2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武 #20「世界のおわり はじまる侵略」 | トップページ | R-1ぐらんぷり2014 »

2014年3月 5日 (水)

夜のせんせい 7話

公式サイト

進路相談の席で「今のバイトを続けて正社員採用を目指す」と、桜(観月ありさ)に答える大神玲(山本舞香)。そんなある日、かえで(新川優愛)は玲に貸していたパソコンから、「殺人サイト」などの闇サイトを見た履歴が残っている事を発見する。(公式サイトより)

今回は玲のお話。

玲の父はアル中で無職、母はそんな夫を見限って数年前に家を出て行ってしまい、弟は養護施設に預けられている。
肝臓がボロボロの父は、今度入院したら、もうきっと出てこれないだろう。
父の最期を見取るために、建築士になりたいという夢を捨て、父のために就職しようと決意する玲。

父が娘に依存しているだけでなく、娘もまた父に依存していた、という話でした。

今までのエピでも、ドラマを構成するのにいくつか足りないパーツがあるように感じてはいたのですが、今回は多かったように思います。
パーツ不足感がある一方、詰め込みすぎな気もしました。

父娘に全く影響を与えていない母と弟って設定として必要だったのでしょうか。
玲が母と弟のこと全く思い出さないことが不自然に思えて、すごく気になりました。
残り回数を思うと、今後出てくることはないように思いますし・・・出てきたら、ごめんなさい(汗)

父親も末期のアル中にはちょっと見えにくかったかも。もっと凄まじいと思うのですが。

で、こんなこと言っちゃうとなんですが・・・泣きっぷりにあまりぐっとこなかったのです(大汗)。
これは人それぞれでしょう。泣けた人、ごめんなさいm(_ _)m

上奈たちの出番が極端に減ってます。まあ、その方が見やすくはあるのですが。
今回の難癖は、うーん、包丁を持って暴れこむようなPTAを持つ生徒は退学、ということだったのでしょうか。

と、色々突っ込みましたが、クラスメイトたちのエピは楽しかったです。

一郎に振られた痛手を癒すためにお菓子教室に通いつめている真理の、多すぎる試作品を毎回食べさせられ、うんざり気味の仙波たち。
政代の「失恋を癒すのは新しい恋」の一言で、その場の全員が思わず拍手、真理に新しい恋人を見つけようとしますが・・・全部、学校内(笑)
仙波の取り出す花瓶が効いていました。
ラスト近くの政代の「太っちゃう」もナイス。
ごめんごめん、と取り成すみんなも良かったです。

真理さんのお菓子エピ、一見玲とは何の関係もなさそうだったのですが、最後にドーナッツで繋げてきました。

一郎は自分探しを始めたのね。表情が明るくなっていました。
真理さんとうまくいって欲しいのですが、一筋縄ではいかないからなあ、このドラマ。

かえで以外の人間に心を閉ざしている玲をほわっと気遣う華。
心を解すアイテムが建築雑誌、というのが華らしかったです。

外内の正体が判明しました。
中卒から、のし上るためには何でもやって、大手スーパーの社長にのし上った男。
外に女も作った・・・そのために家族からも見捨てられてしまった、とのこと。
意外にまともな職業でした。

親は子供を捨てられるが、子供は親を捨てられない。
孤児の大澤は、今回アル中の玲の父親を止めるために奮闘しました。
騒ぎが終わって。
真っ当でない環境にいること、自分の弱みを見せまいと必死に鎧を着込んでいる玲に、自分を捨てた親は、子供を育てられない、真っ当でない人間だったのだろう、と呟きます。

クラスメイトたちから様々なアドバイスをもらった玲。
最終的に、父親のために自分の夢を捨てると、いつか父親を恨む時がくる、という桜の言葉で、自分の夢をとりました。

入院させることは、決して見捨てることにはならないとは思うのですけれども、それは当事者にしかわからないこと。
辛い選択です。
でも、まず自分を救わなければ、父親を救うこともできない。そう思うしかない。

タクシーから玲の父親を病院まで連れて行く一郎と大澤に、深刻な事態にも関わらず、密かに萌え(^^;;
こういう楽しみもないとね。

で、最後の最後にサプライズ。
キャバクラ嬢、神戸が高倉さんの孫だったとは!
梶原の吹きっぷりに拍手。

.

.

2014年冬クールドラマ 初回の感想その3 「戦力外捜査官」「僕のいた時間」「明日、ママがいない」「夜のせんせい」「私の嫌いな探偵」 02 03 04 05 06

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダー鎧武 #20「世界のおわり はじまる侵略」 | トップページ | R-1ぐらんぷり2014 »

#ドラマ:2014年第1クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

□夜のせんせい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59236465

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のせんせい 7話:

» 夜のせんせい (第7話・2/28) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBSテレビ『夜のせんせい』(公式) 第7話『学校で殺人事件発生!?18歳少女が告白!家族の秘密と決断』の感想。 桜(観月ありさ)の進路相談に、アルバイト中の飲食店で正社員を目指すと答えた玲(山本舞香)。直後、桜はかえで(新川優愛)から玲が父親を殺すかもしれないと聞かされ驚く。貸したパソコンに‘殺人’に関する履歴があったという。一方、華(蓮佛美沙子)も玲が所持する包丁を目...... [続きを読む]

» 夜のせんせい 第7話 [レベル999のgoo部屋]
「学校で殺人事件発生!?18歳少女が告白!家族の秘密と決断」 内容 進路相談で、バイトを続け、正社員採用を目指すと告げた玲(山本舞香)。 その様子から何か妙な印象を受ける桜(観月ありさ)だったが。。。 同じ頃、山田(高橋一生)の失恋で真理(堀内敬子)は...... [続きを読む]

« 仮面ライダー鎧武 #20「世界のおわり はじまる侵略」 | トップページ | R-1ぐらんぷり2014 »

作品一覧