2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #02 | トップページ | 2014年9月の読書 その1 »

2015年1月31日 (土)

問題のあるレストラン #3

公式サイト

たま子(真木よう子)たちは、ビストロ『フー』オープンに向けて準備を続けていた。ところがその矢先、シェフを務める千佳(松岡茉優)が、荷物をまとめてたま子たちのもとから出ていこうとする。(公式サイトより)

一度見ただけの記憶を頼りに、ざくっと書きます。

嫌なことは押し付けないけれども。おしいものを作れる人を無条件で尊敬する、千佳の料理の腕は宝物。そのお礼に、と「フー」のコックコートを手渡すたま子。
しかし、千佳はコックコートを置いて出て行きました。
向かったのは、行きつけのネカフェ。常連とは挨拶を交わせるのね。

父、雨本曰く、千佳はいじめられっ子で不登校の引きこもりで、中学校もまともに卒業していない。

早速ネトゲにかじりつく千佳。
しかし、ゲームそのものに熱中しているわけではなく、「カナブン」という常連ゲーマーを探すのが目的でした。
何日を費やしたのでしょうか、ついにカナブンに会えた千佳は「ママ」と呼びかけます。「千佳」応えるカナブン。

ママに会えた千佳は嬉しそうにネカフェを出て行きました。「また一緒に住めるかもしれない。」
見送るネカフェ住人が優しかったのに、ほっとしました。

髪の毛を黒に染めなおして千佳が入っていったのは「シンフォニック表参道」。
そこで母と再会しました。
いつもとは全く違う表情の千佳。本当に母との再会を喜んでいます。母もまた喜んでいる様子。
だからこそ、千佳の思いが裏切られなければ良いのだけれども、と心配になりました。

そこへ父、雨本が遅れて席につきます。
三人一緒に外食なんて、千佳の記憶に残らぬほど昔に一度あったきりなのに、スマホを離さず、ロンドンの株を話題にする雨本。
父が来るやいなや、黙りこくって心配そうに母をみつめる千佳でしたが、雨本がまた母娘一緒に住めばいい、と言うと、表情を輝かせます。
雨本は決して千佳を思いやって同居を勧めたのではない、引きこもりの娘の面倒を見るのが面倒くさい、かつ何か問題が起きた時に自分が責任を負うことを回避したいから。

しかし、母の答えは否、でした。
なぜなら、引きこもっていたのは自分だから。

ここで、千佳がネトゲ依存ではないこと、ネトゲが、父に引き取られたあと、母が無事なことを確認するための唯一の手段だったことが明らかにされます。

離婚して以来、千佳が小学生から中学生の間、部屋から一歩も出ず、ずっと夫を呪っていた。
その間、買い物も、食事も、すべて千佳がやっていた。何も食べようとしない母のために、毎日、毎食。
学校にいかなっかたのは、母から目を離せなかったためでした。
しんどかっただろうなあ。でも、その時はしんどいなんて思わない。自分が必要とされる喜びの方が大きいから。

母の「否」は。千佳がいればまた頼ってしまうことを避けたいがためだろう、と思ったら、同居できない理由がもうひとつありました。

それは、再婚しるから。そして新しい命が宿っていること。
そのことを聞いた千佳は・・・「おめでとう」
目を潤ませて祝福しました。

母は千佳のために否と言っただけではなく、新しい家族と千佳の間に立つことを避けたい思いもあったはず。

母を同居を拒まれた千佳。しかし、精神的に弱い母にその怒りや寂しさをぶつけることはできない、精一杯の笑顔。千佳は母の"親”であることを降りませんでした。ほっとした気持ちもあったのかもしれない。

母の思いがどうであれ、再婚によって千佳は解き放たれた。本当にそう思えるようになるには、まだ時間がかかるでしょう。

さて、競りで偶然門司に出会ったたま子。
同じレシピを使うことにクレームをつけられます。
元々はたま子の同窓生、五月が作ったものを、たま子が値打ちを見出したものですので、そんなに高飛車に言われる筋合いはないと思うのですけれども、レシピってそれだけ大事だということ。
たま子は「絶対、勝ちます」とだけ返答しました。五月さんはどうしているのかなあ・・・

自分独自のレシピを作ろうと試行錯誤しはじめた門司。
職人気質だったのね。もっと醒めた男だと思っていました。
両親と会食中の千佳が「フー」のシェフと聞いて、オリジナルのポトフを出します。

一口食べた千佳の顔色が変わりました。今度は何を感じたのでしょう。

サイレントスタートした「フー」。
こっそり開店って。有名シェフがいるわけでもなく、固定客を持っている経験者がいるわけでもないのに、無謀すぎる、それじゃお客さんは来ないよ・・・と思っていたら、いきなりの17人の団体客。
ハイジ以外は初心者ばかりの厨房は大混乱です。
前菜はなんとかなりましたが、メイン料理が全滅。見かねた奈々美が手伝ってくれますが、焼け石に水です。
特にメンバーに加わりながらもこっそり就活している結実は、失敗ばかりで、仕事を放棄して座り込んでしまいした。
料理の遅さにクレームをつけだす客、固まってしまったたま子たち・・・

そこへ千佳が戻ってきて毒づきますが、たま子の説得でシェフとして厨房に立ちます。結実は逃げ出してしまいました。
フレンチのコース料理を次々と仕上げていく千佳。すごすぎる・・・

何とか無事に終わり、疲労困憊、茫然自失するスタッフたち。
一人、母のために、おいしい料理を作るために、いつもいつも食材に話しかけていた日々を思い出しながら、黙々と後片付けをする千佳。

.

西脇の、腕を握るセクハラにはぞっとしました。最低だわ(怒

冒頭のTVを見て突っ込みまくる結実とちゃっかりな奈々美や、結実をナンパする大智、女子力をしきりにアピールする藍見、そして開店までの「一週間」など、軽やかなシーンもあったのですが、メインの千佳の話が、坂元さんらしいと言うか、重かったです。
鏡子や千佳が背負っているものの重さに比べると、レストランの開店までの経緯がファジーすぎるように感じるのですが、ここでコメディー色を出しているのでしょう。

あ、コメディー・・・そう、すっかり忘れていましたが、「思いっきりスカッと笑えて、思わずホロッと泣ける女性応援コメディー」っていうのがこのドラマのコピーでした。
どんどん外れて行ってる気がする、今のところですが(汗
いや、面白くない、と言っているわけではなく、それどころかがっつり見ています。
ともかく、作家の個性全開なドラマであることは確かでしょう。好き嫌いは人それぞれということで。

次回のメインは、東大卒のプライドを振りかざしてなんだかんだ突っ込むも、実は素直で不器用な結実なのでしょうか。
一番好きなキャラなので、早く戻ってきて欲しいです。

.

#01 #02

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #02 | トップページ | 2014年9月の読書 その1 »

#ドラマ:2015年第1クール」カテゴリの記事

□問題のあるレストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題のあるレストラン #3:

» 問題のあるレストラン「開店!問題のあるレストラン」 [のほほん便り]
珍しく予想が当たったぁ!これまで、メンバーで、最もお荷物ちゃんに思われた、ひきこもり・千佳(松岡茉優)が変身して、能力発揮!いったんは、荷物をまとめて出て行くのですが、両親との会食。じつは、ひきこもり、だったのは母親の側で、横暴な夫と離婚に心折れて、外出しなくなり、部屋で黙々とネットゲームの世界に逃避。そんな母親を案じて、ずっと料理を作り続け、彼女が自殺しないよう、見守るあまり、学校にも行けなかったのでした。でも、そんな母親にも良い人が現れ、妊娠して再婚する様子。初めて、彼女は開放され、ビストロ『フ... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第3話★千佳は引きこもってなんかいません [世事熟視〜コソダチP]
問題のあるレストラン 第3話 雨木社長(杉本哲太)と奏子(堀内敬子)と千佳(松岡茉優)が会食。 この3人が、なんでそろって食事するのか解釈できなかった・・・。 で、千佳が引きこもりであることに言及した雨木に母・奏子がカミングアウト。 「千佳は引きこもってなんかいません。引きこもりになったのは私です。」 さらに「この子と二人暮らしになってから部屋に閉じこもってゲームし始めたのは私の方です。私この子が小学校のときから中学3年になるまで家から一歩も外に出てません。買い物も行ってな... [続きを読む]

» 【 問題のあるレストラン 】第3話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
ご飯を作ることは野菜やお肉やお魚と おしゃべりをすることです。 野菜もお肉もお魚もみんな生きています。 挨拶を しましょう。 今日1日あったことをお話ししましょう。 ご機嫌 いかが? ご機嫌 いかが? 熱くないですか? 熱くないですか? 冷たくないですか? 大事に大事に話し掛けましょう。 問題のあるレストラン 第3話      ...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第3話 [ドラマハンティングP2G]
STORY03「開店!問題のあるレストラン」2015.1.29 22:00 ON AIR  たま子(真木よう子)たちは、ビストロ『フー』オープンに向けて準備を続けていた。ところがその矢先、シェフを務める千佳(松岡茉優)が、荷物をまとめてたま子たちのもとから出ていこうとする。理由を問…... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第3話 [レベル999のgoo部屋]
「開店!問題のあるレストラン」 内容 たま子(真木よう子)たちがオープンへ向けた準備を進める中、 千佳(松岡茉優)が、出ていこうとする。 それを知ったたま子は、もう一晩考えてからにしてと、強く引き留めず。 コックコートを手渡すのだった。 翌朝。。。千佳は...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
たま子(真木よう子)たちが、ビストロのオープン準備に精を出す中、シェフを務める千佳(松岡茉優)が家を出て行こうとします。 たま子はハイジ(安田顕)と一緒に千佳を捜そうとしますが・・・ たま子曰く、千佳と最初に会った時、彼女は父親の雨木(杉本哲太)を殺そうとしていたとかw 千佳は、雨木のビストロに入り込みますが、幼い女の子に気を取られて、意欲が削げた? 戻って来たけどま...... [続きを読む]

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #02 | トップページ | 2014年9月の読書 その1 »

作品一覧