2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« オーシャンズ11(2014年11月大阪 舞台)簡単感想 | トップページ | Nのために #03 »

2014年11月 6日 (木)

ぼんくら 第三話「やってきた迷い子」

公式サイト

鉄瓶長屋に突然現れた迷子の長助は、満足に言葉がしゃべれない。井筒平四郎(岸谷五朗)は、そんな長助の素性を探り、親元に帰してやろうとする。長助の素性を知る老人を捜し当てた佐吉(風間俊介)が平四郎と共に話を聞くと、鉄瓶長屋に住む通い番頭の善治郎(徳井優)が、本当の父親だという。善治郎は奉公先の主人の「お手つき」女性と一緒になるため、それまで関係のあった長助の実の母を捨てたのだった...。(公式サイトより)

原作既読です。ざっくり書いています。

仲睦まじい善治郎親子を見ると、胸がきゅんと温かくなる、とお徳。
しかし、その裏には、厳しい商家の掟と醜い現実が潜んでいました。

こうして、ごくごく普通の人であるお徳の見た世界が、ことごとく覆されていきます。

主人は奉公人にとっては親以上。
言われたことに従えなければ、店を辞めるしかない。
長い長い時間をかけて築きあげたポジション、キャリアがすべてなくなってしまうって、厳しいです。

そういうことを重々知っている長助の母親は、姿を消してしまった。
妊娠を知ったのは、別れたあとのこと。

もっとキツイ女性なら、子供ができたことを善助に知らせ、仕事か自分か、迫ったでしょうに。
もしそうだったらはどういう態度をとったのでしょうか。
存在すら知らなかった息子に全く情を抱けない父親。
先週のろくでなしの父親といい、何やら悪魔に魂を売ったように見えました。

母を亡くして孤児となってしまった長助が哀れでした。
しかも熱病に罹って、後遺症が残っている身の上とは。

長助に父親のことを知らしたのは、果たして亡くなった母なのでしょうか。
久兵衛が置いていったという、長屋の住人たちの情報。
単に、次の差配人に対する申し送りだったのか、それとも、何か仕組まれているか・・・

そして、お徳の亡くなった亭主と馴染みだったというおくめが登場し、今まで人のことに一喜一憂していたお徳自身が、トラブルに巻き込まれ、憂いことになりそうです。

と、鬱展開の中で、政五郎親分とおでこちゃんが登場しました。
原作どおり、すぐ弓之助と仲良くなってました(^^
弓之助、平四郎宅に泊まるのを頑なに拒否しているのは、おねしょが直らないからなのね。
彼も何か抱えているのでしょうか。

さて、これで記憶力のおでこちゃんと推理力の弓之助に、頼もしい政五郎親分が加わって。
平四郎がのんびりしていられるのも、今のうちですよ~。

政五郎親分は公式に書かれている通り、「本所深川ふしぎ草子」などなど数々のシリーズでおなじみの回向院の茂七の子分。
2001~2003年にかけてNHK金曜時代劇枠にて、高橋英樹さんが演じられていた茂七シリーズは見逃してしまっています。DVDも出ていないようですし・・・残念です。

.

.

.

#01 #02

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« オーシャンズ11(2014年11月大阪 舞台)簡単感想 | トップページ | Nのために #03 »

#ドラマ:2014年第4クール」カテゴリの記事

□ぼんくら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼんくら 第三話「やってきた迷い子」:

« オーシャンズ11(2014年11月大阪 舞台)簡単感想 | トップページ | Nのために #03 »

作品一覧