2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年秋クールドラマ 初回の感想その1 「地獄先生ぬ~べ~」「ごめんね青春!」「信長協奏曲」 | トップページ | 2014年6月の読書 »

2014年10月17日 (金)

2014年秋クールドラマ 初回の感想その2 「素敵な選TAXI」「さよなら私」「今日は会社休みます。」

「素敵な選TAXI」

時を遡って選択肢時点まで行ってくれるタクシー。

枝分は人間じゃなさそうなので良しとしても、普通の人間があんなに何度も過去に戻ったら、体とか精神に負荷がかかりすぎるんじゃないかな、と思ってしまうのは、SF的タイムトリップの読み過ぎかも(汗)
なので、ハッピーエンドで終わったのには、ほっとしました。
しかし”素敵”がそのままの意味で終わる話ばかりではないのでしょう。

バカリズムさんの脚本。
小説で言えば短編集でのプライムタイムの初登板に不安もあったのですが、わかりやすく、派手な展開と気の利いたオチのストーリーは良く練られており、面白かったです。
演出、キャストも良かったですが、ストーリーそのものがしっかりしていていました。
もし、この水準が保てるのなら、パラドックスもネタに取り込んでの、SF的カラクリが気にならない、ファンタジーなタイムスリップものとして楽しめそう。
所持金次第で選択肢の地点が決まる、と言うのも良い括りでした。
ファンタジーには括りがないとね。

レギュラー感想は、考慮中です。

.

「さよなら私」

録画したのを見る直前に、ネット経由でちらりと「入れかわり」というキーワードを入れてしまったのは失敗でした。

不倫ドラマって、当人たちを取り巻く環境、人間関係にどう捻りを利かすかに、作家さんたちは四苦八苦、苦慮すると思うのです。
そこにこんな「変化球」(公式サイトより)は、反則球のような気がしないでもない(^^;;
しかしストレートがあってこそ、変化球が生きるわけで、その辺りはしっかりと王道を踏まえておりました。

「最後から二番目」の典子と千明のブラックバージョンとも言える薫と友美の関係は、専業主婦対職業婦人の普遍的対立。
「最後から二番目」の時ににも思ったのですけれども、あくまで1話を見る限りですが、この対立の描き方があまりにも型にはまりすぎているというか、男性目線すぎる気がしました。
もっと複雑だと思うのです、女子の関係って。
とは言え、あまり女性目線で描かれても、胃にもたれるかもしれない。
でもって、ただでさえややこしい関係に不倫が加わると、まあ、あれくらいの修羅場にはなるだろうなぁ。ふぅ・・・(汗)

で、入れかわりですが、王道の「階段落ち」でした。
階段落ちで入れかわるパターンはいったい誰が創始者なのでしょうか。
自分は「転校生」(1982)だと思っているのですが、どうなのでしょう。ご存知の方、お知らせくださいって、話が逸れました。

キャストも作品にマッチしていました。マッチしすぎていて、もうちょっと冒険が欲しいくらいです。
ヒロイン二人とも不幸とか、いがみ合いとかが似合いそうですが、特に藤木さん。ペロっとした実のない二枚目役がはまってました。

キーパーソンは春子かなぁ。
なんだよ、あの旦那(^^;;
相手が谷村さんっていうのも、ただでは済まさそうな香りがぷんぷんですな。

普通の不倫ドラマならリタイアするのですが・・・人間の真実が垣間見れる作品ならば。
考慮中です。

.

「今日は会社休みます。」

原作未読で、事前に情報もあまり目にしていませんでしたので、玉木さん演じる朝尾がフィストフェレスっぽいキャラだったのには少し驚きました。
福士さんはまた、年上の女性と恋に落ちる役なのね。

コメディの部分は、出来る人たちをキャスティングしているので可もなく不可もなく。
しかしアラサーまで「初恋」すら経験のない花葵には、ほとんど感情移入できませんでした。
こじらせるには、綾瀬さんが奇麗過ぎ。←だからドラマになるのですが(汗々)
そりゃ大学生の悠斗も惹かれるでしょうよ〜。
お嬢様すぎて、却って同年代には引かれてしまう、というパターンはあるかもしれません。同年代の女性は、どう感じたのでしょうか。

ロマコメって、海外映画及びドラマならば、全くの非日常として楽しめるのですが、日本だと、家族や生活の描き方とか、会社とか仕事の仕方だとか、ついつい現実な目線で見てしまうのです。

しかし、終盤、花葵が会社を休むあたりから、少し惹きつけられました。
「恋」に伴うときめきや苦しみに懊悩しはじめるシーンから、花葵、すなわち綾瀬さんの魅力が漂ってきた気がします。
玉木さんの存在も効いてきて、ドラマとして転がりだしました。

最初は視聴を続けるかどうか迷っていたのですが、しばらく視聴を続けることにしました。
ロマコメをきっちり描いてくれるかどうか。期待してみます。

仲さんは・・・「昨夜のカレー」をぜひ見て欲しいっ

.

.

2014年秋のドラマ:視聴予定
2014年秋クールドラマ 初回の感想その1 「地獄先生ぬ~べ~」「ごめんね青春!」「信長協奏曲」 

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年秋クールドラマ 初回の感想その1 「地獄先生ぬ~べ~」「ごめんね青春!」「信長協奏曲」 | トップページ | 2014年6月の読書 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年秋クールドラマ 初回の感想その1 「地獄先生ぬ~べ~」「ごめんね青春!」「信長協奏曲」 | トップページ | 2014年6月の読書 »

作品一覧