我することもなく、無事にバレンタインデーの晩餐が終わってほっとしました。
パティシエとして拍手をもらい、涙ぐむハイジ。良かったです。

就活ではなく、起業に向かって走り出した結実は融資者を探していました。何を起業するつもりなのかはわかりませんでしたが、今の結実に融資する会社があるわけもなく。
万策つきて大智の紹介する出資者に会いにいきます・・・大智を信用するなんて。
案の定、危ないことになりそう。

門司が採算を度外視して「ビストロ フー」を潰しにかかっているのは、好きな子をいじめてしまう小学生男子のような感じ?
自分のポトフをたま子に食べさせ、うまかったら店をやめて俺の嫁になれ、といきなりで高飛車なプロポーズ。
年上の女性は面倒くさい、とかなんとかたま子の気持ちを鼻であしらっていたのに、どういう心境の変化なのでしょう。

あとは、奈々美が土田の浮気現場に居合わせたというエピが、今後に繋がるかどうかが気になります。

ごく簡単な筋と感想だけなのに、書くのにすごく時間がかかってしまいました(汗
書いているうちに、感想がころころ変わってしまうのです。結果、とりとめのない文章になってしましました。
このドラマの感想は今後もこんな感じになると思います(_ _);;

次回は全員集合だそうです。
本格的な反撃に転じれるのかなぁ。あまりにも店の規模が違いすぎるのですけれども。
門司が今後も「ビストロ フー」を倒すのに意地になって採算を度外視した価格設定を続ければ、もしくはそれが原因で辞めることとなれば、なんらかの突破口になるかもしれません。
結局は閉店して終わり、という結末だけにはして欲しくないです。

.

.

#01 #02 #03 #04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #04 | トップページ | 花燃ゆ #07「放たれる寅」 »

#ドラマ:2015年第1クール」カテゴリの記事

□問題のあるレストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題のあるレストラン #5:

» 問題のあるレストラン 第5話 [レベル999のgoo部屋]
「バレンタイン決戦で奇跡が!」 内容 閑古鳥が鳴く“ビストロ・フー” 目の前に。。。。門司(東出昌大)の店は、行列ができていた。 為すすべが無いたま子(真木よう子)たちだったが、 なんとか店のことを知ってもらおうと、ランチボックスを売ろうと提案する。 そん...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン「バレンタイン決戦で奇跡が!」 [のほほん便り]
たしかに、男社会で不遇な目にあってる、個性派キャラ達が、はいあがり「見返す」物語だけあって、「ムカつく男」達のディテールがハンパないこと!閑古鳥のなく、『ビストロ フー』に、雨木(杉本哲太)と、部下の土田(吹越満)がやってくるのですが、あまりにも、嫌~~な感じで「どうか今回は、立腹のあまり、せっかくの料理を台無しにしませんように」と願ってしまったのでした (^^;)それに、今回はライバル店『シンフォニック表参道』に勤めてた、藍里(高畑充希)が、理不尽な目にあっても我慢する勘違いぶりから目覚めて成長。... [続きを読む]

» 【 問題のあるレストラン 】第5話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
どうしてしずかちゃんは、いつも駄目な男と偉そうな金持ちの男と暴力振るう男と ばかり仲良くしてるか分かりますか? どうしていつもお風呂場のぞかれてもすぐに機嫌 直すか分かりますか? どうして女友達がいないか分かりますか? 彼女も免許証いっぱい持ってるんだと 思います。 上手に強く 生きてる女っていうのは、気にせず許して受け入れて……。 問題のあるレストラン 第5話 ...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第5話★藍里(高畑充希)曰く「割り勘は女の敗北」 [世事熟視〜コソダチP]
問題のあるレストラン 第5話 フーにやって来た雨木社長(杉本哲太)は、屈辱的な仕打ちを受けて会社を辞めたたま子の友人・五月のことを侮辱するような発言をした上、たま子(真木よう子)に向かって愛人にならないかと持ち出す始末。 クズ過ぎるぞ! このドラマの男ども、みんなクズ過ぎる!! −◆− 恋愛依存症の藍里(高畑充希)が飲みに行った女友達に発した言葉。 「女の価値は人生で幾ら驕って貰ったかで決まるから。割り勘は女の敗北。負けた女は最終的にデニムの裾がよれよれの男にパチンコ台取られるか... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第5話 [ドラマハンティングP2G]
STORY05「バレンタイン決戦で奇跡が!」2015.2.12 22:00 ON AIR  たま子(真木よう子)たちは、客のいない『ビストロ フー』の店内でヒマを持て余していた。そこにやってきた奈々美(YOU)は、六本木ヒルズで結実(二階堂ふみ)を見かけたことをたま子たちに伝える。 …... [続きを読む]

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #04 | トップページ | 花燃ゆ #07「放たれる寅」 »

作品一覧