2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年8月の読書 その2 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第45話「君が去ったホーム」 »

2015年1月26日 (月)

花燃ゆ #04「生きてつかあさい」

公式サイト

密航に失敗し、江戸でとらわれの身になった寅次郎(伊勢谷友介)。その処分をめぐり、伊之助(大沢たかお)は、寅次郎を救おうと奔走する。文(井上真央)は、父の百合之助(長塚京三)が、切腹する覚悟であることを知る。家族の危機に心を痛める文だったが、一方で、姉の寿(優香)の出産も目前に迫っていた。そして、寅次郎は萩に戻され、野山獄に投じられることに。そこは、生きて出てくる者はいないと恐れられるろう獄だった…(YAH0O!テレビより)

上記粗筋以外のことをいくつかメモっておきます。

密航の様子と、入獄しても、憑かれたように持論を説く寅太郎が描かれていました。

一方、杉家は寅次郎の起こした事件に振り回されています。
周囲からも白い目で見られていたことは、小田村家から使用人がいなくなったことであらわしていました。
お産間近の寿は、それでも実家に頼ろうとせず、一人で頑張っています。これから寿の株を上げていく?

ペリーの自明嘆願を受け、老中、阿部正弘の判断で死罪にはならず、藩預かりとなった寅次郎たち。
ひとまず寅次郎の命が助かったことを喜ぶ家族でしたが、寿から、父が切腹を命じられるかもしれない、と聞いている文は、心配でたまりません。
しかし父、百合之助は、けじめとして腹を切る覚悟を決めておりました。

寅次郎と重輔が唐丸籠で帰藩し、彼らの処遇を巡って、藩の上層部の意見は対立します。
特に椋梨は、幕府が、寅次郎をどう扱うかで藩を試している、ここは叛意なきことを表すためにも極刑を、と主張。
結局、寅次郎の才能を高く買う藩主、敬親の判断で、獄には入れられるものの、一命は助かった寅次郎。←はっきり描いていませんでしたが、恐らくそうであることを匂わす作りでした。
この大河、こういう編集が多いです。決定的なシーンをわざをカットすることで、スタイリッシュなテンポを出そうとしているのかな?

百合之助の切腹願いも却下され、寅次郎の見張り役を賜ることに。
国禁を犯した者やその一族に対して、すごく寛大な処置です。

もう寅次郎に関わるのは止めて欲しい、と小田村に頼む寿。
しかし小田村は、寅次郎に感謝していると応えました。
寅次郎が自分たち家族のことを思って密航の計画を相談しなかったこと、そしてこの子に会わせてくれたことを。

以上、でした。
えっと、朝ドラ風ヒロインにツッコむのも疲れた今、何の感想も浮かばない(大汗
寅次郎たちの必死の密航や百合之助の覚悟には、もう少し心動かされてもいいはずなのですが・・・密航を回想で描いたためもあるのでしょう、こじんまりまとめてきたって感じです。
うーん、寅次郎の熱が伝わってこないのです。
革命家を家族の視点から描くとこうなるんだろうぁ。

そうそう、牢獄にかかる謎の白い手で終わった今回、予告がありませんでした。
白い手が誰なのかは、大よその予想がつくのですが。
それで引っ張られてもねぇ。

安政の大獄まで、こういう調子でいくのでしょうか。ふむむう。

.

.

01 02 03

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年8月の読書 その2 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第45話「君が去ったホーム」 »

△大河:花燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

Largoさん、こんにちは~!

このコメントは公開にせずに削除してくださって結構ですよん!
寅兄の名前が途中から「寅太郎」になっとりまする~^^;
ってことでお知らせをば。

予告、ありませんでしたね。
公式の方にはBS放映終了後にすぐに予告がUPされたとかで…。
もしかしたら、あの人質事件自粛に関わる内容があったのかなぁと推測してます~。

くうさん こんにちわ!

うわ~、ご指摘どうもありがとうございますm(_ _)m
訂正できました!
でも、なして寅太郎に・・・ボケでますわ、とほほ。

予告、そうだったんですか。狙ってなくしたんじゃないのですね。
急遽の差し替えが間に合わなかったんだ。
>あの人質事件自粛に関わる内容
なるほど・・・納得いたしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ #04「生きてつかあさい」:

» 『花燃ゆ』第4回「生きてつかあさい」★迷惑男 [世事熟視〜コソダチP]
『花燃ゆ』第4回「生きてつかあさい」 密航に失敗し、江戸でとらわれの身になった寅次郎(伊勢谷友介)。その処分をめぐり、伊之助(大沢たかお)は、寅次郎を救おうと奔走する。文(井上真央)は、父の百合之助(長塚京三)が、切腹する覚悟であることを知る。家族の危機に心を痛める文だったが、一方で、姉の寿(優香)の出産も目前に迫っていた。そして、寅次郎は萩に戻され、野山獄に投じられることに。そこは、生きて出てくる者はいないと恐れられるろう獄だった…文を中心に家族目線で描かれているせいもあって、寅次郎(伊勢谷... [続きを読む]

» 【 花燃ゆ 】第4回 「生きてつかあさい」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
密航に失敗し、江戸でとらわれの身になった寅次郎(伊勢谷友介)。 その処分をめぐり、伊之助(大沢たかお)は、寅次郎を救おうと奔走する。 文(井上真央)は、父の百合之助(長塚京三)が、切腹する覚悟であることを知る。 家族の危機に心を痛める文だったが、一方で、姉の寿(優香)の出産も目前に迫っていた。 そして、寅次郎は萩に戻され、野山獄に投じられることに。 そこは、生きて出てくる者はい...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第四回 [レベル999のgoo部屋]
『生きてつかあさい』 「生きてつかあさい〜密航失敗そして父の心と赤ん坊」 内容 姉・寿(優香)に子供が出来たと知り、大喜びの文(井上真央) そこへ、父・百合之助(長塚京三)が慌ててやってくる。 寅次郎(伊勢谷友介)が、密航を企て、捕らわれてしまったと。 ...... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」 第4回、生きてつかあさい [センゴク雑記]
大河ドラマ「花燃ゆ」。第4回、生きてつかあさい。 吉田寅次郎、黒船に乗り込むがアメリカ行きは失敗。 その後、長州へ送還。 家族は皆、自分のできることをする。 [続きを読む]

» 花燃ゆ - 2015年大河ドラマ 井上真央 [新ドラマQ]
花燃ゆ 平成27年大河ドラマ NHK総合 2015年1月4日~ [キャスト] 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大 優香 瀬戸康史 劇団ひとり 佐藤隆太 要潤 かたせ梨乃 内藤剛志 奥田瑛二 長塚京三 松坂慶子 北大路欣也 ほか ナレーター:池田秀一 [スタッフ] 作:...... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」感想 第四回「生きてつかあさい」 [きまぐれひまつぶし雑記帳]
えっと…あれです。 今週感想書くのが遅れたのは、やる気が起きなかったからです。 というのも、先週のようにわかりやすいつっこみどころ満載回でもなく、かといっておもしろくて早く感想書きたいという感じでもなかったからです。 要するに、ただのつなぎ回みたいな印象を受けました。 なので、ちょっと感想を書くのがめんどくさいというか…。 もうただの備忘録です。 今回は無謀にも、英語できない...... [続きを読む]

» 花燃ゆ「生きてつかあさい」 [blog mr]
 文の真摯な感じがいい。ラストの決意とかもな。  にしても、寅次郎に思い入れられないのが辛い。  今イチ納得性がない。それこそ、親兄弟の命を危険にさらしてまでやらなければならないと思い詰めてる感じが伝わってこない。伊之助を守るために黙っていた、って言われても、本当かよ、って思っちゃうんだよな。 「みんな、吉田松陰って知ってるよね」って姿勢で作ってないだろうか。  父親の切腹の件。  いや、別に、「切れ」って言うつもりはないが、「差し戻しかよ!」って突っ込んでしまった。主役があれだけ熱演してたのに... [続きを読む]

« 2014年8月の読書 その2 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第45話「君が去ったホーム」 »

作品一覧