2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 家族狩り #03 | トップページ | 2014年夏クールドラマ 初回の感想その4 「ST 赤と白の捜査ファイル」「金田一少年の事件簿(neo)」 »

2014年7月24日 (木)

身辺雑記:大船鉾

祇園祭りは、ウン十年間、ほとんど毎年、なんだかんだと仕事の片手間に眺めております。
鉾を保存している地区に住んでいるわけでもないため、まあ、観光の目玉だねー、程度にしか思っていなかったのですけれども、150年ぶりに復活した大船鉾には、思わず目を奪われました。
美術的な価値はよくわからないのですが(汗)、他の、直線を基本にしたフォルムの鉾とは違って、新鮮。
150年間、装飾品を霧散させず、ずっと保管していたことにも、感動です。

49年ぶりに復活という後祭も、巡行する鉾や山が少なく、屋台が出ない、ということもあるのでしょうけれども、17日の前祭よりしみじみと静かで、違った味わいがありました。
数が少ない分、一つ一つの鉾や山をじっくり見れるかもしれません。

1  2

片手間に撮ったので、あんまりいい写真じゃなくて、ごめんなさい(^^;;;
鯉山も撮ったのですが、小さすぎました。

以前のは、蛤御門の変で焼けたのね。
ということは、新選組や長州、会津、薩摩・・・彼らは焼ける直前の大船鉾を見てたってこと。
政変の真っ只中、見物どころじゃなかったでしょうけれども。
第一、彼らのせいで焼けちゃったんだからねぇ。
・・・前年くらいまでは、見物する余裕はあったのかなぁ、とふと、思ってしまいました。

そうそう、明治初期の警視庁の名簿に「斎藤一」が記載されていたとか。

http://www.asahi.com/articles/ASG7Q4G96G7QPTFC00K.html

新聞の「スパイ活動を担当か」という見出しがファンタスティックでした(^^;;

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 家族狩り #03 | トップページ | 2014年夏クールドラマ 初回の感想その4 「ST 赤と白の捜査ファイル」「金田一少年の事件簿(neo)」 »

@身辺雑記」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身辺雑記:大船鉾:

« 家族狩り #03 | トップページ | 2014年夏クールドラマ 初回の感想その4 「ST 赤と白の捜査ファイル」「金田一少年の事件簿(neo)」 »

作品一覧