2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダー鎧武 #12「新世代ライダー登場!」、#13「鎧武、バロンの友情タッグ!」 | トップページ | 2014年冬クールドラマ 初回の感想その2 「失恋ショコラティエ」「福家警部補の挨拶」「チーム・バチスタ4」 »

2014年1月16日 (木)

2014年冬クールドラマ 初回の感想その1 「Dr.DMAT」「医龍4」「S-最後の警官-」

もう2週目のドラマもありますので、取り急ぎ。

今期は「僕のいた時間」まで含めると、医療ドラマがほんと多いなあ、という印象です。
医療ドラマと刑事もの含む推理ドラマって、感想を書くのが苦手なので、どうしたものやら、と悩んでいます。

「Dr.DMAT」

原作未読です。

DMATって、今、全国にどれくらい配置されているのでしょう。身近にいてくれたら心強いです。
で、ドラマの方ですが、紹介を兼ねての八雲の逡巡を描くために、えらくまったりとしたテンポになっていました。
冒頭、桜庭たちの救助活動を見つめているらしき人物を登場させたりと、レギュラーたちの過去を絡ませるのはいいとして、災害現場はもう少しテンポよく描かないと、緊迫感が伝わってこないように思います。
早く助けてあげて!と八雲だけでなく長谷川に何度突っ込んだことか。
八雲のトラウマ克服は違う場所でやって欲しいです、病院長、そして長谷川さん・・・それじゃドラマになりませんが(苦笑)
病院長の動きが妙に良いのは、息抜きのための設定?それともわけあり?

レギュラーたちの関係重視のドラマのようですので、各々のスタンスが見えてきたら、このドラマの味が出てくるのでしょう。
しかしテンポそのものは今後もあまりかわらないように思います。

もう少し様子見します。

.

「医龍4」

原作未読です。

チームが再集結していく様子はワクワクしました。

加藤の研究の結晶、人工心臓を握りつぶす上司の憎たらしさ、手術中の停電、おじいちゃんのために自分の出来ることをする少年など、わかりやすいシーン、エピを手際よく畳み掛けていたのは、さすがです。
彼らが順番にオペ室に登場するシーンにすきっとするのも、このシリーズだからこそ。
キャラが確立されているから、というだけでなく、見せ方がうまいのでしょう。

今シリーズの野口の目論見は、朝田及びチーム・ドラゴンを潰すのではなく、まとめて売り飛ばそうってことなのね。
陰謀の一端を初回で明かし、桜井総合病院、すなわちチームドラゴンVSL&P病院、という構図を明確に提示したことも、勧善懲悪っぽくってわかりやすかったです。

野口を操る岡村の意図が本当はどこにあるのかは、今後の展開待ち、ということで。
心配なのは桜井先生です。何だか倒れそうな気がする・・・

藤吉が参加しなかったのも、野口たちの計画の内。
どうやら藤吉の受け持っている患者を人質にするつもりらしいです・・・相変わらずやることが汚いです。

視聴は決定です。レギュラー感想は考え中。

.

「S-最後の警官-」

原作未読です。

イっちゃってる連中との街角での銃撃戦。ゴリゴリと押してきました。
手榴弾を銃で空中爆破させるシーンは格好良かったです。
ラストの壁。犯人のヒットしたのはこのドラマ流のお約束として。あのアパートの構造が知りたい(^^;;

トラウマを持っていること、幼馴染のガールフレンド、トラウマを克服させようとする上司など、主人公の背景が「DMAT」と同じ。
しかしテンポはこちらの方が良かったです。
でも、音楽が・・・もちろん好みですが、アクションシーンに感動的なBGMは必要なのでしょうか。
プライムタイムのドラマなので、バイオレンスを中和しなければならないからなのでしょうか。それならわかる気がします。

神御蔵(難しい名前;;)と蘇我の対立はガチに重たそうです。
原作もあることですし、大きく破綻はしないと思います。

個人的には重いのはちょっと苦手かも・・・でも、蘇我の神業はもっと見てみたいので、少し様子見します。

.

.

2014年冬のドラマ:視聴予定

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダー鎧武 #12「新世代ライダー登場!」、#13「鎧武、バロンの友情タッグ!」 | トップページ | 2014年冬クールドラマ 初回の感想その2 「失恋ショコラティエ」「福家警部補の挨拶」「チーム・バチスタ4」 »

#ドラマ:2014年第1クール」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/58955906

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年冬クールドラマ 初回の感想その1 「Dr.DMAT」「医龍4」「S-最後の警官-」:

« 仮面ライダー鎧武 #12「新世代ライダー登場!」、#13「鎧武、バロンの友情タッグ!」 | トップページ | 2014年冬クールドラマ 初回の感想その2 「失恋ショコラティエ」「福家警部補の挨拶」「チーム・バチスタ4」 »

作品一覧