2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武 #19「贈られた秘密兵器」 | トップページ | 身辺雑記:遅れています、再び。 »

2014年2月28日 (金)

夜のせんせい 6話

公式サイト

ある日、キャバクラに勤める優奈(滝裕可里)が、肩を並べて歩いている一郎(高橋一生)と真理(堀内敬子)を見かける。(公式サイトより)

今回の華の冒頭の呟きは「運命の出会い」。

はじめは、一郎が真理を騙すなんて、と思っていた桜とクラスメイトたち。
しかし、真理の夫が建設会社社長で、税金対策に会社社長を真理名義にしていることを知って、にわかにざわめき立ちます。

とっくに崩壊している名ばかりの結婚生活を送る真理と、18歳の時から11年間一生懸命ためたお金を、先輩に騙し取られて以来、人間不信になった一郎。

この二人を軸に、見守る桜と何とか一郎を踏みとどまらせようとするクラスメイトたちを描くとともに、今までほとんどセリフのなかった高倉さんを絡ませてきました。なるほど。

桜から一郎とのことを聞かれて、男女の仲を否定しながらも、彼と過ごす時間を嬉しそうに話す真理。
一郎への猜疑心を口に出さずに聞き役に徹した桜は、その不自然なほどのはしゃぎようから、桜は、真理は一郎が自分をカモにしようとしてることを察しました。
そして一郎には、学校にきてよかったかどうかだけを問いかけます。
教師として聞けるのはそれだけ。
桜のスタンスが良かったです。

寸前で踏みとどまった一郎の、ホストとしての最後の日、そして誕生日の晩に、ただ一人、クラスメイトたちが作った山田のバースディパーティのチラシを持って、客として訪れる高倉。
はじめは驚くも、嬉しそうに歓待する一郎。
「努力が報われるなんて嘘だ。でも、千に一つでも何か繋がれば(大意です)」という高倉の言葉に耳を傾けます。
初めての来店は1000円なのね。
その1000円を喜び、踏ん切りをつけた一郎。

ここで他のクラスメトたちがぞろぞろやって来ないのが、このドラマのテーストです。
みんな大人だから、ずけずけと他人の心には踏み込まない。お説教も大演説もない。

一からやり直す決意をした一郎によって、全てが終わりました。
また、たった一人、リビングでテレビをみつめる真理に思わず落涙。

普通なら、寂しい人妻が騙されそうになると言う、結構生臭いと言うか、どろっとした雰囲気の話になるところを、あくまで学園モノの範疇で、寂しくてあったかいドラマに仕上げていました。
ふわっとしたキャラの真理を演じられたのが堀内さん、葛藤を抱えながら大都会で一人生きる若者、一郎を演じたのが高橋さんだった、ということも大きいと思います。
もちろん、それが製作者の狙いなのでしょうけれども。

赤いマフラーや雪なども効果的に使われていて、佳話でした。
感想を書くのは毎回大変遅くなってしまうのですが、今期では一番好きなドラマです。

真理はこのまま実のない結婚生活を続けるでしょうか。
メインになったら、その人のストーリーは終わり、というドラマではないので、一郎と同じように新しい一歩を踏み出すエピが見てみたいです。

それにしても外内・・・何者なんだろう。

.

2014年冬クールドラマ 初回の感想その3 「戦力外捜査官」「僕のいた時間」「明日、ママがいない」「夜のせんせい」「私の嫌いな探偵」 02 03 04 05

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダー鎧武 #19「贈られた秘密兵器」 | トップページ | 身辺雑記:遅れています、再び。 »

#ドラマ:2014年第1クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

□夜のせんせい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/59202438

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のせんせい 6話:

» 夜のせんせい (第6話・2/21) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBSテレビ『夜のせんせい』(公式) 第6話『第2部スタート!孤独な主婦の恋と男の野望、嘘、裏切り!』の感想。 ホストの一郎(高橋一生)が主婦の真理(堀内敬子)を店に同伴するのを、優奈(滝裕可里)が目撃する。桜(観月ありさ)は優奈から、一郎が真理をたぶらかして大金をせしめ、独立するつもりらしいと聞かされる。桜は一郎が休みの日に店を訪ね、それが事実だと知る。一方、その件は口...... [続きを読む]

» 夜のせんせい 第6話 [レベル999のgoo部屋]
「第2部スタート!孤独な主婦の恋と男の野望、嘘、裏切り!」 内容 クラスの生徒の親睦を深めるため、イベント委員を思いつく桜(観月ありさ) そんななか、桜は、優奈(滝裕可里)から妙な話を聞く。 ホストの山田(高橋一生)が、真理(堀内敬子)と一緒にいるとこ...... [続きを読む]

« 仮面ライダー鎧武 #19「贈られた秘密兵器」 | トップページ | 身辺雑記:遅れています、再び。 »

作品一覧