2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2014年冬クールドラマ 初回の感想その1 「Dr.DMAT」「医龍4」「S-最後の警官-」 | トップページ | 2013年11月の読書 その1 »

2014年1月17日 (金)

2014年冬クールドラマ 初回の感想その2 「失恋ショコラティエ」「福家警部補の挨拶」「チーム・バチスタ4」

「チーム・バチスタ」は2週分を併せて書きます。

「失恋ショコラティエ」

原作未読です。

少しエッチなラブコメ。
実写となって生々しくなった妄想シーンにあんまり笑えないのね(大汗)
加えて、「僕のいた時間」もそうでしたが、何かっていうと「もうやったの?」ってねえ・・・そういうことを人に聞いたことも、尋ねてくる友達もいないので、下品に感じてしまうのです。

松本さんの王子様っぷり、特に石原さんのファムファタールは面白そうです。
特に石原さんが、絶対に同性には嫌われるだろう紗絵子を、軽やかに演じておられます。思わずむかっとくるわ(笑)。けれども、男性にとっては堪らないだろうなあ、というのも良くわかる。
そうそう、お父さんはどこへ行っちゃったの?
あと、紗絵子の夫の影の薄いこと。ずっとこのままなのでしょうか。
主人公たちに特化して描くのは月9の伝統だった、と思い出しました。

.

「福家警部補の挨拶」

原作未読です。

倒叙物。形式は刑事コロンボや古畑シリーズと全く同じ。強烈な個性の捜査官が話をリードしていくジャンルです。
いかんせん、福家からはそういうオーラをを感じることができず、途中からながら見になってしまいました。
視聴続行のポイントは、今後化けてくれるのかどうか、だと思います。

.

「チーム・バチスタ4」

原作未読です。

1話の速水の出演は嬉しいサプライズでした。次回は島津も登場しそうです。
白鳥と田口のバディは安定していて、碧翠院及び桜宮家の謎にも惹かれます。
原作とは大分違うようですけれども。

病院と同じ敷地内に寺と火葬場があって、院長が警察医と何と住職を兼ねているって、何と言ったらよろしいやら。ブラックなコメディが作れそうです。
もし自分が終末患者だったら便利だなあって思うかもしれないけれども、身内だったら、とんでもなく縁起が悪い病院ですよ。

視聴は続行します。

.

.

2014年冬クールドラマ 初回の感想その1 「Dr.DMAT」「医龍4」「S-最後の警官-」
2014年冬のドラマ:視聴予定

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2014年冬クールドラマ 初回の感想その1 「Dr.DMAT」「医龍4」「S-最後の警官-」 | トップページ | 2013年11月の読書 その1 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2014年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年冬クールドラマ 初回の感想その1 「Dr.DMAT」「医龍4」「S-最後の警官-」 | トップページ | 2013年11月の読書 その1 »

作品一覧