2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年秋のドラマ:視聴予定 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第30話「誕生日のお祝いは」 »

2014年9月28日 (日)

軍師官兵衛 #39「跡を継ぐ者」

公式サイト

官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」として自分を警戒していると聞きがく然とする。疑念を解くため長政(松坂桃李)に家督を譲ると申し出るが、秀吉は認めてくれない。そんな中、茶々(二階堂ふみ)が懐妊。実子がいなかった秀吉は大喜びするが、茶々に夢中なことを風刺した落書に激怒し、疑わしき者を次々と処刑する。秀吉の暴走を止めるため、おね(黒木瞳)は官兵衛に説得を依頼する。(YAHHO!テレビより)
.

家康から、秀吉が自分のことをどう思っているかを聞かされた官兵衛。
茶々の懐妊を知って、隠居の決意を固めます。
例え座興の場の言葉であったとしても。守る者ができた今、本物の疑念になるかもしれない。
黒田家を守る為に、と長政や家臣を説得します。
突然の隠居宣言に戸惑うも、父から初陣以来の働きを認める言葉を聞いて、嬉しそうな長政。
はじめて褒めてもらったかも。

しかし、城井谷の戦いでたくさんの部下を死なしてしまったことで、自分に頭領になる資格があるかどうか、逡巡します。
そんな長政を、なんとかなります、とあっけらかんと励ます糸。
仲睦まじい夫婦なのにねぇ・・・。

一方、官兵衛も光と語り合っています。
かつて、小寺政職に世継ぎができた時に、今の自分と同じように乗っ取りの野心を疑われた父、職隆に家督を譲られた時のことを思い出す官兵衛。

「わしには務まらぬと思った。父上はわしには超えがたき高き壁であった。」

長政にとっても同じ、道標を示してやらねば長政には登れますまい、と言う光に、自ら道を探さねば、本人ためにはならぬ、と。
しかし、秀吉は官兵衛を隠居、という自由な身分にすることを拒みました。
9才も年上の自分がこんなに働いているのに。
官兵衛の隠居を望む三成に、自分と官兵衛のことには口を出すな、と釘を刺す秀吉。

さて、茶々の讒言に怒りまくった秀吉は、疑わしき者百人以上を引っ捕らえ、全員の処刑を命じました。
おねに頼まれて、秀吉に諫言する官兵衛。

今のままでは秀吉に跡取りが出来たことを喜ぶ者はいない。これでは、秀吉が死んだ後の豊臣家が案じられる。
讒言者を罰するより、世継ぎが出来た事を喜んでもらうことの方が豊臣家にとって大事な事だと。

秀吉は官兵衛の言う事を聞き、金をばらまきました。
で、官兵衛は、家督は長政に譲ることを認めましたが、隠居は認めない、という秀吉の命を聞く事にします。

家督を継ぎ、官位を授かった長政は、おねの元を福島正則とともに訪れます。
おねの子飼の武将たちと、茶々を取り巻く三成ら近江系官僚たちの溝の深まりを実感する長政。

そして北条攻めを前に、秀吉の更なる野望を危惧する官兵衛。

えーっと、粗筋を書いただけになってしまいました。
「官兵衛のドラマ」になっていましたし、秀吉の乱心なども予定通りなので、特に突っ込みどころもなく。つまり、感想が浮かばないっていうか(汗)
三成に人としての深みを感じられない、というのは散々書いてきましたですしねえ。でも、三成に限らず、そういう作りの大河だから、もう、良いかって感じです。

次回は北条氏の滅亡のようです。

※来週の感想はお休みします。

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年秋のドラマ:視聴予定 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第30話「誕生日のお祝いは」 »

□大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/60377662

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #39「跡を継ぐ者」:

» 軍師官兵衛 第三十九話「跡を継ぐ者」 [事務職員へのこの1冊]
第三十八話「追い込まれる軍師」はこちら。前回の視聴率は15.0%とめずらしく的中。まあ、こういうこともございませんと。裏の日曜日テレバラエティ軍団は絶好調で、ビデオリサーチの「その他の娯楽番組」カテゴリーでトップ4まで独占。新聞のテレビ欄を見る習慣をなくし...... [続きを読む]

» 【 軍師官兵衛 】第39回 「跡を継ぐ者」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」 として自分を警戒していると聞きがく然とする。 疑念を解くため長政(松坂桃李)に家督を譲ると申し出るが、秀吉は認めてくれない。 そんな中、茶々(二階堂ふみ)が懐妊。 実子がいなかった秀吉は大喜びするが、茶々に夢中なことを風刺した落書に激怒し、 疑わしき者を次々と処刑する。 秀吉の暴走を止めるため、おね(黒...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第39回「跡を継ぐ者」 [あしたまにあーな]
ここのところずっと官兵衛にことを遠ざけているように見えた秀吉ですが、実は官兵衛の先見の明には信頼を寄せていることが判明し、この2人の雰囲気は今までにないくらいいいものになっていました。それが分かったのは家康から秀吉が次の天下人として警戒されていると感じた官兵衛が自ら隠居を申し出るところ。秀吉はその申し出に対して頑なにうんとは言いません。 この後三成に対して官兵衛と自分のことに対して口を挟むなと厳しく言われるところから見ても、官兵衛と秀吉の間には深い絆があるのだと改めて感じます。それを実際の場面で見せ... [続きを読む]

» 『軍師官兵衛』第39回「跡を継ぐ者」★主君を諫めるのも家臣の務め。 [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第39回「跡を継ぐ者」 官兵衛(岡田准一)は家康(寺尾聰)から、秀吉(竹中直人)が「次の天下人」として自分を警戒していると聞き、その対策として隠居して家督を長政(松坂桃李)に譲ると申し出ます・・・。 尻込みする長政に「初陣以来6年お前は十分に場数を踏んできた。家臣たちも支えてくれる。」と官兵衛。 家臣団「若ご心配はいりませぬ。」「若!」「若!」「若!」 なぜか「若!」が「バカ!」に聞こえちゃう〜〜〜〜! −◆− 一方、秀吉が茶々(二階堂ふみ)に夢中なことを風... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第三十九回 [レベル999のgoo部屋]
『跡を継ぐ者』 「跡を継ぐ者の誕生…喜びが人を狂わせる」 内容 家康(寺尾聰)と対面した官兵衛(岡田准一)は、 秀吉(竹中直人)が“次の天下人”として自身を警戒していると知る。 「殿下が恐れておるのは儂ではない。おぬしじゃ」 疑念を抱かれていることに愕然とす...... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第39回「跡を継ぐ者」プチ感想と視聴率 [ショコラの日記帳・別館]
「跡を継ぐ者」 第39回の関東の視聴率は、前回の15.0%より少し下がり、14. [続きを読む]

« 2014年秋のドラマ:視聴予定 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第30話「誕生日のお祝いは」 »

作品一覧