2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #01 | トップページ | 2014年8月の読書 その2 »

2015年1月23日 (金)

問題のあるレストラン #2

公式サイト

たま子(真木よう子)は、ビストロをオープンさせるべく、表参道にある『獅子丸ビル』屋上の格安ペントハウスを借りた。たま子は、パティシエのハイジ(安田顕)、シェフの千佳(松岡茉優)と店の階下で共同生活を送りながら、経費節減のため、可能な限り自分たちの力で準備を進めようとしていた。だが、千佳だけは何も手伝わずに、ひたすら漫画を読んでいた。(公式サイトより)

ざっくりと書きます。

結局、ポトフは美味しかったけれども、ハイジと千佳以外は、たま子の呼びかけには応えなかったんだ。
残った千佳も全く非協力的。でも廃材運搬の車を手配するってことは、全くやる気がないわけではなさそうです。

そんなところへ、"東大卒"が邪魔するのか、高ビーな性格が禍するのか、どこにも再就職できない結実が転がり込んできて、問われもしないのに、店の経営的展望を語りだします。
このままでは潰れる。
言い方はきついけれども、言っていることはしごくまともです。
だいたいが居抜きならともかく、調理設備もないし、配管までやるんだもんねぇ。

結実が噛み付いているところへ、ようやくやる気を出した(らしい)、千佳の料理が出てきました。それは・・・素材、色彩すべてが常識を超越した「芸術的」料理。たま子が言った調理名、忘れました(汗
なんでも、千佳の今の気持ちを表現したらしい。

そんな"シェフ"の料理を見て、3日で潰れる、と断言する結実。
経理の虫がうずいたのか、勝手にゼネラルプロデューサーを名乗りますが、金を持っているか、もしくは動かす力がなければプロデューサーにはなれません。雑用助手として店のお手伝いをさせられることに。
なんだかんだとエラそうな口を利くも、言われたことには、はいっと素直に従って仕事をするのが可愛かったです。

そこへ息子、洋武を離婚調停中の夫に連れ去られてしまった鏡子が現れます。
「ごめんなさい」が口癖、主婦しかしたことがないから世間知らずだから、とか、主婦なのに家事が全くダメだとか、自己否定しかしない鏡子。
バリバリ働いているたま子に劣等感を持っていて、たま子が自分にかける言葉すべてが、上から目線で言っているようにしかとれない。そのため、いったんはたま子の誘いを断ったのです。
鏡子の歪みに気がついたたま子は、鏡子をそんな風に歪めてしまった元凶である夫に、鏡子とともに会います。

息子を返して欲しい、と言う鏡子に「根拠をしめせ」と夫。

鏡子は、恐らく認知症だったであろう姑の介護をしながら、家事をこなし、子供を育てていた。
辛抱ばかりだった母の人生、母の父に対する「無償の愛」に涙するくせに、お金を稼いでいるのだから、と家の中のことを一切省みないどころか、鏡子を日々罵倒していた夫。典型的なモラハラ人間です。
一人で三役をこなし、疲れ果ててしまった鏡子が居眠りしたのを詰り、鏡子が親権を持つには頼りないとする根拠として、家裁にも提出していました。

怒りを抑えて、トイレはきれいでしたか?と尋ねるたま子。
思い出せない夫。
思い出せないってことは、きれいなことが当たり前だったから。鏡子はちゃんと家事をやっていた。
さらに、ヘルパーを頼んだら、月にいくらかかるか。金、金いう人間には、お金のことで対決するたま子。
この理屈は少し効いたようです。

〆は当事者である鏡子。

理想化した母親像。そして「無償の愛」。
良い話だと思う。だけど美談は、押し付けられたとたんに呪いの言葉でしかなくなる。

初めて本音をぶつけました。
そして「根拠」もきちんと伝えました。
「洋武には、あなたのような男の人にはなってほしくないから」。

鏡子の言葉はわずかでも夫に届いたでしょうか。もし届いたとしても、意地になって息子を渡すことを拒絶しそうです。
しかし、自分の思っていることを言葉にして、相手にぶつけたことは、鏡子にとっては大きな一歩でした。
息子を取り戻すことはできるのでしょうか。

鏡子の料理が実は美味しい、というのは予想通りでしたが・・・旦那、どんな味覚しているんだ。母親の料理が基準だとしたら・・・といじわるな推測をしてしまいました(汗
一方で、鏡子の料理を一口食べて顔色を変えた千佳・・・

次第に形になってきたお店。
ストーブをいくつか置き、ハンモックを吊り下げて。なんだかキャンプ場みたいです。
冬は寒く、夏は虫がよって来たりするでしょうけれども、アウトドア層には受けるかも?
あとは料理次第ですな。

あ、もらいものの冷蔵庫が入らない厨房の件を、どう解決したのか、気になりました。
鏡子のお金は使っていないと思うし。

さて、店の旗印を屋上に掲げる一同。
店の名は「bistro fou」。「ビストロ火」という意味だそうですが。
旗を見上げて「アホか」と笑う門司。
例によって小バカにしたのかと思ったのですが、フランス語のできる奈々美がやってきて、間違いを指摘します。
「火」は「feu」。「fou」って「アホ」っていう意味なんだそうで。
門司はそのまま言っただけなのね。

たま子とのことを、年上の女とはめんどくさいから、と軽く流した門司。
相手の気持ちを全く考えないのは、たま子の元上司たちや鏡子の夫と同じですが、上司たちは自分より弱いか、強いかを見定めている。
門司はそれすらありません。相手がどんなに強かろうが関係ない、とにかく他人に好かれよう、という意識の欠落した人間のようです。なので一見、物に動じない清々しさを感じるかもしれないけれども、仕事、恋愛を含め、パートナーとしては最低。
どうやら女性とのつき合い方をアドバイスする姉がいるようです。いい年なのに。実はシスコン?

門司の心なさを間近で見ているのに、なおもベッタリとくっつこうする藍里。
そして、セクハラ上司の尻馬に乗る、全くチャラい大智。
のどに骨がささったような感触を残すキャラが次々と登場するも、結実の険のある口調を全く意に介さないたま子とハイジや、次第に店が出来上がっていき、仲間が増えていく様子は、ポジティブで面白かったです。

迷ったらめんどくさい方を選ぶのが信条のたま子。いつかぼっきり折れそうな気がすするのですが、そういう王道のエピを入れてくるのかどうか。入れてくるとしたら、かなりキツい内容になりそうな気がします。
若手女優さんたちの競演が楽しみです。

.

#01

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #01 | トップページ | 2014年8月の読書 その2 »

#ドラマ:2015年第1クール」カテゴリの記事

□問題のあるレストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題のあるレストラン #2:

» 【 問題のあるレストラン 】第2話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
お母さんの話、すごく いい話だと思う。 でも「いい話」って時々人を殺すんだよ。 お母さんがどう思ってたのか私なんかには分からないけど。 あなたが思うとおり美談だったのかもしれないけど。 でも。 でもさ、それ誰かに押し付けた途端、美談じゃなくなるんだよ。 夫を支えるために一生を捧げた妻の話なんて、私には呪いの言葉でしかなかった! 問題のあるレストラン 第2話 ...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン「夢への一歩!開店は前途多難 」 [のほほん便り]
思えば「王様のレストラン」は、伝説のギャルソンによって、ダメ・レストランが、繁盛レストランに成長していく、よく出来たコメディでしたが、たま子(真木よう子)と、おかまパティシエ、ハイジ(安田顕)の奮闘ぶりは分かるし、鏡子(臼田あさ美)が、仲間達の後押しで成長。一応、最低限の形には、なったものの、ここまで、ゼロというか、マイナスの廃墟状態から改装して、ポンコツさん奮を、その気にさせ… ってのが、はたして最後までに出来るのでしょうか?それとも、誰かが、突然、あっと驚く、意外な才能を発揮するのかな?ちょっと... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
ビストロをオープンさせるため、東京・表参道にあるビルの屋上の格安ペントハウスを借りた、たま子(真木よう子)は、パティシエのハイジ(安田顕)とシェフの千佳(松岡茉優)と一緒にお店の下の部屋で共同生活を始めます。 経費削減のため、たま子は出来る限り自分たちの力で準備を進めようとします。 たま子とハイジは、一生懸命準備に取り掛かりますが、千佳はゴルゴ13をずっと読んでいて手伝ってはくれ...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第2話★鏡子(臼田あさ美)が夫・森村(丸山智己)と話し合い [世事熟視〜コソダチP]
問題のあるレストラン 第2話 鏡子(臼田あさ美)がたま子(真木よう子)を伴って夫・森村(丸山智己)と話し合いしたシーンが興味深かったです。 陰険な感じの夫・森村がたま子に「あなた知らないでしょ?これひどかったからね。炊事、掃除、洗濯ろくなもんじゃなかったんだから。掃除したら大事な書類なくすし。晩酌のつまみ作らせたら30分かかる。ご飯できましたって言うから座ったらそこから10分かかる。 洋武が赤ん坊のときだってそうですよ。こっちは仕事で疲れてるのに夜中に泣かせるし。」 自分の息子の夜泣... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン (第2話・1/22) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系『問題のあるレストラン』(公式) 第2話『夢への一歩!開店は前途多難』の感想。 たま子(真木よう子)は裏原宿のビルの屋上にビストロを開く準備を進めるが、彼女の呼び掛けに残った友人は、パティシエのハイジ(安田顕)とシェフの千佳(松岡茉優)のみ。鏡子(臼田あさ美)は離婚調停中の夫・森村(丸山智己)から駄目人間だと言われ続けて自信を失い、奈々美(YOU)は楽に金が稼...... [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第2話 [ドラマハンティングP2G]
STORY02「夢への一歩!開店は前途多難 」2015.1.22 22:00 ON AIR  たま子(真木よう子)は、ビストロをオープンさせるべく、表参道にある『獅子丸ビル』屋上の格安ペントハウスを借りた。たま子は、パティシエのハイジ(安田顕)、シェフの千佳(松岡茉優)と店の階下で…... [続きを読む]

» 【問題のあるレストラン】第2話プチ感想と視聴率 [ショコラの日記帳・別館]
「夢への一歩! 開店は前途多難」 第2話の視聴率は、初回の11.3%より下がって [続きを読む]

» 問題のあるレストラン 第2話 [レベル999のgoo部屋]
「夢への一歩!開店は前途多難」 内容 集まった仲間達に、たま子(真木よう子)は、ビストロをオープンすると宣言。 たま子は、早速、オープンへ向けての準備を始める。 ビルの屋上に借りたペントハウスの下の階で、 ハイジ(安田顕)千佳(松岡茉優)と共同生活。 出...... [続きを読む]

« デート〜恋とはどんなものかしら〜 #01 | トップページ | 2014年8月の読書 その2 »

作品一覧