2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年春のドラマ:視聴予定 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第7話「やるせなく、やる気なく」 »

2014年4月 7日 (月)

軍師官兵衛 #14「引き裂かれる姉妹」

公式サイト

秀吉(竹中直人)の播磨平定は順調に進み、残るは光(中谷美紀)の姉・力(酒井若菜)の嫁ぎ先、上月城のみ。官兵衛(岡田准一)が投降を説得するも空しく拒絶され、姉妹は敵味方に引き裂かれてしまう。主家・尼子家の再興を悲願とする猛将・山中鹿介(別所哲也)が味方に加わり、官兵衛とは意気投合する。籠城を強いられた上月城では宇喜多直家(陣内孝則)の援軍を頼みとするが、織田に勝てぬと見た直家は驚がくの一手に出る。(YAHHO!テレビより)

今週の官兵衛も躁状態でした。

義姉が嫁いだ上月城を攻めることとなった官兵衛は、籠城策をとろうとする秀吉、半兵衛に対して、直ちに戦にて攻め落とすことを進言します。
官兵衛の必死さに、顔を見合わせる秀吉と半兵衛。
進言は採り上げられ、官兵衛は上月景貞の説得に向かいますが、聞き入れられませんでした。

戦国時代から離れて久しいので、よくわからなかったのが、官兵衛が籠城作戦を避けた理由です。
この大河を見る限りですが、官兵衛は上月の人々のことを思って避けようとしたようです。
一瞬、説得の時間稼ぎで籠城作戦をとってもいいんじゃないか、とも思ってしまいました。
でも、一旦籠城してしまうと、落城する時の条件として城主の命が求められ、城主の家族も道連れになることが多い・・・ということなのでしょうか。すみません、すっかり忘れています(汗)

ともかく、大河で描かれた上月城攻めは、官兵衛の若さで危うく失敗するところを、半兵衛の知恵と、尼子軍の勇猛さで救われたことになっていました。

尼子勝久と山中鹿之介登場。
尼子家のここに至るまでの紆余曲折と今後の運命は、戦国時代、負けていった人々の象徴だなあ、としみじみ。

一方で景貞を騙した宇喜多直家。すごく卑怯者のように描いてはいますが、彼とて負け犬にならないために必死。
かねてから評判の悪い景貞を信じた景貞の負け、とも言えます。

かつては褒賞は土地であったのを、信長は茶器や刀に付加価値をつけることで、土地の代わりとした。
戦功を認められた証しである茶器を賜り、感激する秀吉。
しかし、茶器そのものの価値はよくわからない、と吐露。その後の秀吉の茶道との関わり方を暗示していました。

今回一番印象に残ったのは、姉、力の出家の意を受け止める、光の凛とした悲しみの表情でした。

さて、ついにお紺が倒れたました。
ここからは短時間に怒涛の展開が待っています。
この大河、時代背景の描き方が微妙にアンバランスなので、気をつけないとこんがらがりそう。

.

.

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年春のドラマ:視聴予定 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第7話「やるせなく、やる気なく」 »

△大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #14「引き裂かれる姉妹」:

» 軍師官兵衛 第十四回 [レベル999のgoo部屋]
「引き裂かれる姉妹」 内容 天正五年。織田軍と毛利軍が播磨で激突。 福原城を攻め落とし、播磨で残るは上月城のみとなった。 城主・上月景貞(土平ドンペイ)の妻・力(酒井若菜)は、 官兵衛(岡田准一)の妻・光(中谷美紀)の姉。 戦をせず、なんとかしようと、官兵...... [続きを読む]

» 【 軍師官兵衛 】第14回 「引き裂かれる姉妹」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
秀吉(竹中直人)の播磨平定は順調に進み、残るは光(中谷美紀)の姉・力(酒井若菜) の嫁ぎ先、上月城のみ。 官兵衛(岡田准一)が投降を説得するも空しく拒絶され、姉妹は敵味方に引き裂かれてしまう。 主家・尼子家の再興を悲願とする猛将・山中鹿介(別所哲也)が味方に加わり、官兵衛とは 意気投合する。 籠城を強いられた上月城では宇喜多直家(陣内孝則)の援軍を頼みとするが、織田に 勝てぬ...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛】第14回 感想と視聴率「引き裂かれる姉妹」 [ショコラの日記帳・別館]
「引き裂かれる姉妹」 第14回の関西の視聴率は木曜位に追加予定。 関東の視聴率は [続きを読む]

« 2014年春のドラマ:視聴予定 | トップページ | 烈車戦隊トッキュウジャー 第7話「やるせなく、やる気なく」 »

作品一覧