2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« るろうに剣心 京都大火編:映画 | トップページ | 軍師官兵衛 #32「さらば、父よ!」 »

2014年8月10日 (日)

2014年7月のまとめ~夏クールドラマの中間報告

今クール、レギュラーで感想を書いているのは日曜9時「おやじの背中」、火曜9時「あすなろ三三七拍子」、金曜10時「「家族狩り」の3本です。
本当はもう1本書きたかったのですが、今年の夏は例年になくイベントが多く、その上風邪もひいちゃったりしたので、あきらめました。

クール外では「仮面ライダー鎧武」「烈車戦隊トッキュウジャー」「軍師官兵衛」の3本です。
.

※上記の各感想には左のカテゴリーからアクセスできます。

初回を見た内、リタイアしたのは「GTO 2」「同級生~人は三度恋をする」と「金田一少年の事件簿(neo)」です。
「GTO 2」は苛めを見るのが辛くて。こういうのは、苛めという点だけですが「家族狩り」だけで十分かな、と。
「同級生~人は三度恋をする」、このジャンルが苦手なことを再認識してしまいました。
「金田一少年の事件簿(neo)」は、感想は書かない、と決めてから、気が抜けたのか、録画を溜めてしまいした。このままファイドアウトすることにします。

「ペテロの葬列」「ゼロの真実」は初回の録画をミスってしまいました(汗)
最近、興味あるドキュメンタリーも見逃し気味で、終わった後で気がついて、がっくり、なんてことが多いです。
.

以下、毎回視聴しているけれども、感想を書いていないドラマについて簡単に。

「HERO 2」
違う事件を同時進行させていることが裏目に出た話があるかなぁ、と、思いつつも、嫌な気分になることがないので、まったりと見ています。

「東京スカーレット~警視庁NS係」
2話での杏の「誰も死ななくってよかった」という言葉は良かったです。
生瀬さんは、今までTVドラマで演じたどのキャラより格好いいかも。矢部謙三をごっつうおっとこ前にした感じ?(笑)
でも、ドラマの方はストーリー、編集を含めて、何かとツメが甘い気がします。もったいない。

「ST 赤と白の捜査ファイル」
原作未読、SP未見です。
レギュラー感想は書き損ねましたが、今期の刑事モノの中では一番好みです。
キャラは立っているし、推理そのものも面白い。
特に赤城と百合根のコンビには萌えますです(^^;;

「若者たち 2014」
最初はひきましたが、今はそのブレなさに清々しさを感じつつあります。こういうドラマもあって欲しいとすら思えてきました。
オープニング等の映像のリメイクはともかく、あの歌が流れなければ、もっと普通に見れるのですが・・・
ともかく、何と言われようと、このまま突っ走って欲しいです。

「信長のシェフ 2」
原作未読です。
比叡山延暦寺焼き討ちの異説、説得力がありました。縛りだらけの大河では描けないでしょう。
ストーリーはもちろんですが、キャストの皆さんが、戦国時代の有名キャラを演じるのを楽しんでおられるように見えるのが、楽しいです。

「吉原裏同心」
原作未読です。
二人が吉原に落ち着いてから良い感じになってきて、まったりと見れるようになりました。
小出さんの生一本な若々しさが好もしく、貫地谷さんの佇まいは、さすがです。
殺陣は・・・映像に凝ったりするところを含めて「陽炎の辻」を思い出しました。この枠の個性なのね(汗)
第4話「年季明け」のラスト、高橋由美子さん演じられた、ちょっとどじっ子な遊女、おかんが大門をくぐった時の、晴れ晴れとした表情が忘れられません。

「水球ヤンキース」
期待以上にベタな夏の青春ドラマになっていて、嬉しいです。
やっぱり夏はこういうドラマが一本はないと!

番外編として「花子とアン」
アンシリーズ及び関係資料は概読です。

伝記モノとして見ることはとうにやめました。今の感覚で当時を描いていることにも慣れ、パラレルなドラマとして見ています。
それでも良くも悪くも、悪くも悪くも・・・突っ込みどころが多すぎて、忙しいです(^^;;
醍醐さんは便利に使われすぎて、お気の毒。
蓮子さんの騒動は途中から時代劇として見ることにしたので、卓袱台をひっくり返さずにすみました(汗)
宮本のキャラにもう少し説得力があったらなぁ・・・。
何かと作り物めいているドラマの中で、黒木さんの存在感が増してきました。蓮子とかよ、二人きりのシーンは異種格闘技戦みたいで面白かったです。

震災・・・お店に呼ばれた音楽家たちのその後が気になります。
次週(8月11日〜)は、花子自身が辛いことになるのでしょう。うーん・・・

.

.

2014年夏のドラマ:視聴予定 
2014年夏クールドラマ 初回の感想その1 「家族狩り」「GTO 2」「若者たち 2014」 
2014年夏クールドラマ 初回の感想その2 「信長のシェフ 2」「同級生~人は三度恋をする」「水球ヤンキース」 
2014年夏クールドラマ 初回の感想その3 「HERO 2」「東京スカーレット~警視庁NS係」l
2014年夏クールドラマ 初回の感想その4 「ST 赤と白の捜査ファイル」「金田一少年の事件簿(neo)」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« るろうに剣心 京都大火編:映画 | トップページ | 軍師官兵衛 #32「さらば、父よ!」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年7月のまとめ~夏クールドラマの中間報告:

« るろうに剣心 京都大火編:映画 | トップページ | 軍師官兵衛 #32「さらば、父よ!」 »

作品一覧