2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 続・最後から二番目の恋 #01 | トップページ | 軍師官兵衛 #16「上月城の守り」 »

2014年4月19日 (土)

Martha Speaks

英語が学べる無料のゲームサイトを探していた時にみつけました。

「楽しみながら英語を勉強できる20の無料ゲーム」

http://www.eigowithluke.com/resources/games.html 

ここで何気なく選んだのがこれ。
※音が出るのでご注意ください。

http://pbskids.org/martha/games/wordplay/index.html

ゲームとも言えない、他愛ないのないページです。

トップページへ行くと「Martha Speaks」というアニメの公式サイトであることがわかりました。
制作はPBS Kids。アメリカの子供向けアニメ専門のプロダクションです。

http://pbskids.org/martha/stories/index.html

このページの「TRUE STORIES」という項目をクリックすると、いくつかのアニメーションを選択するページになりました。
ちなみに、各項目にカーソルを置くと、こーんな犬が喋ってくれます。

Martha00

あら、ぶちゃいく(笑)

この時点では名前も性別もわかりませんでした。

で、とりあえず、最初のエピソード「Envionment」を見てみました。

もちろん日本語字幕はついていませんので、他のページを覗きつつ、何度か見返しているうちに、名前がMartha(マーサ)とい名前の雌犬で、アニメのタイトルが「Martha Speaks」の主人公であることが何となくわかるにつれ、ブサ可愛さにがっつりはまってしまったのです。

Martha05_5

雌犬が主人公って珍しいかも、と色々調べているうちに、おぼろげながらわかってきたこと。

○アメリカでは有名な絵本をアニメ化したこと。著者はSusan Meddaugh。
○4〜7才を対象にした教育アニメで、1話おおよそ15分であること。

○マーサが喋れるようになったのは、アルファベットスープ(パスタスープのようなものらしい)を食べたところ、アルファベットが胃にいかずに脳にいったため。
○同じスープを食べても他の犬は喋れるようにはならなかった。
○飼い主はHelen Lorraineという10歳の赤毛の女の子。家はアリゾナの架空の町にあって、Skitsと言う名の、でかくて元気で優しい弟分と一緒に暮らしている。

Martha04

Skitsの子犬の時がまた、ラブリー。

Martha02

などなど。
2008年から放映。2014年も新シリーズが放映されているそうです。

声はとっても可愛いのですが、落ち着き具合と、時々見せるやさぐれた表情から、人間の年にすると、アラサー、いや、アラフォーくらいかも?
少なくとも20代前半ではないとな、と勝手に推測。

ぽっちゃりとした体型で、とてもおしゃべり。
何か思いついた時に見せる目つきの悪さと、うまくいかなかった時のやるせない表情とため息がたまりません。
いくらしゃべれても、犬であることを思い知らされた時とか、飼い主ヘレンと離れ離れになった時とか。
スヌーピーみたいに悟りきっておらず、好奇心旺盛、飼い主のヘレンを大事に思っていて、何より所作がほとんど犬のままなのが、可愛い。

Martha01_4

でも、静止画だとあんまり可愛く見えないのね〜(^◇^;;
正面からの顔はもっとぶちゃいくです(微苦笑)。

Martha07_2

このアニメ、人間も正面から描いた絵はあんまり上手くないような気がする。
キャラクターはみな個性的なのですけれども。

対象年齢が4〜7才にしては難しい単語が多い上に、とても早口なので、何を言っているか、正確なところがわからないのが残念です。
公式サイトの動画には英語の字幕が出ますが、全く追いつけません(_ _);;

YUTUBUに他のエピソードがアップされていています。
でも触りだけで、肝心のところが削除されているのがほとんど。これからどうなるの?というところで終わっているのです。ううう、気になる。

現在まで、おおよそ100話ほど放映されているらしいのですけれども、公式ショップ及びアマゾンのインポートで手に入るDVDは2〜3巻。←値段は一巻¥1000強なのですが、リージョン1なので、ポチるのは勇気が入ります;;

そしてiTunesでsaleしているのは絵本やゲームだけ・・・

色々と探しまわったところ、アメリカのiTuneサイトからダウンロードできることがわかりました。

MACに代えて半年経つも、今までほとんどiTuneを使っていなかったので、今回初めてわかったこと。
それは、アメリカのiTuneには日本のApple IDではアクセスできず、サイト経由でないとダウンロードできないってことです。
・・・ええー??MACなのに?!
まあ、サイトから購入してもいいんですけれどもね。いったい何のためのIDなのか、しばし考えちゃいました。

原作の絵本も、日本では種類が少ないけれども、amazonの米国サイトでいっぱい販売しています。
でも米国amazonにサインインするには、改めてアカウントをとらないといけないのね。
おまけにトップページに「日本でお買い物しましょう!」って・・・だって日本のamazonサイトでは扱ってないんだもん(怒)

本も並行輸入はだめですか、そうですか、と今更ですが、言ってみる(- -)

英語教育が一段と加熱しつつ日本。BSでもCSでもNOTTTVでも・・・どこか買ってくれないかなあ。
一番嬉しいのはEテレなんだけれども。

オープニングタイトル&テーマソング。「Envionment」の冒頭に流れていたのと同じものです。

歌っているのはDaniel Ingram というシンガーソングライターで、アニメの音楽も担当しているようです。←資料が英語なので、おぼろげです。

「testing」と言ってから、難しい単語を得意顔で喋り始めるも、途中で息切れする姿が、なんともラブリー(^^

新ドラ・ラッシュ期間ですが、英語の勉強をかねて、しばらくマーサをおっかけてみます。

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 続・最後から二番目の恋 #01 | トップページ | 軍師官兵衛 #16「上月城の守り」 »

#ドラマ:2014年第2クール」カテゴリの記事

※Martha Speaks(アニメ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Martha Speaks:

« 続・最後から二番目の恋 #01 | トップページ | 軍師官兵衛 #16「上月城の守り」 »

作品一覧