2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年7月のまとめ~夏クールドラマの中間報告 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第23話「手と手をつないで」 »

2014年8月11日 (月)

軍師官兵衛 #32「さらば、父よ!」

公式サイト

秀吉(竹中直人)は、官兵衛(岡田准一)の忠告を無視し、小牧・長久手の戦いで家康(寺尾聰)に手痛い敗北を喫する。側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛は逆に取り込むよう進言、激しく対立する。一方、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移すが、留守を任された長政(松坂桃李)の厳しさに領民が反発、騒動が勃発する。祖父・職隆(柴田恭兵)は領主としての心構えを説き、長政を改心させる。(YAHHO!テレビより)

徳川への対応をどうするかで、対立する官兵衛と三成。
秀吉と茶々との仲を取り持とうとしている三成と、おねと親しくしている黒田家、という図式に発展するわけですな。

何故、三成が徳川を性急に討とうと進言したのか、官兵衛の
「徳川は譜代で結束力があり、強い。比べて我が軍はまだ寄せ集めである。」
という理論に反論しなかったので、わかりませんでした。まあ、この場ではできなかったとは思いますが。

秀吉が徳川を討とうとしたのは、上洛の命に従わなかったから、など、色々あるのでしょう。
家康が秀吉の下へ参じなかったのは、秀吉が織田家を乗っ取ったから、というのは表向きの理由にしか見えません。
まあ、このあたりのかけ引きを描き出すと、官兵衛はまた蚊帳の外になってしまうからなくなてもいいのですが。
関ヶ原だけでなく、朝鮮の戦いを含めて、三成の思惑って結構重要だと思うのですけれどもねえ。
振り返ってみると、三成が今まで官兵衛をどう見ていたのか、ほとんど描かれていません。
出会った時は生意気な少年、途中では官兵衛の策に感心しつつ、実行、くらい?
このドラマの三成ってどういう人なのかっていうと、わかりませんです。三成を知らない人には、何の印象も与えないキャラだったと思います。
結局、視聴者の脳内補填におまかせっていうことのなのでしょう。

秀吉が官兵衛を遠ざけ始めた理由はさすがに描かれていました。
あやつり人形は嫌だ、ということ。
優れた大将というのは、優れた人材を惹きつけるオーラと、あやつり人形に徹する懐の大きさを持っており、今までの秀吉はそうであった。しかし・・・

官兵衛が加わった四国征伐は思いっきりショートカット。
戦いを描かないので、官兵衛の軍師ぶりも描かれません。

新しい領地を治めるのに苦労する、長政。
領民の反発より、父に叱られることの方が気になるように見えました。
甘すぎてもだめ、厳しすぎてもだめ、その塩梅が難しいのだ、と職隆や官兵衛から諭されて、猛反省。
この反省が長持ちするのかどうか、「竹を割ったような性格」が利用されないかどうか、気になるところです。

官兵衛と長政の間に立ってクッション役を果たしてきた職隆が、安らかにお亡くなりになりました。
官兵衛が幽閉されていた間だけでなく、前線に出ている時に館を守り続けた職隆。
彼がいなければ、黒田家は滅んでいたかもしれません。
骨肉相食むのが習いの戦国の世で、官兵衛は良き父に恵まれたと言えるでしょう。

合掌。

次回は道糞改め、道薫が再び何かしでかすようです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年7月のまとめ~夏クールドラマの中間報告 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第23話「手と手をつないで」 »

△大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #32「さらば、父よ!」:

» 『軍師官兵衛』第32回「さらば、父よ!」★職隆(柴田恭兵)、最高の逝き方 [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第32回「さらば、父よ!」 <天正12年3月。徳川家康と織田信雄の連合軍は秀吉と激突。小牧長久手の戦いである。> 小一郎「兄者。官兵衛がいない時にこのような大戦よいのか?」 秀吉「官兵衛には幾度となく書状を出した。その度に『今は動くな。考え直せ」の一点張りじゃ。』」 三成「家康をたたくなら今でございます。官兵衛様に頼らずとも我らはこの大軍。負ける訳がありませぬ!」 側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛(岡田准一)は逆に取り込むよう進... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第三十二回 [レベル999のgoo部屋]
『さらば、父よ!』 「“さらば、父よ!”胸に響く最後の教え」 内容 勝家を破り、着々と織田家を手中にしていく秀吉(竹中直人) そんななか信雄(小堺翔太)が家康(寺尾聰)を頼ったことで、 秀吉は、家康との戦を決断。小牧・長久手で戦うことになるのだった。 備中...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第三十二話「さらば、父よ!」 [事務職員へのこの1冊]
第三十一話「天下人への道」はこちら。 前回の視聴率は18.2%と的中。あの兵庫県 [続きを読む]

» 【 軍師官兵衛 】第32回 「さらば、父よ!」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
秀吉(竹中直人)は、官兵衛(岡田准一)の忠告を無視し、小牧・長久手の戦い で家康(寺尾聰)に手痛い敗北を喫する。 側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛は逆に取り込む よう進言、激しく対立する。 一方、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移すが、留守を任された長政 (松坂桃李)の厳しさに領民が反発、騒動が勃発する。 祖父・職隆(柴田恭兵)は領主として...... [続きを読む]

« 2014年7月のまとめ~夏クールドラマの中間報告 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第23話「手と手をつないで」 »

作品一覧