2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年2月の読書 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第17話「雨上がりの空に」 »

2014年6月23日 (月)

軍師官兵衛 #25「栄華の極み」

公式サイト

毛利との決戦を前に秀吉(竹中直人)の命で、官兵衛(岡田准一)は織田家の出世頭となった光秀(春風亭小朝)と会う。光秀からは軍師になれと誘われるが断る。朝廷は光秀に接近を図り、力を増す信長(江口洋介)を抑えようとするが、その権勢は絶頂を極めつつあり、毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は、織田との戦いに決死の覚悟を固める。そしてついに官兵衛の嫡男・松寿丸は元服、長政(松坂桃李)と名乗り、戦いに加わる。(YAHHO!テレビより)

短く書きます。

冒頭で子役さんが演じた松寿丸が、ラスト、天正10年で元服して長政に。
いったい何年経っているんだろう。前回三木城が落城しているから、2年以上はたっていないはず。
で、その間に光のご懐妊が入っていて。
時間的平衡感覚がぐらっとしました。
・・・この時代は早くに元服しただろうし、子役からのチェンジ時期に突っ込むのは無粋だとは知りつつ、つい。

あと、どうしても、名の知れた軍師、というのがピンときません。
戦や城攻めはいくつかありましたが、軍師としてのキレ者ぶりが印象に残っていないのです。
小さな戦であっても、官兵衛の軍師をしての才能を表すエピがあれば、と思わざるをえません。
ドラマそのものは、好みはともかく、絵巻風戦国ドラマとして安定はしているので。

さて、官位を受けようとしない信長を快く思わない朝廷、官位などに全く興味のない信長。
そして両者の調停に苦労する光秀、信長は高転びに転ぶと予想する宇喜多直家と、物語は本能寺の変に向かって動いております。

クライマックスは再来週みたいです。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年2月の読書 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第17話「雨上がりの空に」 »

□大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59863859

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #25「栄華の極み」:

» 軍師官兵衛 第二十五回 [レベル999のgoo部屋]
「栄華の極み」 内容 官兵衛(岡田准一)により、生まれ変わった姫路城において、 毛利攻めの軍議が行われていた。 秀吉(竹中直人)に意見を求められた官兵衛は、山陰より攻めるが上策と告げる。 それには、光秀(春風亭小朝)の協力が必要だと。 話を聞いた秀吉は、...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第二十五話「栄華の極み」 [事務職員へのこの1冊]
第二十四話「帰ってきた軍師」はこちら。 前回の視聴率は17.5%と予想以上にアッ [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第25回感想と視聴率「栄華の極み」 [ショコラの日記帳・別館]
「栄華の極み」 第25回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がってしまい、1 [続きを読む]

« 2014年2月の読書 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第17話「雨上がりの空に」 »

作品一覧