2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« テルマエ・ロマエII :映画 簡単感想 | トップページ | BORDER 第5話「追憶」 »

2014年5月15日 (木)

BORDER 第4話「爆破」 簡単感想

公式サイト

大学の陸上競技場でホームレス男性の刺殺遺体が発見された。見晴らしのいい場所にわざわざ遺体を放置し、これ見よがしに『取扱注意』のシールが貼られているのが犯人の異常性を物語っていた。(第4話公式サイトより)

こちらの感想もすっかり遅れてしまいました。
ですので、4話と5話の感想をまとめて書こうと思ったのですが、5話が出色の出来でしたので、分けることにしました。

まず、4話の感想をごく簡単にメモります。

「取り扱い注意」のシールはブラックで新鮮で、爆弾を探すシーンのテンポも良かったです。

ただ、このドラマは犯人より死者の方に重点を置いているとはいえ、これだけ異常な犯罪を重ねた犯人を、警察官になれなかったから、という単なる勘違い野郎としてささっと片付けちゃったのには、物足りなさを感じました。
死者たちも深く描かれていませんでした。
故郷を告げる死者もいましたが、中途半端に感じました。

と、いくつかの不満も感じたのですけれども、全話を通じてみるべきなのでしょう。
ドロップアプトした死者が何人も出て、彼らの断片的な目撃談のみで捜査をする、といエピソードもあってもいいかな、と。
好意的に見すぎ?(^^;;

犯人のそばに立つ死者のシーンにはぞっとする一方、死んでもなお、情報屋としての役目を果たそうとする気持ちがあわれでした。

ラストの石川と比嘉、立花。
アングルと画面の質が独特で、印象に残りました。

.

.

.

02 03

2014年春クールドラマ 初回の感想その2 「BORDER」「MOZU」「アリスの棘」

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« テルマエ・ロマエII :映画 簡単感想 | トップページ | BORDER 第5話「追憶」 »

#ドラマ:2014年第2クール」カテゴリの記事

□BORDER」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BORDER 第4話「爆破」 簡単感想:

« テルマエ・ロマエII :映画 簡単感想 | トップページ | BORDER 第5話「追憶」 »

作品一覧