2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ぼんくら 第一話「忍びよる影」 | トップページ | まほろ駅前多田便利軒(DVD) »

2014年10月23日 (木)

Nのために #01

公式サイト

原作:湊かなえ「Nのために」(双葉文庫)
脚本:奥寺佐渡子/演出:塚原あゆ子、山本剛義/プロデュース:新井順子/音楽:横山克
出演:榮倉奈々、窪田正孝、賀来賢人、小出恵介、原日出子、柴本幸、モロ師岡、美保純、葉山奨之、光石研、山本未來、織本順吉、徳井義実、小西真奈美、三浦友和

2004年、高層マンション・スカイローズガーデン48階の部屋で、野口貴弘(徳井義実)とその妻・奈央子(小西真奈美)が殺害された。その現場に居合わせたのは“ある計画”を立てた大学生の杉下希美(榮倉奈々)、希美の高校時代の同級生・成瀬慎司(窪田正孝)、希美と同じアパートに住む安藤望(賀来賢人)と西崎真人(小出恵介)。その場で西崎が逮捕され「自分が貴弘を殺した。不倫関係にあった奈央子を貴弘が刺したため、カッとなって殴った」という自供により、殺人罪で懲役10年が言い渡された。 (公式サイトより)

原作未読です。

2014年、現在。
刑期を終えて出所した西崎を待ち構える、元警察官、高野。

野口を殺したのはあなたではない、と切り出した高野を振り切ろうとする西崎。
しかし、高野が語る、17年前の出来事に耳を傾け始める・・・

現在と過去を交錯させながら、事件の真実を明らかにしていく「純愛ミステリー」(公式サイトより)

この枠の、このテイストのドラマはもう見るだけにしよう、と思っていたのですが。
上手い導入部に、ついつい釣られてしまいました。
恐らく記事アップは周回遅れギリギリになると思うので、感想のみメモることにします。

.

現在とはかけ離れた、美しい17年前の瀬戸内の風景と、生き生きとした少年少女たちの笑顔・・・
しかし、彼らには、その眩しさとは裏腹の、ドロドロとした現実が押し寄せてきたのです。

祭りの日、のどかに海を眺めていた、希美の父。
その父が、ある日、愛人を連れて島には不釣合いなほどの豪邸に戻ってきて、妻と二人のわが子を追い出してしまう。
一分の逡巡もなく、血も涙もなく、笑いながら。
愛人もまた、その光景を楽しんでいる。

自分の家系の男子は、みな短命で、50才前後で死んでしまう。
ならば、あと数年、生きたいように生きる。

うわ~、悪夢です。
現実、と書きましたが、とても現実とは思えないないほどの急転直下な展開。
こういうことが実際にないとは言えないですが、目の当たりにするとショックです。

父は、別に精神的に掛け違ったわけでもなく。
希美が最初疑ったように、直らぬ病に罹っているわけでもない。

婿養子という立場に鬱憤があったにしろ、妻の手料理が不味かったにしろ・・・妻には一片の愛情も感じていなかったにしても。
別に反抗期でもなく、引きこもりでもなく、すくすくと育った我が子たちに対して、あんなに冷酷な態度が取れるものなのでしょうか。

そう、突っ込んだこの時点で、湊マジックにかかってしまったんですね~(^^;;

追い出された先は、不便な山の中腹にあるボロ屋。
その上、現実を見ようとしない母は、父からのわずかな仕送りを、すべて自分のために使ってしまったため、食べる物もなくなってしまう。
バイトをしようとしても、邪魔に入る母。

困りきった希美は、父の愛人、由妃に土下座をして、食物をわけてもらおうとします。
そんな希美に、かつてドレッサーを壊したことへの詫びを強要する由妃。

昼ドラテイストやなぁ(汗)

食材でなく、料理したものを渡すのは、希美たちの母へのあてつけ。
由妃を憎みきっている弟、洋介が思わずガっつくほど美味しいのね。

色んな意味で救われないのはわかるけれども、お母さん・・・この人、もうダメだわ。
離婚訴訟を起こせば、早苗さんの勝ちなのに、ただ、夫の帰りを待っている。
お嬢様育ちで、現状に何の不満も疑問も持たずに生きてきたのでしょう。
それはそれで、口が達者な女性より可愛いと思うのだけれどもなぁ。

洋介の進学には父の許しがおりましたが、女に学問はいらない、機先を制せられた希美は言い出せませんでした。

そして、母子が不当な扱いを受けているのに、狭い世界で波風を立てたら生きていけない、と見てみぬふりをする島の人たち。

警察・・・駐在さんの高野にも、どうすることもできない。
希美が母の精神状態を内緒にしていることもあるけれども、突き詰めればお金の問題だものねぇ。

そんな希美の唯一の救いが、島一番の料亭の息子、慎司でした。
将棋を通じて心を開いていく希美。

授業中にあんなにあからさまにやりとりしたら、今以上にハブられるんじゃないかと、心配しましたよ。

ところが、恵まれているように見えた慎司の家庭にも暗雲が。
実は店は経営悪化で倒産目前、金繰りに奔走した母は疲れ果てていました。

追い詰められる子供たち。
それでも、いや、だからこそ、欲しいものは全部手に入れる、と宣言する希美、そしてそんな希美を眩しそうに見守る慎司。

「全てはNのために」
.

洋介は寄宿舎に入ったのね。
一人でも、この状況から逃れられて良かったです。

と、いうことで、今後の展開がすごく気になる作りになっておりました。

このままテンポを落とさずに突っ切ってくれればいいのですが。
前作のように、感想が突っ込みに変わらないことを願っています(汗)

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ぼんくら 第一話「忍びよる影」 | トップページ | まほろ駅前多田便利軒(DVD) »

#ドラマ:2014年第4クール」カテゴリの記事

□Nのために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nのために #01:

» Nのために 第1話 [レベル999のgoo部屋]
「セレブ夫婦殺人事件…15年前に隠された秘密」 内容 2004年。 高層マンションに住む野口貴弘(徳井義実)奈央子(小西真奈美)が、殺された。 西崎真人(小出恵介)が、逮捕される。 その後、事件を調べ続けるひとりの男がいた。元警官の高野茂(三浦友和)。 現...... [続きを読む]

» 【 Nのために 】第1話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
「今の若いやつらは自分のことしか考えていない」 そんな言葉を聞くたび、それは違うと思ってしまう。 あの時そこにいた全員が誰かのことを考えた。 それぞれに大切な人がいてその人のことを思った。 自分以外の誰かのために。 そう全ては Nのために。 Nのために 第1話       都内のマンションの一室で殺人事件が起きた。 被害者は会社員の野口貴...... [続きを読む]

» 「Nのために」 第1話 セレブ夫婦殺人事件…15年前に隠された秘密 [トリ猫家族]
『あの時、そこにいた全員が誰かのことを考えた。 それぞれに大切な人がいて、その人のことを思った。 自分以外の誰かのために。 そう、すべてはNのために』  おもしろかった ... [続きを読む]

» 「Nのために」第1話★希美(榮倉奈々)と成瀬(窪田正孝)が… [世事熟視〜コソダチP]
「Nのために」第1話 15年前、瀬戸内海に浮かぶ青景島。高校生の希美(榮倉奈々)は、ある日、東京から愛人の宮下由妃(柴本幸)を連れて帰ってきた父・晋(光石研)に、母・早苗(山本未來)ともども家を追い出されてしまい・・・。 このくだりは、なんか無理筋で、けっこうあざといんだけど、意外にも面白かった。 父・晋(光石研)が毎月10万円を送金してくるんだけど、少し精神的に病んじゃってる様子の早苗(山本未來)が高級化粧品を9万円以上も買ってしまい、無一文になる希美(榮倉奈々)たち・・・。 ... [続きを読む]

« ぼんくら 第一話「忍びよる影」 | トップページ | まほろ駅前多田便利軒(DVD) »

作品一覧