2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダードライブ #05「鋼の強盗団はなにを狙うのか」 | トップページ | Nのために #04 »

2014年11月12日 (水)

ぼんくら 第四話「消えゆく隣人」

公式サイト

江戸・深川の鉄瓶長屋では、八百屋の太助が殺されたのを皮切りに、その妹・お露、桶屋のお律、通い番頭の善治郎一家と立て続けに店子が長屋を出て行くという珍事が起きていた。そんな長屋で、今度は怪しげな壺信心にかぶれた大工の八助一家と他の二家族までもが姿を消してしまう。(公式サイトより)

原作既読です。ざっくり書いています。

長屋で流行っている壷信心とは。

小さい壷に、願い事を書いた紙を、壷の中に入れる。
それから日々お経のようなものを唱え、取り出す。
紙が白紙になっていれば、願い事が叶う。

壷に入れる紙に
「頭が良くなりますように」
と書いた長助が哀れでした。

こんな長助まで巻き込んでの信心騒ぎに、平四郎も探りを入れてみますが、信心ものにつきもののお金が絡んでいないと知り、ならば民事不介入、ということで、静観することにしました。
お徳も、他人様の信心にとやかく言うことはない、と。

亡くなった旦那がおくめと遊んでいたと知って意気消沈、機嫌の悪かったお徳でしたが、自分の惚れている平四郎がお徳を気に入っているので、嘘をついた、という言葉を信じて、すっかり元気になりました。

実はおくめは、平四郎の言う通り、辻褄あわせをしたのです。
空気は読めないけれども、あっけらかんとしていて、悪気はなさそうな人です。
おかげで長屋はひとまず平穏になりましたが、女郎上がりの新顔に、長屋の人々は嫌な顔をしています。
自分が嫌がられるのに、慣れているおくめ。
女一人で生きてきただけあって、建前ではない、裏の感情に通じているような気がします。

やれやれ、と平四郎。
ところが、信心していた二家族が夜逃げ同然に長屋を出て行ってしまったのです。

次々と長屋の住人に立ち去られてしまった佐吉。
自分は何のためにここにいるのか・・・平四郎たちの慰めにも、落ち込むばかりです。

そんな時、おくめから、タチの悪い岡っ引きの仁平がなぜか鉄瓶長屋をうろついていること、そして久兵衛を見た・・・かもしれないことを聞きます。

仁平とは全く面識のない平四郎でしたが、久兵衛がこのあたりをうろついているかもしれない、という情報に、さすがに不審を抱きはじめます。
なぜ、湊屋は若い佐吉を差配人にしたのか?
なぜ、太助事件の責任をとって行方をくらましたはずの久兵衛が、長屋の付近にいるのか?

平四郎は知らないことですが、久兵衛は、例の信心騒ぎを起こしていた住人の夜逃げに手を貸していました。
しかも、住人たちは人目を避け、久兵衛に手を合わせている。どんな事情があるのでしょうか。

考え込む平四郎。
何かが妙・・・妙だから気になってしかたがない。
単に住人たちが次々と引っ越していく、ということだけなら、平四郎も今までのように気にしなかったでしょうが、落ち込む佐吉の姿
が、平四郎の重い腰を動かしました。
しかし、同心仲間にあたってみても、湊屋の悪い噂は入ってきません。
事件が起こっていない以上、表立っては動くことができないので、幼馴染の隠密同心、辻井英之介、通称「黒豆」に相談します。

辻井は、久兵衛の目撃証言も裏が取れないし、大店の湊屋が貧しい長屋に何か仕掛けるとも思えない、と冷静に分析し、平四郎のもやもやした疑惑を否定しました。
しかし。
久兵衛も、佐吉も、みな湊屋に縁のもの。
店ではなく、湊屋個人になにかあるのかもしれない、と推理。
湊屋総右衛門を探ってみる、と約束してくれました。
平四郎の勘を信じてくれたようです。

そして湊屋総右衛門。
夫婦仲はよろしくないようですが・・・

.

中盤に差し掛かって、まったりとお話が動き始めました。

細部をすっかり忘れているので、思わず原作を読んで確認したくなるのですが、がまん、がまん。

.

.

.

#01 #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

.

.

« 仮面ライダードライブ #05「鋼の強盗団はなにを狙うのか」 | トップページ | Nのために #04 »

#ドラマ:2014年第4クール」カテゴリの記事

□ぼんくら」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
同じく原作既読です!久しぶりに見ごたえのあるドラマですね。宮部作品はメディア化されるといまいちなものが多くてがっかりすることが多いのですが・・・、さすがNHK作り込みが細かい。面白いです。
次回が楽しみです。

ま~さん はじめまして。
本作は9月に放映された「おそろし―三島屋変調百物語」が良かったので期待していました。
期待通り、丁寧な作りの作品にしてくれているので嬉しいです。
長編でありながら短編集的趣きのあるストーリーが、後半になって、あ、そうだったのか、と繋がっていく展開にも期待したいですね〜。
と言っても、仔細は忘れているのですけれども(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/60639621

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんくら 第四話「消えゆく隣人」:

« 仮面ライダードライブ #05「鋼の強盗団はなにを狙うのか」 | トップページ | Nのために #04 »

作品一覧