2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 軍師官兵衛 #26「長政初陣」 | トップページ | 仮面ライダー鎧武 #35「ミッチの箱舟」 »

2014年7月 1日 (火)

烈車戦隊トッキュウジャー 第18話「君の名を呼べば」

公式サイト


ヒカリは、元シャドーのザラムがトッキュウ6号になることに反対。今は改心していてもシャドーに戻る可能性はゼロではない。一方、ライトは、“ザラム”という名前まで捨てた彼は絶対にシャドーに戻らないと信じている。ライトとヒカリはトッキュウ6号を巡って対立。カグラたちは、ライトに賛成しながらも元シャドーだということが気になっていた。 (公式サイトより)

今までで一番面白かったかもしれない。

まず、リングシャドーの力。
名前を呼ばれると頭が痛くなって、その苦痛から闇を生み出す、というのがシャドーらしくて良かったです。
かつ6番目のトッキュウジャー誕生の話がうまく絡んでしました。

シャドーの名前を捨てたザラムは、リングシャドーに操られなかった。 (公式サイトより)

ところがゼットが登場。
闇の王らしい力を発揮、ゼットによって呼び出された、ザラムの中にあるまだ捨て切れていないシャドーの闇によって、シャドーに戻ってしまうと、名前に反応してしまう。
そしてザラムを救おうとしたライトに金輪がはまってしまう。
ヒカリは、シャドーに戻ってしまったザラムを見て、やはり信用できない、と疑いを深める。
しかし、ライトの、ザラムへの信頼は、ゼットたちによって連れ去らようとも、揺らがない。
そんなライトの姿を見て、ヒカリは、ザラムを信じてみる気になり、レインボーパスを渡します。
で、ザラムはと言うと、俺の死に場所、なんていう初登場の時のままの妙なテンションながら、がっつり戦う気満々。
このオトボケっぷりに、ヒカリをはじめトッキュウジャーたちも思わずこけそうに。(笑)

しかし、一旦シャドーの時の記憶が戻ってしまったザラム。
名前を呼ばれると苦しみだし、再びシャドーの姿に戻りそうに・・・
そこでライトが彼に新しい名前をつけます。

「虹野明。」

あまりに昭和すぎて、思わず椅子からずり落ちそうになりました(大笑)
ともかく、シャドーの名から解放されたザラム・・・もとい、虹野明は無事トッキュウ6号に変身。
ついつい武器を放り出して格闘技系で戦う癖を出しつつも、リングシャドーを倒すのでした。

ゼットが、キラキラにうつつをぬかすだけのアホぼんではないことも描かれていました。
シャドー幹部たちを遥かにしのぐ力を持っているのはもちろん、シュバルツが何かこそこそやっていることにも気がついていました。
ザラムに興味を持ったのは、シャドーであるザラムがそんなキラキラを見つけたのかを知りたかったから。
ザラムのキラキラは虹だった。
しかし、虹を我が物にしようとして、はねつけられます。
虹は手に入れるものじゃなないですからねえ。
すねて帰ってしまうゼット。

虹をめぐって、ゼットと明の攻防は続く・・・かも。

ライトもライトらしいシャラっとした方法で金輪から逃れました。

なんと、がっつりとできたお話でしょう。
もちろん、がっつりしたお話は今までにもあったのですが、思わず突っ込まずにはおれない虹野明というキャラが弾けていて、すごくテンポ良く感じました。
30分を隙間なく楽しませてくれる、戦隊らしい躍動感に溢れていました。

思えば、去年の戦隊も、6番目の戦士登場からぐいぐいと面白くなりました。

今年も、明のキャラは、他のメンバーを食うのではなく、キャラを引き立たせる存在となるのではないでしょうか。
また、彼の登場で、トキュウジャーだけでなく、ゼットの存在感も増しました。
思い込みは激しいけれども素直な天然ボケ、明の投入によって、お笑いの幅も広がったと思います。

今までボケ役だったライトが突っ込みにまわったり、第三者的スタンスをとっていたヒカリがやむを得ず(笑)、突っ込みに参加したり、トカッチのつぶやき突っ込みが冴えてきたりと、どういう組み合わせでも面白くなりそう。

ライトたちの失われた記憶と、新烈車登場の話を繰り返していた今までよりは、お話に幅を持たすこともできるでしょう。

もちろん、企画の段階で彼の登場は決まっていたのでしょうけれども、すごくうまくハマリました。
シャドーに戻ると雨が降るっていうのも、面白いアイデアですわー。

で、失われた記憶ですが。

ライトが、本名を覚えていない、と言った時は、一瞬本当かな、と思ってしまいました。
うまいトラップです。

気になったのは、ライトが勝手につけたとはいえ、明には苗字があるのに、ライトたちにはないということ。
戦隊メンバーには苗字がないことが多いから、全くスルーしていましたが、ザラムが「虹野明」となって、初めて気がつかされたのです。
今後、記憶に関係して引っ張るかどうかは、わかりませんけれども。
まあ、名づけたライト、喜ぶザラムのセンスは問うまい(笑)

そうそう、お話が濃かったので忘れていました。
車掌さん、一人二役を認めちゃった?!

しばらくは明が真ん中になる話が続くのかな?
最近は少々だらけ気味に見ていたのですれども(汗)、ワクワクが戻ってきました(^^

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル #07 #08 #09 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 軍師官兵衛 #26「長政初陣」 | トップページ | 仮面ライダー鎧武 #35「ミッチの箱舟」 »

△特撮:烈車戦隊トッキュウジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烈車戦隊トッキュウジャー 第18話「君の名を呼べば」:

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第18駅 [レベル999のgoo部屋]
「君の名を呼べば」 内容 元シャドーのザラム(長濱慎)が6号になることに反対するヒカリ(横浜流星) ライト(志尊淳)は、名前も捨て。。。裏切るヤツじゃ無いと言うが。。。 そんななか、烈車は、シャドーに乗っ取られた駅に到着する。 リングシャドーのリングによ...... [続きを読む]

» [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]ドリルだけに、てっきり中島かずき脚本かと(ネェヨ) [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 あーでも、今度の映画だと宇宙に行くらしいし、むしろこっちが彼に近づいてる気が…。 ん?という事は、将来的にカグラさんが喧嘩部の極制服着たり、ミオさんが神衣・鮮血纏ったり、6号のTKBが光ったりも(アリマセン)。 そして最終回は、敵も味方も全裸で大笑いの... [続きを読む]

» 烈車戦隊トッキュウジャー 第18駅「君の名を呼べば」 [MAGI☆の日記]
烈車戦隊トッキュウジャーの第18話を見ました。 第18駅 君の名を呼べば 元シャドーのザラムがトッキュウ6号になることに反対のヒカリと、ザラムは絶対にシャドーに戻らないと信じるライトは対立してしまう。 「今は改心してても、シャドーに戻る確率は0じゃない」 「戻らないって。ほら、雨も止んでたし。アイツはシャドーを捨てたんだ。ザラムって名前までな」 そんな中、烈...... [続きを読む]

» 今日のトッキュウジャー 第18駅 [地下室で手記]
「君の名を呼べば」 ザラムがトッキュウ6号に変身したものの、アプリチェンジャーを返したという事で、チケットくんはシャドーがトッキュウ6号にならなくて良かったと。 車掌さんは強かったしザラムで良かったんじゃないかと1人で2つの意見というか自問自答。 ライトは車掌さんの意見に、ヒカリはチケットくんの意見に賛成という事で、割れます。 ライトはザラムを信じ切っていて、ザラムは...... [続きを読む]

» トッキュウジャー「君の名を呼べば」 [blog mr]
 おぉ、ゼットがかっこいい。圧倒的な強さ。やっぱ敵役はこうでなくっちゃね。  今回のリングシャドウのやり方は寒気がする。名前を呼ぶ権利が奪われてるわけだ。こういう感じ方をする人はそんなにいないのかもしれないけど、シャレにならないと言うか。被害者たちが苦しんで倒れてるのではなくて、一応、日常生活を送れてるところが逆に怖いってところなのかな。  でも、その痛みはライトには我慢できてしまうというw  そのライト、ザラムのことをヒカリに言われて、珍しく怒っている。  割って入るミオ。さすが委員長。 ... [続きを読む]

« 軍師官兵衛 #26「長政初陣」 | トップページ | 仮面ライダー鎧武 #35「ミッチの箱舟」 »

作品一覧