2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 問題のあるレストラン #4 | トップページ | 花燃ゆ #06「女囚の秘密」 »

2015年2月 7日 (土)

2015年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告

今クール、レギュラーで感想を書いているのは、日曜9時「流星ワゴン」、月曜9時「デート?恋とはどんなものかしら?」、木曜10時「問題のあるレストラン」の3本です。

クール外では「仮面ライダードライブ」「烈車戦隊トッキュウジャー」「花燃ゆ」の3本です。
.

※上記の各感想には左のカテゴリーからアクセスできます。

視聴予想に挙げていた「銭の戦争」は初回録画に失敗したので、潔く未見としました。
初回感想を書いてリタイアした作品はまだありません。
しかし今期は人間関係を描いての重い作品が多くって、ちょっと疲れたかも。

ですので、突っ込み気味の感想が多いです。
ご注意くださいませ。

以下、毎回視聴しているけれども、感想を書いていないドラマについて簡単に。

「まっしろ」
初回感想にも書きましたが、自由診療制度の病院、という設定が生かされないような気がします。
おもてなしは良いけれど、肝心の医療があんな手薄な病院に、高額医療を払ってまで入院したいと思うセレブがいるのかな?あの病院に入院するだけで仮病を疑われそうです。
キャラ設定とストーリーも生温いです。生温いのは、この枠の個性ですな。
こんなに突っ込んでおきながらリタイアしていないのは、ながら見するには丁度いいからでしょうか。5分くらい画面から目を離しても支障がないっていうか・・・ごめんなさいm(_ _)m

.

「全力離婚相談」
少しテンポがまったりしていていて、主人公の過去話ががっつり絡んでいる分、湿っぽいけれども、きちんと作られたドラマ。
重さに偏っていないのも良いです。

.

「残念な夫。」
自分自身が子供な夫が成長したかと思うと、やっぱりアカンやん、と言うオチで終わるパターンには、ほんと「残念な夫」だなあ、とそれなりに楽しめるようになりましたが、リアル子育て中のお母さんはそれどころじゃないかも。
テーマが今や笑えないほど切実化してしまっているためでしょうか、いつも微妙に重い雰囲気が漂っていて、コメディーとしては今ひとつな感じ(汗)
それでも他のドラマに比べれば軽いので、何となく口直し的に見ています。

.

「○○妻」
だんまりを貫く契約妻と頑な妻に苛つく夫の攻防が、ほとんど進展なく延々と続くことに、遊川ワールドの結晶化を感じます。それが好きかどうかは別として。
正純の、キャスター(すなわちマスコミ)として発せられた言葉の心なさ、DVをふるったことに秘密を抱えている父、大人しげに見えて何かを恐れている母、身勝手な姉たち、自殺願望を持っているらしい甥、そして奔放な妻の母。視聴者の共感を拒否するキャラばかりなのも遊川さんらしい。
ひかりの頑さが謎だったのですが、4話のラストの告白に、概視感を持ってしまったので、ちょっとがっかりしました。さあ、ここからどう展開していくのでしょうか。

.

「ウロボロス ~この愛こそ、正義。」
原作未読、今週(2/6分)はこれから見ます。
復讐譚なので、回想シーンが重要ではあるのでしょうけれども、少し多すぎる気がします。ドラマの流れが止まってしまう気がするのです。もっとクールに構築して欲しい・・・あくまで好みです。
回想シーンよりも、魅力的なサブキャラ、そして二人を、もっともっとたくさん見せて欲しいです~(^^;;

.
「学校のカイダン」
今週は未見です。
ピカレスク的にカイダンを登っていく話かと思っていたのですが、我慢と涙の大洪水で、陰湿なイジメと迎合する生徒たち、そしてマンガ的テイストで描かれた、まったく可愛げのない悪い奴らには、ちょっとお腹いっぱいです。まあ、後半に状況は変わるのでしょう、それを見たくて視聴を続けてはいるのですけれども。
ストーリーに破綻はないのですけれども、もう少し人間味を入れて欲しかったなあ。生徒たちのキャスティングがもったいないです。
今のところですが、人間不信に陥ってしまうドラマ。「ごめんね青春」が懐かしい・・・

以下は視聴予定には入れていなかったけれども見続けているドラマです。

.
「だから荒野」
原作未読です。
このドラマも、世間知らずな、よく言えば世間ずれしていない妻、朋美と、身勝手でモラハラな夫、そして問題を抱えた子供たちのお話です。
初回の朋美があまりにもみじめだったので、思わず続きを見てしまうことに。
「問題のある〜」の男たちも酷いけれども、このドラマの夫も腹立たしく、朋美は早く自立に成功して欲しい、という思いで見ていたのですが、山岡の存在が大きくなるにつれ、他のドラマにはない広がりを感じはじめました。

長崎ロケが美しいです。

.
「女くどき飯」
原作未読です。
あれやこれやのグルメドラマを思い起こさせるドラマですが、毎回毎回、口説き言葉に思わず妄想してしまう貫地谷さんを気楽に楽しんでいます。30分ですし。 

.

番外編として「マッサン」。
マッサンの甘い展望を支えてくれていた鴨居の大将がレギュラーから身を引いてから、視聴意欲が減退してしまいました。
今週、英一郎が亡くなったことを、マッサンがウィスキー造りに再チャレンジするきっかけエピだったとは言え、ちゃんと描いてくれて、よかったです。
ハナの婚礼シーン、小池さんと風間さんの演技には惹き込まれました。さすが、とうか、朝ドラとは異質の圧を感じました。
よしえの母の物腰がなんだか印象に残るなあ、と思ったら、酒井若菜さんだったのね。公式すら見ていなかったので、気がつきませんでした(汗
私より先に死なないで、というエマの言葉が悲しい・・・

.

.

2015年冬のドラマ:視聴予定

 

2015年冬クールドラマ 初回の感想その1「全力離婚相談」「学校のカイダン」「まっしろ」
2015年冬クールドラマ 初回の感想その2「○○妻」「残念な夫。」「ウロボロス ~この愛こそ、正義。」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 問題のあるレストラン #4 | トップページ | 花燃ゆ #06「女囚の秘密」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2015年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告:

« 問題のあるレストラン #4 | トップページ | 花燃ゆ #06「女囚の秘密」 »

作品一覧