2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 身辺雑記:お疲れ様でした。 | トップページ | メイジーの瞳:映画 »

2014年2月14日 (金)

明日、ママがいない #05

公式サイト

ピアノへの情熱を抱き、いつも学校の音楽室でピアノを弾いているピア美(桜田ひより)。
ポスト(芦田愛菜)たちも、よくピア美の練習に付き合わされていた。ある日、ピア美がピアノの練習をしていると、見知らぬ女性に声をかけられる。(公式サイトより)

簡単にメモっておきます。

川島夫妻・・・松重さん、大塚さんが再登場しました。
だからの、キャスティングだったのね。
今回は、里親候補の方の気持ちも少し描いていました。

母親の顔色を伺って生きてきたドンキ。
それが生き残る術だったのだから、相手の顔色を伺うという習慣は中々抜けないでしょう。そのことが壁となって、打ち解けるのに時間がかかるかもしれません。
川島夫妻がドンキの育った環境を想像し、理解してくれれば良いのですけれども。
権八さんだし(^^;;)、うまくいきそうな気はするし、うまくいって欲しいとも思うのですが、まとまりそうになった時に母親が登場して一波乱、という展開になる?

ピア美のコンクール話は、引っ掛けではありませんでした。
これでピア美は次のステップに進めるのかな?
今の自分には、娘の才能を伸ばす環境を与えてやることができない、と去っていくピア美の父親。
結論としては正解なのでしょうけれども、ちゃんと自分の気持ちを娘に伝えてあげればいいのに、とは思いました。娘が自分に抱いている幻想を壊す勇気がなかったのでしょう。
ヒア美は、父親がどこかで見てくれている、という希望を糧に成長する、ということですな。

叶のBF登場。高学歴を鼻にかける男を選んだのは、早く仕事を辞めたいからだそうです。ふーん・・・全くうまくいきそうにない話です。
テンションの低い叶の吐露を聞いてあげる失恋ロッカー。

そうそう、先週、ピア美とドンキが仕入れたジョリピ情報が明かされました。
彼らといつも一緒にいるクラスメイトの女の子は子供ではなく、姪っ子なのだそうです。
予想以上にビックな情報でした。
が、精神的に落ち着いて妄想することをストップさせたボンビの反応は鈍く、妄想が発動しそうになると自制するようにもなりました。
しかし、ジョリピ夫妻が実は不妊で悩んでいることを知ると、アンジョリーナとブラピ夫妻を例に挙げ、親を待っている子供たちが多いことを訴えます。

香織は甘えくるオツボネに自分の過去を話します。
孤独な夫のために普通の家庭を作ってあげたかった。
なんと、魔王は本当に香織の夫だったようです。

今度の里親候補とは馬が合って、引き取られていくバチ。
「かわいそうに」かあ。バチの「かわいそうに」を引き出すセリフなんだけれども、同情っぽいニュアンスがあって、少し違和感を持ちました。
同情では子供は引き取れないだろう、と思っちゃったのです。捻くれてますね(^^;;

バチを守っているようで、実は自分が癒されていたポスト。
別れのシーン。背伸びして突っ張っている表情より、良かったです。

以上が大よその粗筋です。

結末に向かって畳み掛けてきた今回。
どんどんと昔の少女小説、少女漫画(外国が舞台に出来た頃のね)のような展開になってきました。
ならばお約束どおり、みんな収まるところに収まって欲しいです。

あまり大人の事情は勘ぐらないで、まったりと見てはいるのですが、刺激的なセリフは少なくなってきたかな、とは感じました。

.

.

2014年冬クールドラマ 初回の感想その3 「戦力外捜査官」「僕のいた時間」「明日、ママがいない」「夜のせんせい」「私の嫌いな探偵」  #02 #03 #04

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 身辺雑記:お疲れ様でした。 | トップページ | メイジーの瞳:映画 »

#ドラマ:2014年第1クール」カテゴリの記事

□明日、ママがいない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日、ママがいない #05:

» 明日、ママがいない 第5話 [ドラマハンティングP2G]
第5話「超絶美少女のピアノパパはここにいる…」2014/2/12放送 ピアノへの情熱を抱き、いつも学校の音楽室でピアノを弾いているピア美(桜田ひより)。 ポスト(芦田愛菜)たちも、よくピア美の練習に付き合わされていた。 ある日、ピア美がピアノの練習をしていると、見…... [続きを読む]

» 明日、ママがいない (第5話・2/12) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
日本テレビ『明日、ママがいない』(公式) 第5話『超絶美少女のピアノパパはここにいる…』の感想。 パチ(五十嵐陽向)は里親候補の山口(松林慎司)・潤子(高橋かおり)夫婦を訪ねる。一方、音楽室でピアノを弾くピア美(桜田ひより)に、突然現れたみどり(高橋ひとみ)がある曲をリクエスト。後日、音楽教師からコンクールに出るよう勧められたピア美は、みどりが音大教授で参加費を負担してく...... [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第5話 [レベル999のgoo部屋]
「超絶美少女のピアノパパはここにいる…」 内容 パチがアメ工房の家族のもとを訪れている頃。 音楽室でピア美(桜田ひより)と話をするポスト(芦田愛菜) するとそこに。。。見たことも無い女性(高橋ひとみ)が現れる。 “どっち?ピアノが上手なほうは” すると女性は...... [続きを読む]

» 【明日、ママがいない】第5話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
自分の子供じゃなきゃダメですか? あなた達に子供ができないように、親ができない子もいっぱいいるんです。 本物のジョリピが何をしてるか知ってますか? 2人は世界の恵まれない子を養子にして幸せにしています。 幸せじゃない子なんて日本にだっていっぱいいるんです。 パパやママに守ってもらえない子も…。 捨てられた子だって。 それでも幸せになりたくてみんな…みんな…。 そういう...... [続きを読む]

« 身辺雑記:お疲れ様でした。 | トップページ | メイジーの瞳:映画 »

作品一覧