2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 身辺雑記:大船鉾 | トップページ | おやじの背中(メモ感想) 第二話「ウエディング・マッチ」 »

2014年7月24日 (木)

2014年夏クールドラマ 初回の感想その4 「ST 赤と白の捜査ファイル」「金田一少年の事件簿(neo)」

「ST 赤と白の捜査ファイル」

原作未読、SPも見ていません。

もう、二週目が放映されてます(汗々)

天才でオレ様でひきこもりの赤城、秩序恐怖症なプロファイラー青山、縛られるのが嫌いで、視覚に秀で分析力も卓越している歩く嘘発見器、結城、犬なみの嗅覚の持ち主で武道の達人だけど、先端恐怖症で人と話せない黒崎、メンバーのフォローをする不眠症の化学者、山吹。
そして一応彼らのチーフ、普通の感覚の持ち主のキャリア、百合根。
それぞれの個性が際立っていました。
特に赤城と、赤城に振り回される百合根のコンビネーション。
オレ様なのに聞き込みが全くダメダメな赤城には大笑いしました。また、そんな赤城に突っ込む百合根のタイミングが良くって、楽しめました。

敵対するのかと思われた池田もどうやらSTの味方になってくれそう?良かった~。

筋が面白くてテンポが良い上に、藤原さん、岡田さん、窪田さん、林さん、いずれも立ち姿がキレッキレな人たちばかりですので、眼福なドラマにもなりそう。
レギュラー感想は出遅れてしまったので未定ですが、視聴はもちろん決定です。

.

「金田一少年の事件簿(neo)」

原作未読、過去のシリーズは見たり見なかったり。

学園探偵物なので気楽に見ようかと思ったのですが、学園の中で連続殺人・・・ああ、そうか、それで過去のシリーズをあんまり見なかったんだ、ということを思い出しました。
監督が巨匠の息子とは言え、20代の、訓練を受けた若者が高校生の映画のオーディションに未来をかけるのかあ?・・・まあ、これは学園探偵物なのでOKとして。
死体を引きずった時に絶対についたはずのラベンダーの香りを全く考慮しない謎解きに、ミステリーとしてはどうよ、と、突っ込みまくってしまいました。
と、いうことで、無粋な突っ込みばかりしそうなので、沈黙しますです(汗)

.

.

2014年夏のドラマ:視聴予定 
2014年夏クールドラマ 初回の感想その1 「家族狩り」「GTO 2」「若者たち 2014」 
2014年夏クールドラマ 初回の感想その2 「信長のシェフ 2」「同級生~人は三度恋をする」「水球ヤンキース」 
2014年夏クールドラマ 初回の感想その3 「HERO 2」「東京スカーレット~警視庁NS係」l

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 身辺雑記:大船鉾 | トップページ | おやじの背中(メモ感想) 第二話「ウエディング・マッチ」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 身辺雑記:大船鉾 | トップページ | おやじの背中(メモ感想) 第二話「ウエディング・マッチ」 »

作品一覧