2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 家族狩り #02 | トップページ | 2014年夏クールドラマ 初回の感想その3 「HERO 2」「東京スカーレット~警視庁NS係」 »

2014年7月17日 (木)

おやじの背中 第一話「圭さんと瞳子さん」 メモ感想

公式サイト

脚本:岡田惠和/演出:山室大輔/プロデューサー:八木康夫
出演:田村正和、松 たか子、バカリズム、キムラ緑子、角野卓造、渡辺 大

東京郊外にある古いが手入れの行き届いた一軒家。
ここで 樋口圭太郎 (田村正和) は娘の 瞳子 (松たか子) と二人で暮らしている。(公式サイトより)

豪華な組み合わせですので、記録としてメモることにしました。

第一話、かなり突っ込んでいます。ご注意くださいませ。
.
.
.

.

母を早くに亡くした娘を真綿でくるむようにして守り育てた父親。
一見おだやかな時を過ごしているようですが、娘は、目の前で母が事故に合うのを見て以来、PTSDによる過呼吸、という症状を抱えていた。
その娘が、幸せを掴むまで。

単純な「花嫁の父」モノにしなかったのが裏目に出たように感じました。
岡田さんならばこその軽快感と切なさがあまり感じられなかったのです。
一時間なのだから、もっと淡々としたストーリーの方が良かったのでは、とか、父娘の意地の張り合いやすれ違いだけでも十分面白かったかも、とか、もやもやしてしまいました。

演出も短編向きではなかった気がします。画や空気感が散漫な気がしてしまって。
そう感じた原因の一つに、PTSDのシーンが重くて長すぎたことがあります。ここがクライマックス、「親父の背中」の見せ所だと解釈されたのでしょう。
確かにそうではあるのでしょうけれども、シリアスすぎて、このシーンの後の笑えるシーンに、安心して笑えなくなってしまいました。

山場の終わりに、一瞬の古畑のセルフパロディがありました。自分的には一番印象に残ったシーンです。ネタとしてではなく、ドラマの流れとしてです。
ダンディーな父が、娘を救うために、娘には決して見せられない情けない状況に陥ってしまった。
それでもなお、必死で娘を笑わせてから、トイレに駆け込む時の背中こそが「親父の背中」のように思ったからです。

あと、田村さんが現役すぎたのと、松さんの、「小さいおうち」で見せてくれた、大人しげな表情の内に潜む情念が生々しく、父娘に見えにくかったです。
二人のエッセエンスを引き出すベクトルが微妙に違うように感じました。
田村さん、男の色気を放ち続けているのがさすがでした。松さんもすごい女優さんです。
この二人なら、ラブストーリーの方がはまったのではないでしょうか。例えばオードリーとクーパーの「昼下りの情事」のような。
でもそれだと「親父の背中」ではなくなっちゃいますな(大汗)

と、まあ色々と突っ込みましたが、二度と見られぬかもしれない顔合わせでの、巣立つ娘を思う父の気持ちを描いていて、楽しませていただきました。

次回も楽しみです。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 家族狩り #02 | トップページ | 2014年夏クールドラマ 初回の感想その3 「HERO 2」「東京スカーレット~警視庁NS係」 »

#ドラマ:2014年第3クール」カテゴリの記事

□おやじの背中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59998646

この記事へのトラックバック一覧です: おやじの背中 第一話「圭さんと瞳子さん」 メモ感想:

» おやじの背中 第一話 [レベル999のgoo部屋]
『圭さんと瞳子さん』 内容 朝から、弁当と朝食を作る樋口瞳子(松たか子)。 それを手伝う父・圭太郎(田村正和) そして。。。。「いただきます」 テレビを観ながら、2人は、いつものように、何気ない会話をする。 「行ってきます」 「いってらっしゃい」 小さな出...... [続きを読む]

« 家族狩り #02 | トップページ | 2014年夏クールドラマ 初回の感想その3 「HERO 2」「東京スカーレット~警視庁NS係」 »

作品一覧