2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ザ・プレミアム「ごちそうさんっていわしたい」簡単感想  | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第11話「闇の皇帝」 »

2014年5月 7日 (水)

軍師官兵衛 #18「裏切る理由」

公式サイト

官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、敵対する三木城を厳重に囲い込み、兵糧を断つ策に出る。さらに宇喜多直家(陣内孝則)の調略に赴いた官兵衛は「背後に用心しろ」という謎めいた忠告を受ける。一方、信長(江口洋介)の不興を買った村重(田中哲司)は、必死の申し開きで、事なきを得たかにみえたが、家臣が敵に通じていたことが発覚。右近(生田斗真)やだし(桐谷美玲)の懸念もむなしく次第に謀反へと傾斜していく。(YAHHO!テレビより)

一度見ただけの記憶を頼りにメモります。

信長の命に背いて敵将を救った村重は、断罪覚悟で、申し開きします。
追い詰めればかえって必死に抵抗する。そうなれば味方の損害も大きくなる。
堂々とした向上に納得した信長。
かつ、皆が自分より格下の秀吉の下につくことを反発を覚えている中、よく働いた、と評価し、村重はおかまいなしとなりました。
村重は追い詰めるほど力を出す、と、信忠に教える信長。
彼なりに村重を高く買っていたわけです。

なんとか切り抜けて胸をなでおろす村重に、さらなる困難が降りかかります。

家来が兵糧攻めの最中にある本能寺に、密かに兵糧を運んでいたところを、織田軍に見つかってしまったのです。
寝耳に水の村重。
こともあろうに、家来の中から内通者を出してしまった。
幸いにも兵糧を運んでいた者たちが、村重家中の者だとは知られなかったようですが、それも時間の問題。

追い詰められる村重。
中川清秀の進言を聞いてしまい、万が一のために、という名目で城の守りを固めてしまうのでした。

この対応は、謹慎中に馬鹿騒ぎをした秀吉との対比で、良く小説のネタになるところ。

ついに内通者たちが捕縛されたことを聞くに及んで、村重は高山右近の諫止に耳を傾けることなく、覚悟を決めます。
謀反の後押しをしたのは安国寺恵瓊。
「天下人」ねえ。
まあ、今だから「絶対無理!」って言えるのであって、例え利用されているとわかっていても、ひとかどの武将なら一度は思ったであろう時代ではあります。

信用していた分、怒り心頭な信長を、秀吉と光秀が、そんなはずはない、となだめて説得に向かいます。

村重の謀反は、村重の精神的なストレスに思い及ばなかった信長の計算ミス。

一方、播磨の方では、毛利の勝利を疑わない三木城の人々と、お紺が亡くなってから心ここにあらずな政職を心配する職隆。

そして次回、ついに政職が、村重が動く。
官兵衛、ピンチ。

・・・今回の感想メモ、官兵衛のことを書いていなかったです(^^;;

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« ザ・プレミアム「ごちそうさんっていわしたい」簡単感想  | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第11話「闇の皇帝」 »

□大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59601672

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #18「裏切る理由」:

» 軍師官兵衛 第十八回 [レベル999のgoo部屋]
『裏切る理由』 「裏切る理由〜乱世に激震!謀反の主は?」 内容 播磨平定に向けて、三木城攻めを始めた秀吉(竹中直人)軍。 官兵衛(岡田准一)半兵衛(谷原章介)は、 三木城を取り囲んでの兵糧攻めを提案する。 奇想天外な城攻めに、秀吉は満足げだった。 そのこ...... [続きを読む]

» 【 軍師官兵衛 】第18回 「裏切る理由」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、敵対する三木城を厳重に囲い込み、 兵糧を断つ策に出る。 さらに宇喜多直家(陣内孝則)の調略に赴いた官兵衛は「背後に用心しろ」という謎めいた 忠告を受ける。 一方、信長(江口洋介)の不興を買った村重(田中哲司)は、必死の申し開きで、事なきを 得たかにみえたが、家臣が敵に通じていたことが発覚。 右近(生田斗真)やだし(桐谷美玲)の懸念もむな...... [続きを読む]

« ザ・プレミアム「ごちそうさんっていわしたい」簡単感想  | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第11話「闇の皇帝」 »

作品一覧