2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 身辺雑記:電気スタンド | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第21話「花嫁は逃走中」 »

2014年7月22日 (火)

軍師官兵衛 #29「天下の秘策」

公式サイト

秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)は真っ先に京に戻り謀反人・光秀(春風亭小朝)を討つ策を巡らす。そのために信長の死を隠したまま、目前の敵・毛利との和睦を進める。一方の光秀も、新たな天下人として地位固めに躍起になる。大混乱の中、家康(寺尾聰)やおね(黒木瞳)は命からがら逃亡を続ける。遂に和睦成立、京に反転を始めようとしたその時、秘密が毛利方に漏れる。そこで官兵衛が打った手とは…。(YAHHO!テレビより)

日曜日はレギュラー感想を書いている番組が多いので、週末、TVを見れなかったらドンドン溜まってしまいした。
なので、時間的な理由により、簡単メモにします。

今後、朝鮮出兵、秀吉の死、関ヶ原といくつか山場はあるだろうけれども、一番スカッとするクライマックスはここら辺でしょう。
光秀にとっては悲劇ですけれども。

毛利とぎりぎりの駆け引きしつつ補給路の確保をする黒官兵衛。補給路は大事ですものね。
そして、自分の命と引き換えに家来たち、城に住む人々の命を救った清水宗治。力の駆け引きに使われていることを承知の上での身の処し方の見事さ。
合掌。

などなど、戦国時代らしかったです(大汗)
ともかく、ようやく官兵衛がメインでの、面白い回を見ることができました。
今回ばかりは、秀吉も脇でしたから。

一方、安土城に乗り込んで、信長を思い起こさせれるモノを全て破棄しようとする光秀。
待ち望んでいた勅命を受けることもできました。
でも、そんなのはこのカオスな時代には、紙切れにしか過ぎない。
そのことを一番早くから知っていたのが信長で、今や盟友、細川忠興ですら信用していないのが、哀れな光秀。

光秀からの密書を受け取って、たばかられたかと激怒する隆景を、腹を割って真実を話すことで納得させる官兵衛。
この大河らしい描き方でした。
官兵衛が真っ向談判をしたことで、隆景もまた、宗治の義を重んじ、自国の利を守る選択を下す、どうどうとした大国の武将らしく描かれていました。

そうそう、隆景が秀吉たちを追わぬ決心する時に、「天下を狙ってはならない」というのが毛利家の家訓である、とすらっと言っていました。
この時代に詳しい人なら基本的知識なのでしょうが、あれ、そうなの?と思った人もいるのでは。
この言葉が出たのはこの大河ではここだけだったのでは?
つまり、毛利にとっては織田勢との戦いは防衛戦だった、というニュアンスを描いてはいなかったように思います。わざとなのでしょうか。
まあ、それは石山本願寺を含む他の勢力の多くも同じだったので、いまさらな突っ込みではあります。
天下取りより既得権益を守ることに精一杯だった勢力がほとんどだったからこそ、信長の奇妙さが際立つのだろうなぁ、と改めて思った次第です。

ともかくも、今しばらくは官兵衛の活躍が描かれそうで、楽しみです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 身辺雑記:電気スタンド | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第21話「花嫁は逃走中」 »

□大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/60025818

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #29「天下の秘策」:

» 軍師官兵衛 第二十九回 [レベル999のgoo部屋]
『天下の秘策』 内容 信長(江口洋介)の訃報を知った官兵衛(岡田准一)は、 そのことを秀吉(竹中直人)に伝えるとともに、 運が開けたと。。。光秀(春風亭小朝)討伐を、誰よりも早くなすべきと進言。 そしてすぐ官兵衛は、毛利との和睦交渉に挑むのだった。 深夜に...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第二十九話「天下の秘策」 [事務職員へのこの1冊]
第二十八話「本能寺の変」はこちら。 前回の視聴率は17.5%と、番宣バシバシだっ [続きを読む]

» 【 軍師官兵衛 】第29回 「天下の秘策」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
秀吉(竹中直人)の天下取りのため、官兵衛(岡田准一)は真っ先に京に戻り謀反人 ・光秀(春風亭小朝)を討つ策を巡らす。 そのために信長の死を隠したまま、目前の敵・毛利との和睦を進める。 一方の光秀も、新たな天下人として地位固めに躍起になる。 大混乱の中、家康(寺尾聰)やおね(黒木瞳)は命からがら逃亡を続ける。 遂に和睦成立、京に反転を始めようとしたその時、秘密が毛利方に漏れる。 ...... [続きを読む]

» 『軍師官兵衛』第29回「天下の秘策」★岡田准一の佇まいが凄い [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第29回「天下の秘策」 官兵衛(岡田准一)が恵瓊(山路和弘)に「秀吉様が天下に名乗りを上げる好機が訪れたのでございます。織田信長公が亡くなられました。明智光秀の謀反でござる!」 官兵衛が毛利方に”本能寺の変”をバラしちゃうサプライズには恵瓊が驚いて「されど何故それを? 断じて我らに知られてはならぬ事。」 官兵衛「恵瓊殿であればお分かり頂けるはず。それがしの一世一代の賭けにございます!」 恵瓊ノリノリで「その賭けわしも乗った!我ら2人で天下を動かす。これ以上に面白... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第29回感想と視聴率「天下の秘策」 [ショコラの日記帳・別館]
「天下の秘策」 第29回の関東の視聴率は、今までの最高だった初回の18.9%を遂 [続きを読む]

« 身辺雑記:電気スタンド | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第21話「花嫁は逃走中」 »

作品一覧