2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« BORDER 第6話「苦悩」 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第14話「迷刑事、名探偵」 »

2014年5月26日 (月)

軍師官兵衛 #21「松寿丸の命」

公式サイト

官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な土ろうに閉じ込められてしまう。善助(濱田岳)ら家臣団が有岡城下に潜入、救出の機会をうかがう中、信長(江口洋介)が有岡城を総攻撃するも大敗。官兵衛が村重に策を授けたと思い込んだ信長は、官兵衛の嫡男、松寿丸(若山耀人)を殺すよう秀吉(竹中直人)に命じる。ためらう秀吉に代わり半兵衛(谷原章介)が実行を引き受け、松寿丸を育てるおね(黒木瞳)と対じする。(YAHHO!テレビより)

有岡城内に中々入れない善助たち。
お道も一緒です。
男たちが、官兵衛の生死もわからぬいまま、万策尽きて部屋の中を歩き回っている間に、しっかりと官兵衛が土牢に囚われているという情報を得てきました。

さて、有岡城の、予想外の抵抗に信長はキレてしまって松寿丸の処刑を愛じます。
秀吉は官兵衛を擁護し、黒田家の離反、ひいては播磨のさらなる混乱を恐れて止めようとしますが、半兵衛が嫌な役目を引き受けてその場を収めました。

自ら黒田家に赴いて松寿丸の死を告げる秀吉。
人質に出した時から覚悟はしていた。しかし・・・と次第に激昂する光。

職隆と二人きりになった秀吉は、独り言と称して、官兵衛が裏切っていないことを信じる、と告げた上、黒田家がこのまま織田勢に残るよう説得します。
さすがは秀吉、凄みがあります。播磨が乱れれば、自分の身も危ないのです。

秀吉自ら赴いたのは官兵衛との関係の深さもあったでしょうが、目的は黒田家の離反を食い止めるためでもあった。
孫の死を聞かされてすぐの話に、思わず歯軋りをする職隆。考えさせて欲しい、と即断を避けました。
松寿丸が亡くなり、官兵衛の生死も定かではない今。悲劇ではありますが、縛りがなくなった、とも言えます。
黒田家を存続させるためにはどの道を行くべきか。
跡継ぎのいない黒田家。
しかし、先祖たちの苦労の末ここまで大きくしてきた黒田家を、家臣たちのためも潰すわけにはいかない。

このこの時代の大名の苦悩を描いて、見応えがありました。

緒戦に勝利し、意気の上がる村重たち。
後は毛利の援軍が約束どおり来てくれるのを待つだけ。
変貌していく夫をみつめるだし。

村重から松寿丸の死を聞いて煩悶し、絶望する、幽閉中の官兵衛。
牢番が意地悪な人でなくって不幸中の幸いでした。

すっ飛ばして書きます。
松寿丸は極秘の内に半兵衛に匿われていました。
もう自分の命の長くないことを知っている半兵衛。
いざという時には、すべて自分が背負う覚悟で、秀吉にも内緒で匿ったのでした。
このことを知っているのは、半兵衛とおねだけ。

そのおねからの便りが、職隆の元に届きました。
当たり障りのない文と、扇のみ・・・
しかし、職隆は、
信長に知られること恐れて、文のような証拠になるものは避け、立派に育った松の絵が描かれた扇のて、松寿丸の無事を知らせてくれたのだ、と謎解きをし、喜びます。
最初は半信半疑だった光も、一縷の望みを得て、悲しみから立ち直るのでした。

さて、有岡城では。
毛利が、なんだかんだと理由をつけて援軍をよこすのを引き伸ばすことに、愕然とする村重。
もう、これ以上は城が持たない・・・
九郎右衛門が下働きで潜り込んでました。どうやって潜入したのだろう。

一時は生きる気力を失った官兵衛ですが、だしの必死の手当で何とか持ち直しました。
自分さえ、村重の謀反を止めて欲しいという手紙を書かなければ、官兵衛はこんな目に合わなかった。
夫に見つかれば自分の命も危うい、決死の行為です。

.

状況の描き方は相変わらずもやっとしていましたが、今回はキャストの皆さんの頑張りがあって、松寿丸と官兵衛の命を巡っての、人々の思惑、悲嘆と希望がしっかり描けていたと思います。

ここ最近では一番突っ込まずに見れました(汗)

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« BORDER 第6話「苦悩」 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第14話「迷刑事、名探偵」 »

□大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59709053

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #21「松寿丸の命」:

» 【 軍師官兵衛 】第21回 「松寿丸の命」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な土ろうに閉じ込められてしまう。 善助(濱田岳)ら家臣団が有岡城下に潜入、救出の機会をうかがう中、信長(江口洋介)が 有岡城を総攻撃するも大敗。 官兵衛が村重に策を授けたと思い込んだ信長は、官兵衛の嫡男、松寿丸(若山耀人)を 殺すよう秀吉(竹中直人)に命じる。 ためらう秀吉に代わり半兵衛(谷原章介)が実行を引き受け、松寿丸を...... [続きを読む]

» 『軍師官兵衛』第21話「松寿丸の命」★柴田恭兵と中谷美紀の熱演が凄い! [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第21話「松寿丸の命」 柴田恭兵と中谷美紀の熱演が半端なかったですねぇ!! 二人の演技を見てるだけでも値打ちがありました。 −◆− 有岡攻めが上手く運ばず、思いっきり苛ついてる信長(江口洋介)。 光秀「よもや村重がここまで戦上手とは…。」 信長「村重ではない。官兵衛だ。官兵衛が裏切った。人質に取った息子松寿丸の首をはねよ。」とディズニーの怖い魔女みたいなことを言います。 秀吉(竹中直人)が説得しても聞く耳を持ちません。 で、ためらう秀吉に代わり半兵衛... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第二十一回 [レベル999のgoo部屋]
『松寿丸の命』 「松寿丸の命〜残酷な命令に黒田家激震!」 内容 村重(田中哲司)の妻・だし(桐谷美玲)の協力で、 牢から脱出を試みた官兵衛(岡田准一)だったが、失敗。 村重は、再三の説得に応じない官兵衛を土牢に閉じ込めてしまう。 一方、官兵衛の無事を信じ...... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第21回感想と関西高視聴率「松寿丸の命」 [ショコラの日記帳・別館]
「松寿丸の命」 第21回の関東の視聴率は、前回の15.0%より少し下がって、14 [続きを読む]

« BORDER 第6話「苦悩」 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第14話「迷刑事、名探偵」 »

作品一覧