2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« Nのために #01 | トップページ | 昨夜のカレー、明日のパン #3「山とエレベーター」 »

2014年10月24日 (金)

まほろ駅前多田便利軒(DVD)

2011年 日本 123分

公式サイト

原作:三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」(文春文庫)
監督・脚本:大森立嗣/プロデューサー:土井智生、吉村知己/撮影:大塚亮/照明:木村明生/美術:原田満生//音楽:岸田繁
出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏 、本上まなみ、柄本佑、横山幸汰、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳

ペットの世話、塾の送迎代行、納屋の整理、そんな仕事のはずだった-。
東京郊外のまほろ市で、けっこう真面目に便利屋を営む、しっかり者の多田啓介(瑛太)。
そんな多田のもとに、風変わりな同級生、行天春彦(松田龍平)が転がり込んできた。
1晩だけのはずが、行天は一向に出て行かず、多田はしぶしぶ便利屋の助手をさせることに。
こうして、水と油のような2人の奇妙な共同生活が始まった。
多田便利軒を訪れるのは、まほろ市に住むくせ者たちばかりで、
なんだかんだと彼らを放っておけない多田と行天は、やっかいごともしぶしぶ請け負っていたが、
やがてある事件に巻き込まれていく-。
ともにバツイチ、三十路の男2人の痛快で、やがて胸に熱く迫る便利屋物語が始まる-。
(映画.comより)

@DVD鑑賞

原作未読、TVシリーズは見ています。
本作は3ヶ月以上前に見ました。「狂騒曲」を見る前に感想を書こうとしたのですが、ずるずると書かないまま、今に至ってしまいました。
その間に原作も読みました。

ネタバレなしで簡単に感想のみ書きます。

TVシリーズは、二人がすでに同居、というかバディを組んでいるところからぼよんと始まりましたが、本作は二人の関係と、バディを組むに至る経緯が描かれていていました。
もっと早くに見れば良かった、と後悔しています。

行天の生い立ちと、仰天な結婚生活。
でも、やっぱり行天は行天なのね。
飄々としていて、むやみに暴力的かと思えば、妙に優しくて、寂しがり屋で無表情な男。

松田優作さんが生き返ったようです。
でも、これは映画独自の設定ではなく、原作の通りのキャラ。
行天というのは、優作さんをイメージして書かれたとしか思えないキャラでした。
ですので、松田龍平さんのキャスティングは、ベストとも言えるし、本人にとっては冒険でもあったかもしれません。
結果はご存知の通り、素晴らしいもので、お父さんより植物的なところが、いっそうハマっていたと思います。

多田は、そんな何だか不気味な、かつての同級生を、ひょんなことから抱え込むことになります。
行天が居座ることに文句を言いながらも、ついつい世話を焼き、表情からは推し量れない彼の気持ちを、何とか汲み取ろうとする多田。
行天にも、自分自身の過去にも、それぞれトラウマを抱えていました。

原作では、行天のキャラが強烈すぎて、受け止める側の常識人、多田の輪郭が弱く感じることがあること、特に第一作は多田のモノローグで書かれているので、多田、という人間像が今ひとつ明確に想像できにくいのを、瑛太さんは、行天に劣らず掴まえ所がなさそうに見えながらの、本当は真面目で義理堅く、愛情深い「多田」というキャラをしっかり確立されていました。
映画を観てから原作を読んでの感想で、なんですが(汗)

二人の過去はTVではほとんど描かれていなかったので、面白かったです。
逆に言えば、二人の出会いを知らなくても、ドラマとして十分成り立っていた、ということです。

TVとは監督が違うのですが、技術的な違いは全くわかりません。
ただ、小指の事件を原作とは少し変えており、その分、TVと比べてウェットになっていたように思います。
また、過去が絡んでいるのも、ウェットに感じた原因かもしれません。

これから映画を見に行く予定です。

.

.

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Nのために #01 | トップページ | 昨夜のカレー、明日のパン #3「山とエレベーター」 »

*DVD・映画・観劇 ま行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第4クール」カテゴリの記事

コメント

うわーー!これから映画見に行くのね!羨ましかーー
一作目の映画→ドラマは始まった時は二人の距離感についてちょい違和感あったけど、すぐに馴染みました。
ドラマでは描かれなかった二人が背負っている過去の重さが淡々とした中にも伝わってきて、2人の赦されたい、赦したいという思いが切なかったです。
映画全体ににじんでいる悲しみのようなものとほんのりとした希望が好きでしたわ~
多田の『なんじゃこりゃあ!』に『似てねぇし』とクールに応えた行天には笑ったわーー

きこりさん こんにちわっ

ドラマの方を先に見たので、映画はエピソードゼロ的な感じで楽しめました。
>映画全体ににじんでいる悲しみのようなものとほんのりとした希望が好きでしたわ~
そうなんです。世界観が、なんとも言えず心に沁みました。
普通ならば日々の生活で流されていまうような中学生の時の思い出、行天への後ろめたさをしっかり抱え込んでしまう多田の真面目さ。
そんな多田に、何を考えているかわからないのに、すごく真っ当な言葉をかける行天。
二人のコンビネーション、お互いに必要としているっていう感じが良かったです~。
映画は見てきました!
今週中には書くつもりですが、ドラマの感想が全て周回遅れとなっているので、いやはやなんとも(_ _;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まほろ駅前多田便利軒(DVD):

» 2011年 DVD鑑賞日記 その23 加筆あり (-"-;A [トリ猫家族]
11月11日(金)  「まほろ駅前多田便利軒」  (2011年 監督・大森立嗣) おもしろかった。 優しいようで冷たい男、多田啓介(瑛太)・・・ 冷たいようで優しい男、行天春彦( ... [続きを読む]

» 「まほろ駅前多田便利軒」 2011年 監督・大森立嗣 [トリ猫家族]
 前にも感想書いたんだけど、見るとまた書きたくなっちゃった。 映画→ドラマ→映画なんだけど新鮮に楽しめた。 多田と行天・・・再会と何となく始まった同居生活。 ひとつひと ... [続きを読む]

» 『まほろ駅前多田便利軒』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒」□監督・脚本 大森立嗣 □原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、       大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳■鑑賞日 4月23日(土)■劇場 ...... [続きを読む]

« Nのために #01 | トップページ | 昨夜のカレー、明日のパン #3「山とエレベーター」 »

作品一覧