2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告:その1 | トップページ | 夜のせんせい 3話 »

2014年2月 6日 (木)

明日、ママがいない #04

公式サイト

ボンビはコガモの家に来て長かったが、今まで一度も“お試し”に行ったことがなかった。経済的な理由からボンビを手放した実の両親がお金を貯めて、いつか自分を迎えに来てくれると信じていたのだ。
現実を見なくてはならないと目覚めたボンビは、初めて“お試し”に行こうと決心する。(公式サイトより)

時間がとれないので、手短に書きます。

お試しにいった家には、食卓に炊飯器が置いてあり、里親候補の男性が自らご飯をよそう。
その光景を見て失神するボンビ。

原因は、大災害で失われたボンビの食卓と同じだったから。
自転車屋の里親候補の男性と同じく、父もまた働き者で、いつもご飯をいっぱい食べていた・・・

失われた家、行方不明のままの両親。
そのすべてを忘れるために、妄想するようになったボンビ。

ポストたちとは違って、ボンビには暖かい家庭の記憶がある、というのがポイントでした。

母親の霊を見て、母親の暖かい言葉、そして別れの言葉を聞いて、現実と向きあえるようになったボンビ・・・途中からわかっていたとは言うものの、前を向く切っ掛けになったのでしょう。

お骨のないお墓であっても、ここに二人がいると思えば、いる。
だからいつでも会いに来れる。
幸せな記憶だけを抱いて。
.

今回は魔王が天邪鬼なのはそのままでも、良い人になっていました。
ポストとのやりとりを見ていると、自分が子供だから、子供たちと本気で喧嘩するのかな、とも。
クレームで変更したのではなく、恐らく規定路線だったと思います・・・と、思いたいです(汗)

ドラマ内でも言っていましたが、預かった子供に失神されたら、里親候補の人たちも傷つくでしょう。
里親になる、と決心するだけでも相当逡巡しただろうから。
それでもめげずにお試しにチャレンジする自転車屋さん。
そこへ、里子になる気もなく、探偵きどりで乗り込むポスト。
その後、自転車屋さんがどう思ったのかが気になりました。

ホログラムが映し出された時、ボンビの気持ちをポストが全部実況中継するのには、思わず苦笑。
叶とロッカーの混浴シーン、画的にすっごく野島さんらしくて、こちらも微苦笑。こういうところがないとね。
叶の本心が、言葉にされていたのは良かったです。

同級生たちに万引きを強要されるオツボネを救ったのは、弁当屋の女性、香織でした。
親に捨てられた子と、子供を流産してしまった女性。
香織がこのままオツボネの希望になればいいのですが。

あれは女房、というのは魔王の口からでまかせだと思いますけれども、どうなんでしょう。
子連れの常連客が離婚しているっていうのも、魔王の思い込み?

さて、蓮がポストのことが好きだと知って、いちいちポストに突っかかっていたピア美。
ポストの「ピア美が好きな人は好きにならない。」という言葉でわだかまりが消えました。
ピア美とドンキと仕入れたジョリピの情報って何だったのでしょう。次回以降に引っ張るのかな?

.

.

2014年冬クールドラマ 初回の感想その3 「戦力外捜査官」「僕のいた時間」「明日、ママがいない」「夜のせんせい」「私の嫌いな探偵」  #02 #03

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告:その1 | トップページ | 夜のせんせい 3話 »

#ドラマ:2014年第1クール」カテゴリの記事

□明日、ママがいない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日、ママがいない #04:

» 明日、ママがいない 第4話 [レベル999のgoo部屋]
「少女の悲しいヒミツ母親の幽霊は語る…」 内容 佐々木(三上博史)から“お試し”に行よう命じられたボンビ(渡辺このみ) しかし、夢を抱くボンビは、拒否する。 そんなボンビに。。。現実を見ろ!と告げる佐々木。 ようやく覚悟を決め、お試しに行くのだが、 食事中、...... [続きを読む]

» 【明日、ママがいない】第4話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
本当の親… 仮初めの親…親とは呼べないような親でも子供達は 真っすぐに愛情を求めてる。 愛情が何かを知りたがってる。 ある子は純粋にある子は屈折して。 私にもそんな頃があったわ。 でも、ある時ふとむなしく感じる時が来る。 愛情…。 そんなもの本当にあるのかしら、と。 明日、ママがいない 第4話     「コガモの家」に来てから一度も「お試し」に行...... [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第4話 [ドラマハンティングP2G]
第4話「少女の悲しいヒミツ母親の幽霊は語る…」2014/2/5放送 アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのような理想の夫婦に引き取ってもらうのを夢見て、いつも妄想ばかりしているボンビ(渡邉このみ)。 佐々木(三上博史)は、ボンビに“お試し”に行くよう命じる…... [続きを読む]

» 明日、ママがいない 第4話 [青いblog]
はじめて見たんだけど、いい話で泣けた。 子供、ペット、老人は泣かせアイテムとはいえ、やっぱり泣ける。 でもこれ、いつもとずいぶん雰囲気が違うらしい。 http://togetter.com/li/625908 「変わりすぎ」「つまらなくなった」「こびてる」という声が結構あって、 視聴率も下がってるし、 もともとこんなのじゃなかったのか…と戸...... [続きを読む]

» 《明日、ママがいない》#04 [まぁ、お茶でも]
コガモの家に来て長いボンビは、魔王に『お試し』に行くように言われた。勝手にジョリピに憧れていたボンビは、実はもっと複雑ないm¥想いを抱いていた。今は貧乏だけどお金がたまったらママとパパが迎えにきてくれると、夢見心地に言うのを、魔王は、「現実を見ろ!」と叱り、ジョリピの写真を剥がした。ボンビの妄想の中に蓮の家のお隣さん、東條が出てきて、その日本のジョリピが僕は君のパパじゃないと言われて、お試しに行くと、メガネを拭きながらきっぱり言った。... [続きを読む]

« 2014年1月のまとめ~冬クールドラマの中間報告:その1 | トップページ | 夜のせんせい 3話 »

作品一覧