2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年8月の読書 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第25話「おとぎ話が飛び出して」 »

2014年8月25日 (月)

軍師官兵衛 #34「九州出陣」

公式サイト

秀吉(竹中直人)は大友宗麟(上條恒彦)の願いを受け九州攻めを宣言、東の脅威を取り除くため、家康(寺尾聰)の封じ込めを図る。秀吉に先立ち官兵衛(岡田准一)が先ぽうとして西に向かい、毛利勢を加え九州に乗り込もうとするが、小早川隆景(鶴見辰吾)はなぜか腰が重い。隆景の兄・吉川元春(吉見一豊)が長年の宿敵、秀吉に臣従することを快く思わず、出兵を拒んでいたのだ。そこで官兵衛は元春を動かすため、勝負に出る。(YAHHO!テレビより)

九州攻め直前に蜂須賀正勝が亡くなりました。
病の床で、官兵衛とともに過ごした中国攻めの日々や、中国大返しを懐かしく思い出す正勝。
秀吉のビンタは痛かっただろうなあ(^^;;

もう少し官兵衛とのやりとりを丁寧に描いてくれていたら、一緒になって懐かしむことができたのでしょうけれども。
正勝の印象的な行動やセリフが皆無だったので、何とも微妙。
1シーンでも、個性を表すエピソードがあればねぇ。
それでも、ひとつの時代が終わった、と感じたのは、ピエール瀧さんの存在感のおかげでしょう。

吉川元春が九州攻めに加わるのを拒否したのは、秀吉への反感のためだけでなく、死の病に冒されていたから。
元春が病に冒されていることを知った時の、官兵衛の表情が悪いのが良かったです。
毛利のための、命の使い道。
病もまた、戦略に使う。
相手が隆景だからこそ、武将としての死に様を迫るシーンも中々でした。

猛将たちに合掌。

戦場に連れて行ってもらえないのが不服な長政。
大坂の様子を見張るも大事な仕事なのですが。

妹に加えて母まで差し出した秀吉の呼び出しに、ついに応えて、家康が大坂城にやってきました。
接待係りをおおせつかった長政が官兵衛の息子と知って、肩をポンポン。
意味深です。

秀吉の年を経た妹を正妻として押し付けられた家康と、その家臣たちの笑いは感じ悪かったです。
この大河の家康には好感を持てないかも(汗)

小倉城の攻略については、「官兵衛紀行」で補填。

まさか九州攻めはこれで終わり?と一瞬思いましたが、さすがにそれはないようで、ほっとしました。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年8月の読書 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第25話「おとぎ話が飛び出して」 »

□大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/60207750

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #34「九州出陣」:

» 【 軍師官兵衛 】第34回 「九州出陣」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
秀吉(竹中直人)は大友宗麟(上條恒彦)の願いを受け九州攻めを宣言、 東の脅威を取り除くため、家康(寺尾聰)の封じ込めを図る。 秀吉に先立ち官兵衛(岡田准一)が先ぽうとして西に向かい、毛利勢を加え 九州に乗り込もうとするが、小早川隆景(鶴見辰吾)はなぜか腰が重い。 隆景の兄・吉川元春(吉見一豊)が長年の宿敵、秀吉に臣従することを快く 思わず、出兵を拒んでいたのだ。 そこで官兵衛...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第三十四回 [レベル999のgoo部屋]
『九州出陣』 「九州出陣〜大いなる新天地、新たな敵!」 内容 大友宗麟(上條恒彦)の願いに応じ、秀吉(竹中直人)は九州攻めを決断。 そして秀吉は、官兵衛(岡田准一)に毛利勢を加えての九州入りを命じが、 そんななか、四国より九州入りするはずだった小六(ピエ...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第三十四話「九州出陣」 [事務職員へのこの1冊]
第三十三話「傷だらけの魂」はこちら。 前回の視聴率は16.7%。そんなものかな。 [続きを読む]

» 『軍師官兵衛』第34回「九州出陣」★吉川元春の命の使いみち [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第34回「九州出陣」 秀吉の出陣の求めを無視して隠居だとして引きこもりを決め込む吉川元春(吉見一豊)。 小早川隆景(鶴見辰吾)が「逆心なきところを見せねばなりませぬ。」と説得。 それでも元春は「気に入らぬのならわしにも切腹を命じればよいのだ。このわしまでもが秀吉に膝を屈しやつの下で働いては…死んでいった者らに申し訳が立たぬ。わしはこの隠居所で好きな物語などを読んでここで死ぬ。」 イラッとするほど頑固!? −◆− 業を煮やした官兵衛(岡田准一)が自ら説得に・・... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第34回感想と視聴率「九州出陣」 [ショコラの日記帳・別館]
副題「九州出陣」 新聞「九州出陣~大いなる新天地、新たな敵!」 第34回の関東の [続きを読む]

« 2014年8月の読書 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第25話「おとぎ話が飛び出して」 »

作品一覧