2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武 #34「王の力と王妃復活」 | トップページ | 新解釈・日本史 第九話 最終話「水戸黄門漫遊記の真実とは?」 »

2014年6月24日 (火)

続・最後から二番目の恋 #10

公式サイト

千明(小泉今日子)は、人間ドックに行くよう、APの三井さん(久保田磨希)に詰め寄られる。会社から人間ドックを受けるよう命じられていた千明は、三井さんから何度も念押しされていたにもかかわらず、多忙を理由にいまだに行っていなかった。が、人間ドックに行ってほしいというのがスタッフ全員の総意だ、と万理子(内田有紀)たちからも言われた千明は、しぶしぶ了承し、早速明日、病院に行くことになる。(公式サイトより)

またまた遅れてしまったので、ショートバージョンで書き留めておきます。
・・・と言っても、やっぱり結構長いです(汗)

※文中のセリフはすべて概略です。
.

毎年きちんと検査をしている和平と、人間ドックを前に、にわかに体を鍛え始める千明は、朝からいつものようにバトル。
で、検査病院は一緒でした(笑)

千明が検査を受けたくないのは、自分の状況を知りたくないから。
どこかが悪い、と指摘され、働けなることが怖い。

怖いのはわかるけれども、ほっとくとお金がかかるですよ。早期発見の方が安上がりです。

検査後の問診で、全く異常なしと告げられた千明は、三井さんたちに勝利宣言。

二人は体に毒なものを食べに行きます。

和平はすべての数値が悪くなって、このままだとメタボになると言われて、がっくりしていました。
毎年しっかり検診を受けているのは、真平のこともあるし、自分が家族を守らねばならなかったため、という言葉が沁みた千明。
私より、あなたの方がストレスが多そう、と心配し、和平と鎌倉のことを褒め上げて、和平を元気づけようとします。
自分が調子がいいのは、鎌倉に引っ越してきたから。東京にいた時は完全に孤独だったけれども、今は長倉家がいる。
「鎌倉と長倉のおかげ。」
そして、和平が全てを受け止めすぎだと。
思わず薫子とのこと、市長のことを話す和平。
それぞれを可愛い人だと言いつつ、あなたが心配することはない、と、千明。

決して人の悪口を言わない千明。だから和平のような優しい人は、打ち明けやすいのでしょう。
ま、薫子のことは「無茶なことを言っているのは向こうの方」とは言っていましたが。でも、これは本当のことですからねえ。

人のことばかりを心配する和平。

「もっと自分を大切にしなさい。そして長生きしてください。」

来年の人間ドックに誘う和平(笑)
.

若くない二人にとっては、最大の関心事、「健康」を巡って。
今回はこれまでの分を取り戻すかのように、二人のシーンが多かったです。

「もう、恋はしないなんて、もったいない。若くて素敵なんだから、恋をすることを諦めないで欲しい。ちゃんと人生を楽しんで欲しい。
本当に友情を抱いている人とは、その関係を大切にしたいから、そういう関係にはなれない。」

改めて薫子に友人として、助言する和平。ほんと、真面目な人です。
そんな和平に惹かれている薫子。

「好きになりそう。」

好きだから、無茶を言ったのだと思う。
でも、自分のそういう気持ちに気がついていなかったのでしょう。

和平の答えはきっぱりとしたものでした。

「その時は、きちんと失恋していただきます。
恋愛になれない友だち。友だちはずっと友だちです。」

思わず涙する薫子・・・はどうでも良くって(大汗)、今のところ「友だち」である千明とはどうなのかがとっても気になります。
若くてピチピチな女性より、ちょっとたるんだきれいなババァが好き、という昼キャバでの発言も気になるし。

千明の方も、出版社に勤める啓子が急に名古屋への出向が決まるという、変化が起こりました。
名古屋なんて近いじゃない、と慰める二人でしたが、

「東京は、遠いとか、近いとかじゃない。
いるか、いないか。」

出向を命じられた時に、辞めます、と、のどまで出かかったけれども。

「辞めたら、行くとこない。」

という啓子の言葉に号泣。

面白くて切ないシーンでした。
そう、もう若くないし。行くところがないよね(泣)

まさか女子会メンバーに泣かされることがあるとは・・・

啓子の移動が千明の心情になんらかの影響をもたらすのかどうか。気になります。

さて、千明たちが製作するドラマは、決まっていたロケ地がNGとなり、急遽、鎌倉、そして千明の自宅が候補にあがりました。
早速、鎌倉市役所観光推進課に許可をもらいに出向く千明。
もちろん和平たちはOK。後は台本を読んでから決めたい、という市長の判断待ち。

市長は、台本を読んで感涙してくれ、二つの条件を飲むことで、OKを出してくれました。
一つは、ハッピーエンドにすること。結末を視聴者に委ねるような曖昧な終わり方はしないで欲しい。

「私は委ねられたくない」(大笑)

もう一つは、どうやら作品に出演することのようです。

話がトントンと決まり、早速宿探ししなけれなば、と千明。
撮影中は住めないから。

「うちにいらっしゃったらどうですか?」

さらっと和平。

「じゃあ、一緒に暮らしましょうよ。」

ドキっとする千明。
和平が市役所に戻った後、思わず独り言。

「一番言われたかったセリフだけど、意味、違うしな。」

でも、和平に言われて、ドキっとしたんだ。
ということは、全くの友人だとは割り切ってはいないってことですよね?

そして長倉家の食卓。
なぜ、和平の亡き妻が桜貝を集めていたか、理由が明かされました。
典子だけが聞いていたのです。でも、典子は隠すつもりはなく、みんなが知っていたと思っていたらしい。

それは10年前。真平の店を作っている時のこと。

私は何にもしてあげれない。せめて、飾りつけをして、真平にプレゼントしたい。

そのための、桜貝だったのです。
作られることなく、なぜ集めていたかも知られぬまま、和平によって集められ続けた桜貝。

一瞬沈黙する家族たち。
この時、みんなの脳裏に、亡くなった人の姿が、声が、所作が浮かんだのでしょう。
和平と同じように真平のことを心配していた人。
そして集め続けた和平の気持ち。

それならば。
桜貝で飾り付けを始める一同。
穏やかで、少し寂しげな微笑を浮かべて見守る千明。
長倉家の思い出で盛り上がっていた時も、同じような表情をしていました。
そのうち、和平に即されて手伝います・・・
.

いよいよ最終回。

「二人が出した結論は?」

今回、気になるセリフが一杯あって、全くわかりません。
やはり、今までの通り、良いお隣さんのままで終わるのか。
結婚には至らなくても、一歩進んだ関係になるのか。

個人的には、結婚という結論を出して欲しいのですが、さて、どうなるのでしょう。

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09

最後から二番目の恋 2012秋

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07 #08 #09 #10 #11

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダー鎧武 #34「王の力と王妃復活」 | トップページ | 新解釈・日本史 第九話 最終話「水戸黄門漫遊記の真実とは?」 »

#ドラマ:2014年第2クール」カテゴリの記事

□続・最後から二番目の恋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59869900

この記事へのトラックバック一覧です: 続・最後から二番目の恋 #10:

» 続・最後から二番目の恋 (第10話・6/19) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系『続・最後から二番目の恋』(公式) 第10話『恋をのぞけば、順調です』の感想。 なお、『第1シリーズ(2012)』と『2012秋』は鑑賞済み、感想の記事あります。 職場スタッフに説き伏せられ、千明(小泉今日子)は渋々、人間ドックで検査を受けることに。万理子(内田有紀)が千明のために予約したのは鎌倉の病院で、その日は偶然、和平(中井貴一)も人間ドックを受診予定...... [続きを読む]

» 続・最後から二番目の恋 第10話 [レベル999のgoo部屋]
「恋をのぞけば、順調です」 内容 ある日、三井(窪田磨希)から、人間ドックに行けと言われる千明(小泉今日子) 多忙をイイワケにして行ってなかった千明。 しかし最終通告だと言われてしまう。 万理子(内田有紀)らも説得し、渋々、千明は行くことを了承するのだっ...... [続きを読む]

» 「続・最後から二番目の恋」 第10話 恋をのぞけば、順調です [トリ猫家族]
 いや〜なんだか和平さんと千明が一緒になる流れが自然とできてる感じじゃないですか〜?タイミングが来てますョ〜 この流れに逆らっちゃダメ!そしたら・・・もっと面白い生活 ... [続きを読む]

« 仮面ライダー鎧武 #34「王の力と王妃復活」 | トップページ | 新解釈・日本史 第九話 最終話「水戸黄門漫遊記の真実とは?」 »

作品一覧