2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 流星ワゴン #01 | トップページ | 問題のあるレストラン #2 »

2015年1月22日 (木)

デート〜恋とはどんなものかしら〜 #01

公式サイト

脚本:古沢良太/演出:武内英樹、石川淳一/企画:成河広明/プロデュース:山崎淳子/音楽:住友紀人
出演:杏、長谷川博巳、国仲涼子、中島裕翔、松尾諭、和久井映見、風吹ジュン、松重豊

『デート~恋とはどんなものかしら~』では、それぞれの理由から結婚を契約にすぎないと考える、“恋愛力ゼロ”の依子と巧が、お互いに一切の恋愛感情を持たないまま、結婚という明確なゴールを目指しデートを重ねていく様子を、テンポのよい会話をもとに、コミカルに描いていく。(公式サイトより)

古沢さん初の「恋愛ドラマ」。

思わず何度も笑っちゃっいました。
二人に向かって「バカだなぁ(笑」って突っ込んだシーンがいくつもあり、楽しかったです。

サイボーグ・・・いやロボットにしかみえない依子が、まず可笑しい。巧でなくても逃げたくなるわね。
量だけでなく、専門用語と数字のオンパレードのセリフを一気にまくしたてた杏さん、すごい。
一方の巧もさるもの。高等遊民と称する引きこもりニートで、情けなくって、しかも小狡い、と、きたもんだ。
アニメや漫画に出てくる、ロマンチックな風情の二枚目文学青年の相当な劣化版、もちろん褒めてます、が可笑しかったです。

今回のハイライトは、何とか救助された(どうやって?笑)巧、依子と、豊の、船長室での会話。
人間離れした二人が激論の末、変な方向の結論を導き出すまでを、唖然としつつも突っ込む豊の存在が効いていました。
出航時間を気にする船長といい、脇キャラをしっかり固めてきたのも好印象です。
やっぱりコメディは「間」だなあ、と思わせくれたシーンでした。
そうそう、「ココ」の矢印は、よく使われる手法ではあるけれども、入れ方、使い方が上手かったです。

まっちげさんの亡き愛妻は和久井さん・・・って、ちりとちんやね(笑
で、娘の前にちょくちょく姿を現す小夜子。前クールのドラマを思い出す設定です(汗
小夜子が本当に小夜子なのか、依子が創り上げたものなのかはさておき、こちらは時と場所を選ばず出現するものだから、依子ったら、本当にアブナイ人に見えますな。

幼馴染の佳織に対してビクつく巧。本当は何らかの感情を持ち続けているのでは?
一方、豊も依子に、上司の娘を守るという使命感以上の感情を持ったりして。
と、ここまでは何となく想像できるのですけれども、依子と巧が"普通"の恋愛感情を抱けるようになるのかは、全く未知数。

さて、全く気が合わない、会話も噛みあわない二人でしたが、結婚には恋愛感情はいらない、単なる契約だ、という合意に達してしまいました。
そのうえ巧は、先行きの短い母親にはもう頼れぬと、妻に養ってもらおうと思いつくのでありました。バカだなぁ(笑
その申し出を依子は受け入れるのか否か?・・・なんだか職歴詐称も含めて、受け入れそうね(^^;;

月9らしからぬ、テンポのいいコメディになりそう。
徹底したキャラ作りも成功していました。

ですので、感想メインで、短く(対・自分の記事比です;;)ゆっくり、お気楽に書いていこうと思います。←セリフの書き取りは、ギブします〜(_ _;;
こういうスプラスティックなコメディ、大好物です。
ここままのドライなテーストで、ヘンな方向に向かって突っ走って欲しい。期待しています。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 流星ワゴン #01 | トップページ | 問題のあるレストラン #2 »

#ドラマ:2015年第1クール」カテゴリの記事

□デート〜恋とはどんなものかしら〜」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~♪楽しい1時間ちょいでしたよね~ヽ(*^^*)ノ
キャストのみなさん、芸達者な方ばかりだから、ホント、間がいいったらありゃしない(笑
依子と巧だけでなくそれぞれのキャラに、さらにひとひねり入っているところが良かったです。
最初始まった時にはまさかああいうラストになるとは思わなんだ。さすが古沢さん、魅せてくれます。
>依子ったら、本当にアブナイ人に見えますな。
そうそう。巧もかなり問題ありだけど、依子の方がヤバイ。
でも、ラストでお互いに言いたいことを言い合うことになって、指摘が始まったからほっ・・・
次回はさらに厳しい指摘があるでしょう。楽しみだわ・・('ー') フフ
>ここままのドライなテーストで、ヘンな方向に向かって突っ走って欲しい。
賛成~!このテイスト大好き。
今季は変なドラマが多くて嬉しいよ(笑

きこりさん こんにちわ♪
>依子と巧だけでなくそれぞれのキャラに、さらにひとひねり入って
全ての作品と言えるかどうかはわかりませんが、古沢脚本って、レギュラーなのにモブっていうキャラがいないですものね。
そして本を生かすも殺すも製作スタッフ次第なのですけれども、本作は安心して見れそうです。
この二人がどのようにして"リア恋"にアクセスするかが楽しみ。
>今季は変なドラマが多くて嬉しいよ(笑
ほんとっ今季は多いです。レギュラー感想は書いていないけれども、見るだけで大忙しですわ~(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デート〜恋とはどんなものかしら〜 #01:

» デート~恋とはどんなものかしら~ (第1話・1/19) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系『デート~恋とはどんなものかしら~』(公式) 第1話(初回15分拡大)『恋の仕方がわかりません!!契約で結婚が出来ますか!?』の感想。 愛情抜きで結婚すると決めた依子(杏)と巧(長谷川博己)。だが、俊雄(松重豊)や鷲尾(中島裕翔)から早過ぎると言われた依子は、巧と2回目のデートをして楽しもうと決める。日曜日、依子と巧はテーマパークに行くが、何が楽しいのか全く分...... [続きを読む]

» デート~恋とはどんなものかしら~「恋の仕方がわかりません!!契約で結婚が出来ますか!?」 [のほほん便り]
万人ウケでは無いかもしれませんが、私は楽しくて可笑しかったです。だって、杏と長谷川博己という、天下の美男美女が、“恋愛力ゼロで恋愛不適合者”の男女に扮し、トホホな役どころを熱演してるんですもの。しかも、天下の月9… おふたりして、いや、この枠自体が、新境地、開拓かも。とにかく、思い切ったデフォルメが良いですよね。古沢良太脚本だけに、会話もシチュエーションも、鋭くトボケてるというか、どこか洒落てて笑えます。親達や親友のプッシュもあり、ひょんなことから、結婚相談所の資料が縁でデートすることに。まずは、山... [続きを読む]

» 【 デート~恋とはどんなものかしら~ 】第1話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
フランスの哲学者・モンテーニュはこう言っている。 「美貌や愛欲によって結ばれた結婚ほど失敗をする」 「沸き立つような歓喜は何の役にも立たない」 共感します。 私、かねがね結婚とはお互いが有益な共同生活を送るための契約に すぎないのではないかと考えていました。 真理ですね。 フランスの哲学者・サルトルとボーヴォワールが提唱したものもまさにそれです。 私、間違ってま...... [続きを読む]

» 「〇〇妻」 第2話 なぜ彼女は契約結婚にこだわるのか !? 夫に言えない秘密とジレンマ  [トリ猫家族]
 いや〜そこまで言ってるんだから契約結婚でいいじゃないの。 内容は一緒で表書きが違うだけでしょ〜 愛する妻がそこまで行ってるんだから受け入れてあげなさいよ〜  ひかり ... [続きを読む]

» デート〜恋とはどんなものかしら〜 第1話 [レベル999のgoo部屋]
「恋の仕方がわかりません!!契約で結婚が出来ますか!?」 正直なところ。 俳優、演出、脚本がだれだろうが、 試聴開始前は、全く期待していなかった。 詳細は書かないが、 この三者がかみ合うとは、到底想像出来ないからだ。 試聴開始後も、 “期待”が裏切られず、ホ...... [続きを読む]

« 流星ワゴン #01 | トップページ | 問題のあるレストラン #2 »

作品一覧