2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #03 | トップページ | 2015年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告 »

2015年2月 6日 (金)

問題のあるレストラン #4

公式サイト

たま子(真木よう子)たちの店『ビストロ フー』はしばらくの間営業を停止する。採算を度外視して食材にこだわるシェフの千佳(松岡茉優)がハイジ(安田顕)と衝突し、メニューの見直しが進まないのだ。たま子は、シェフが作りたいものを作ってもらおうと提案して皆を納得させ、試作に取り組む。(公式サイトより)

今回は結実のストーリーでした。
結実中心にざっくりと書きます。

面接で取引先にセクハラされたら、と聞かれ固まる結実。思ったことがすぐ顔に出ると指摘されます。
一社も受かることなく、「ビストロ・フー」にコソコソと戻ってきましたが、皆に「お帰り」と言われ、元のように働きだします。
千佳もこっそり手を振っていました。

原宿ファッション界の著名人伊達に、「美味しいけど、あったかくない。」とポトフを批評された門司。悔しがっています。

「ビストロ・フー」では、千佳の乱暴な指導の下、千佳の出したい料理、本格的なフレンチを出すために、特訓中のメンバー。なんだかんだと楽しそうです。しかし食材の単価が高い上に原価率50%かぁ、キツイなあ。

再オープンの前日、たま子は、店で身につけるために用意した6色のスカーフを皆に手渡す。それぞれが自分の好きな色を手にする中、いまも就職活動を続けていた結実(二階堂ふみ)も、最後に残った赤と緑から緑を選ぶ。(公式サイトより)

ところが、雨やら雪続きで、開店できない状態が続いてしまい、たま子たちは集客のためにHPを開設しますが、そのダサイこと・・・「これだったらチラシの方が効果的」と突っ込んだ結実、チラシくばりを命じられてしまいました。
仕方なしにチラシを配っていると、藍里に出くわしてしまいます。まあ、お店の近所だしね。
逃げ出す結実を追いかけてまで、結実を合コンに誘う藍里。
なぜだかちょっかいを出してくる藍里を、嫌いとかいうより、観察する結実は、ただもて遊ばれているだけなのでは、と例によってストレートな質問をしますが、鼻で笑われてしまいました。

で、結局合コンに参加する結実。
見るからにチャラい男に肩を抱かれて嬉しそうです。
トイレで、藍里と鉢合わせていた酔っ払った結実。藍里の頭を見て「ハゲ、発見!」

酔っているとは言え。悪気ない言葉に人は傷つくんだよ、結実ちゃん。
しかし、藍里は強かった。
そのハゲは、昔付き合っていた男に殴られたから。他にも男から受けた傷がいっぱいある、とさらっと言いました。
「私、人を怒らすのが得意みたい。」
癒し系は苦手。
ツンデレというか、引っ張って行ってくれる男がタイプなのようです。そういう人って自己チューな人が多いのですが・・・だから門司が好きなんだ。

さて、自分をかまってくれた男がさっさと他の女性と帰っていくのを、じわっと見詰める酔っぱらいの結実。
藍里は大智に、送っていきなさい、と声をかけて帰っていきました。
これは親切?それとも大智の行動を予測しての罠だったのでしょうか。

言われたとおり、大智は、早朝までカラオケ店で一人寝ている結実が起きるまで待っていてくれて、車で送ってくれました。
そのため仕入れの時間に遅刻してしまった大智。先輩たちからボッコボコにされてしまいます。
逃げるように立ち去る結実。

まだ半端な仕事しかできないためなのか、大智はつね日頃から先輩たちにボコボコにされているようです。

ある日、見かねて助け起こしてくれた結実を、面接会場まで送る大智。
東大卒であることよりも、高校までちゃんと学校へ行って卒業したことに、しきりに感心してます。

面接にて。以前の会社での実績を聞かれます。

「実績はありません。

起業しようと思っていました。でも、頭でっかちで、基本使えない人間なのです。

私は、私は緑なのです。

セーラームーンやセーラーマーキュリーではなく、セーラージュピター。
色には順番があるんです。
素直に赤とかピンクがとれる人が、セーラームーンと同じで、戦えるんです。
女の敵は女。
男は勝てば女に愛される。女が勝ったら男に愛されなくなる。
女は勝ち負けとか放棄して、はじめて愛されるんだ。

あれ?
じゃあ、私、一生勝てないじゃん、と思いました。
だって緑だもん、と私、思いました。
赤もピンクも緑も全部黒ければ良かったのに。黒いセーラームーンがいれば良かったのに。

結実の話を遮らず、続けて、と促す面接官。

「それで私、そういう自分を見たくなくて、色んなものを、人を、見上げたり、見下したりしてたんですけど。最近レストランのバイトを始めて・・・」

このあと、何と言ったのかは、不明。
待っていてくれた大智に、明日の最終面接に呼ばれた、と大喜びで報告します。

その後、二人とも仕事を休んで夜までデート。車の中で大智に迫られ、受け入れます。まさに受け入れるって感じでした。
目覚めると、朝。やっと最終までこぎつけた面接の時間にはもう間に合わない。
でも、さして慌てないどころか、まだ寝ている大智に抱きつく結実。おもむろに目覚める大智。
「お願いがあるんだけど。」
借金を申し込みました。絶対に返すから・・・(溜息)
それでも幸せそうな結実。藍里がそんな結実と大智を見ていました。

今まで黒一色だったファッションを赤いコートに変えて「フー」に出勤する結実。

その日は、以前「フー」のチラシを見てふらりと立ち寄り、食したポトフのあったかさが気に入った伊達の予約が入っていました。伊達は「シンフォニア原宿」の予約をキャンセルして「ビストロ・フー」に予約をいれてくれたのです。

8人の客を迎えて、またもやわんやわんやの厨房ですが、以前と違うのは、結実が「通りまーす」と言うようになったこと。
これだけで動線がスムーズになるのね。

そこへ、偵察を命じられた藍里が客として訪れます。
自分は男に期待しない女、という藍里の挑発にのってしまう結実。

「キラキラしているから嫌いなんじゃない。バカなふりをしているから嫌いなんです。
女がバカなふりをするのがベストっていうのを、自覚しているから嫌いなんです。
信じてもいないのに、得意料理は肉じゃがですっていう宗教に入っているから嫌いなんです。
信じてもいないのに、浮気なきゃいいからっていう宗教に入っているから嫌いなんです。
彼に殴られても私の方が悪いっていう宗教に入っているから嫌いなんです。」

「入りたいくせに。負けを認めればいい。
こっちは男に力づくで押さえつけられたら、何にもできないんだから。」

パーティも終盤に近づき、伊達から、大事な人たちを歓待するのに、ほんとにこの店にして良かった、と声をかけられて感激するたま子。
バースディケーキを用意し、結実が持っていきますが。

「星野、一緒に住んでいる子がいるよ。その子にすごい借金しているし。
付き合う前にしちゃったら、遊ばれてるけど。」


藍里の言葉に振り向き、ケーキを顔に投げつけちゃいました。

そして取っ組み合いの修羅場に。暖かいパーティーの雰囲気が台無しになってしまいました。

「あのお客さん、二度と来ないね。」

憮然とした伊達を見送った後。
怒り心頭の千佳が結実に掴みかかります。彼女、頑張ってましたからね。

他のメンバーも同じく。

どうしてこんなことをしたのか、と尋ねるたま子に「話したくありません。出て行きます。」と結実。

「出てちゃだめ、こんなんでおっぽり出して、出てっちゃだめ。がんばろ、もう一回、がんばろう、がんばろうよ!」

引き止めるたま子、しかし結実は去っていきました。

後日、「シンフォニア原宿」にて。
私はセーラージュピターですから、と西脇と軽口を叩く藍里。
「たいがい、それしか残ってない。」

ロッカールームで、先輩従業員の池辺に声をかけられます。藍里が「癒し系」と軽く評した、門司と一緒にいる男です。
名前もうろ覚えの男に、いきなり温泉に誘われて戸惑う藍里。

「遠慮はしなくていいから。僕たちつきあっているわけだし。」

凍りつく藍里。

伊達の「あったかくない」の意を誰よりもわかっている門司。
ついに自分のポトフを完成させたようです。
.

書き漏らしたエピをひとつメモっておきます。

卸業者に圧力をかけて取り引き停止させたと「シンフォニア原宿」にクレームをつけに行くたま子と千佳。
しらばくれる土田を押しのけ、「ああ、かけたさ、力のない奴はスタートにも立てない。」と門司。
キレるかと思った千佳、逆にやる気になったようです。
たま子は千佳の提案で、極寒の地へ直接買いつけに行きました。
かくて、パーティーのメニューは無事に出せたのです。

しかし、藍里の挑発にのってしまった結実のために、全てぶち壊しになってしまった。

結実と藍里が実は、裏と表、周りに溶け込めない同質の人間であることは、セリフの通りです。
「セーラームーン」シリーズについてはほとんど知りませんけれども、結実を通じて、セーラージュピターがどういうキャラかは、だいたい想像できました。この想像が合っているかはどうかは大きな問題ではないでしょう。
二階堂さんと高畑さんのがっぷり四つは見応えがありました。

可愛い、と言う言葉を初めて受け入れて、大智と初体験しての結実の舞い上がった気持ちはチクチクしました。
社会人としてどうか、なんて、関係なくなる時がある。
二人のデートのシーンは菅田さんの醸し出す大智のいい加減さを含めて、映画のような雰囲気でした。痛々しい、遅い青春。

そのあとの舞い上がった気持ちとプライドをペシャンコにされての暴走は、同僚たちにとっても大迷惑ですが、楽しいパーティーを台無しにされてしまった客が一番の被害者でしょう。

またも逃げ出してしまった結実。どうやって浮上するのかなぁ。
難儀な男に目をつけられた藍里。どう切り抜けるのでしょう。
そして「ビストロ・フー」に明日はあるのでしょうか?

エンドロールでも流していた途中のダンス。
終わった後、千佳が素で嬉しそうだったのに、ほっとしました(^^

.

#01 #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #03 | トップページ | 2015年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告 »

#ドラマ:2015年第1クール」カテゴリの記事

□問題のあるレストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題のあるレストラン #4:

» 【 問題のあるレストラン 】第4話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
同期の子が言いました。 男は勝てば女に愛されるけど、女は勝ったら男に愛されなくなる。 女は勝ち負けとか放棄して男に選ばれて初めて勝利するんだ。 あれ? じゃあ私一生勝てないじゃん、って思いました。 だって緑だもん、私。って思いました。 赤もピンクも緑も全部黒ければいいのに。 黒いセーラームーンがいたらよかったのにって。 問題のあるレストラン 第4話 ...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン「憎きライバル店をぶっ潰せ!」 [のほほん便り]
『ビストロ フー』は、いったん営業を停止して、メニュー作りを試行錯誤しつつ再検討。採算を度外視して、作りたいものを… と望む、天才シェフ・千佳(松岡茉優)と、現実を見るハイジ(安田顕)の意見が衝突しますが、たま子(真木よう子)は、まずは、シェフの気持ちを優先させ、試作に励みます。今回、スポットが当たったのは、いまも就職活動を続けている結実(二階堂ふみ)結実は、鏡子(臼田あさ美)たちが宣伝活動の一環とした作ったウェブサイトを古臭いと高笑いし、むしろ、宣伝活動するならビラ配りした方が… と言ったことから... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
たま子(真木よう子)たちのビストロ・フーはしばらくの間、営業を停止します。 採算を度外視して食材にこだわるシェフ・千佳(松岡茉優)とパティシエ・ハイジ(安田顕)が衝突して、メニューの見直しがなかなか決まらなかったから・・・ 何とか試作に取り組んで再オープンにこぎつけますが、オープンの日から悪天候に見舞われてしまいます。 誰か雨女なのじゃないかと言われて、鏡子(臼田あさ美)は...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第4話 [レベル999のgoo部屋]
「憎きライバル店をぶっ潰せ!」 内容 営業を停止した“ビストロ・フー” 本格的なものを求め採算を度外視する千佳(松岡茉優)と ハイジ(安田顕)は対立。いまだにメニューが決まらずにいた。 たま子(真木よう子)は、千佳に任せようと言うが。。。 やがてメニュー...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第4話 [ドラマハンティングP2G]
STORY04「憎きライバル店をぶっ潰せ!」2015.2.5 22:00 ON AIR  たま子(真木よう子)たちの店『ビストロ フー』はしばらくの間営業を停止する。採算を度外視して食材にこだわるシェフの千佳(松岡茉優)がハイジ(安田顕)と衝突し、メニューの見直しが進まないのだ。…... [続きを読む]

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #03 | トップページ | 2015年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告 »

作品一覧