2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年春クールドラマ 初回の感想その2 「BORDER」「MOZU」「アリスの棘」 | トップページ | 続・最後から二番目の恋 #01 »

2014年4月17日 (木)

2014年春クールドラマ 初回の感想その3 「極悪がんぼ」「ビター・ブラッド」「花咲舞が黙ってない」

うあああ、「弱くても勝てます」の録画をミスったことに、昨晩気がつきました(泣)

.

「極悪がんぼ」

原作未読です。

お話は月9じゃないけれども、映像・・・奥行きや質感などは月9のままな気がしました。なので、良くも悪くも、軽いです。
軽さは狙ってのことでしょう。
でも、そうなるとオノマチさんの熱量が浮いちゃう気がする。
受け止める側のキャストの皆さんには不安はありません。けれども、撮り方がこのままだと、薫がうざく見えそうで不安です。
でも撮り方は変わらないでしょうから、薫とキャストたちがどう絡むかで、深みが出るかどうかが決まりそうです・・・キャスト頼み?(大汗)
しばらく、期待を込めて見守ります。

.

「ビター・ブラッド」

原作未読です。

ブラックコーヒーとアイスココアな親子のバディ。
あだ名とか、魔王ミッチーとか、概視感バリバリな設定ですが、予想外に(汗)テンポが良かったので見やすかったです。
刑事課のメンバーも仲良し。「家族だ」というセリフには、さすがにこそばゆさを感じましたけれども(苦笑)

窃盗、容疑者自殺、銀行立てこもり。
各エピソードはほとんど繋がりがなく、特に二番目の娘さんのエピは、夏輝の優しさをアピールするためのように感じました。

瞳の父を殺した犯人との対決以外は、一つの事件をじっくり追うのではなく、夏輝の成長とアクション、そしてパパとの掛け合いがメインのドラマであることを、強引ではありますが、描いた初回でした。

あと、銀行強盗も唐突でしたが(汗)、人質として居合わせた老婦人が、初対面なのに夏輝を褒めるのも唐突に感じました。
公式を見たら、レギュラーになっていました。瞳の父の事件の鍵を握る人物なのでしょうか。
ほんでもって犯人はミッチーなのね。裏も表もない、なんてわかりやすいんでしょ(笑)

その他、刑事としては如何なものか、という部分もありましたけれども、そんなことは枝葉なドラマ。
このドラマのポイントの一つは、どれだけ「今の佐藤健」を格好よく見せるかだと思うのは、佐藤さんウォッチャーだからでしょうね(^^;;

それは成功していたと思います。
久しぶりのテレビドラマにラブストーリーではなく、アクションが見せれる刑事モノを選択したのは正解。

脇もガッチリ固めてきました。コメディの部分が安心して見れそうなのが何よりです。
渡部さんは「東京全力少女」よりフットワークが軽くなってるような気がします。←上から目線でごめんなさい;;
渡部さんと佐藤さんのバディは、堅苦しさは残るものの、良く合っていました。
絵面も格好良いです。

2話以降、凝縮して軽快に進んでくれれば、楽しめそうです。
視聴は決定ですが、刑事モノの感想は苦手なので、レギュラーでは書かないかもしれません。

.

「花咲舞が黙ってない」

原作未読です。

いくら復讐とは言え、犯罪でしょう、お客さんに濡れ衣を着せたらあかんやん、と強く突っ込んでしまった初回。
支店長のパワハラの陰湿さはもちろん腹立たしかったのですが、それより中島の違法行為の方が強く印象に残ってしまいました。
ですので、中島と、彼女に同情する舞に全く共感できなかったのが残念です。

銀行のシステムを全く知らないので、「臨店」や過払い金は絶対に補填してはいけないという規則がある、ということなどは興味深かったです。

次回も見てみます。

.

.

2014年春クールドラマ 初回の感想その2 「BORDER」「MOZU」「アリスの棘」
2014年春クールドラマ 初回の感想その1 「ブラック・プレジデント」「SMOKING GUN〜決定的証拠〜」「銀二貫」
2014年春のドラマ:視聴予定

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年春クールドラマ 初回の感想その2 「BORDER」「MOZU」「アリスの棘」 | トップページ | 続・最後から二番目の恋 #01 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 花咲舞が黙ってない 第1話 ★矢島支店長(羽場裕一)を退治した舞(杏) [世事熟視〜コソダチP]
花咲舞が黙ってない 第1話 かつては杏ちゃんのファンだったけど、『ごちそうさん』で「アホの仏」ことめ以子(杏)への苦手意識が芽生えちゃって、そのトラウマをまだ引きずってる状態での視聴であります。 ゆえに、開始早々に花咲舞(杏)が若い女性向けの忘年会開催を押し進めちゃうシーンで め以子(杏)の幻影が頭をかすめてしまい、微妙にアレルギー反応発症。 −◆− さて、舞(杏)は、明るい性格で、客からも同僚からも人気のテラー(窓口係---ホラーじゃない)でしたが、東京第一銀行の本部「臨店班」に異... [続きを読む]

» ビター・ブラッド TOP [ドラマハンティングP2G]
『ビター・ブラッド』(英語表記: BitterBlood )は、フジテレビ系列の「火曜9時枠」で2014年4月15日から毎週火曜日21:00 - 21:54に放送中。(初回のみ 21:00~22:09) キャッチコピーは「最悪で最強の、親子刑事(デカ)。」 原作 『ビター・ブラッド』(Bitter Bloo…... [続きを読む]

» ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜 第1話 [レベル999のgoo部屋]
「相棒が親父!?最強のバディ誕生!!」 内容 朝から、妹・忍(広瀬すず)と軽く言い合いをした後、 急いで部屋を飛びだしていく佐原夏輝(佐藤健) あと少しで、遅刻だというのに、産気づいた妊婦に遭遇したりしていた。 挙げ句の果ては、ひったくり現場に遭遇。 犯人...... [続きを読む]

» 【花咲舞が黙ってない】第1話感想と視聴率好発進♪ [ショコラの日記帳・別館]
「池井戸潤原作の痛快ヒロイン誕生!!銀行の消えた百万円を探せ」 初回(第1話)の [続きを読む]

« 2014年春クールドラマ 初回の感想その2 「BORDER」「MOZU」「アリスの棘」 | トップページ | 続・最後から二番目の恋 #01 »

作品一覧