2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ:映画 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第46話「だいけっとう!アイとなみだのいちげき」 »

2014年1月26日 (日)

軍師官軍師官兵衛 #04「新しき門出」

公式サイト

室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の大名に助力を求める書状を送っていた。政職(片岡鶴太郎)は、その書状が職隆(柴田恭兵)に届いたのを知り、力を増す職隆をけん制するために官兵衛(岡田准一)を重用する策に出る。その一環として、官兵衛と櫛橋家の娘・力(酒井若菜)との縁談を進めるが、官兵衛を嫌う力の兄・左京進(金子ノブアキ)は猛反発する。そんな折、官兵衛は、力の妹・光(中谷美紀)と偶然、出会う。(Yahoo!テレビより)

冒頭の官兵衛、すっかり明るくなっていました。おたつのことは心の奥深くしまい込んだようです。
先週の堺への旅が落ち込んだままで終わってましたので、ちょっと唐突に感じてしまいました。
立ち直る切っ掛けを描いて欲しかったかも。

足利義秋の手紙に揺れる諸国大名。とは言え、みんな足下を固めるのにいっぱいいっぱい。
有力な家臣にも出しでいたのね。
職隆の下にも届いていたと知って不機嫌になる政職。そりゃそうです。
今までも持っていたであろう疑心暗鬼の気持ちを、露にしだしました。
そんな政職の気持ちを読み取った職隆は、政職お気に入りの官兵衛に家督を譲ります。
人の気持ちを読み取り損なうことが、文字通り命取りとなる時代。

一方、斎藤家に揺さぶりをかけ、内部崩壊させることで美濃攻めに成功した信長。
「天下布武」を掲げます。高揚する家臣たち。
光秀もいます。義秋にも仕えていたらしいのですが、その辺の説明はここではなされませんでした。後ほど語られるのでしょう。
それよりビジュアルが・・・覚悟はしていましたが、やっぱり・・・(_ _);;

後々の展開のために、全体的に年齢高めのキャスティングな今年の大河。
落ち着いてはいますが、戦国時代のエネルギーがあまり感じられないの難です。
多少の萌え要素も欲しかったです。
長政まで待たなきゃいけないのかなあ。

さて、政職のお声掛かりで櫛橋家と官兵衛が縁組することとなりました。
おっとその前に、官兵衛と櫛橋家の妹娘の光の偶然の出会いあり。互いに好印象を持つも、名乗らぬまま、別れます。
肝心の縁談の方は、相手の姉娘、力が、官兵衛を嫌っている櫛橋家の嫡男、左京進の影響で、官兵衛を毛嫌いしており、ゴネまくっていました。

結局身代わりとなって嫁にいったのは、官兵衛の人柄に触れていた光でした。
祝言の夜におたつへの忘れ得ぬ思いを光に伝える官兵衛。
少し拗ねるも、隠し事はなしだ、という官兵衛の誠実さを受け止める光。
お互いに一目惚れだったことも告白しあって、まずはめでたし、ということで。

.

.

01 02 03

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ:映画 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第46話「だいけっとう!アイとなみだのいちげき」 »

△大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官軍師官兵衛 #04「新しき門出」:

» 『軍師 官兵衛』 第4回「新しき門出」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ 永禄10年、官兵衛は黒田家の跡取りとして成長していました。そのころ、室町将軍家十五代への就任をのぞむ足利義秋は、越前の朝倉氏に保護されていましたが、京へのぼる当てもなく、焦りをつのらせていたのです。この義秋から「上洛に力を貸してほしい」との書状が、小寺政職のもとに来ました。しかし黒田職隆にも同じ書状がきて、重臣を疑うようになった政職には、皆も困っていますが。そんなとき、官兵衛は政職から、櫛橋氏の領内にある狩場の下見を命じられます。その任務におもむいた官兵衛は、木に登って... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第4回 「新しき門出」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の大名に助力を求める書状を送っていた。 政職(片岡鶴太郎)は、その書状が職隆(柴田恭兵)に届いたのを知り、力を増す職隆を けん制するために官兵衛(岡田准一)を重用する策に出る。 その一環として、官兵衛と櫛橋家の娘・力(酒井若菜)との縁談を進めるが、官兵衛を嫌う 力の兄・左京進(金子ノブアキ)は猛反発する。 そんな折、官兵衛は、力の妹・...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第四回 [レベル999のgoo部屋]
『新しき門出』 「新しき門出〜運命の女性との出会い」 内容 永禄十年、将軍足利義輝の暗殺後、越前朝倉家に身を寄せる義秋(吹越満)は、 各大名に書状を送り、助力を求めていた。 その書状は、政職(片岡鶴太郎)にも届き、家臣らと喜ぶのだが、 同じ書状は職隆(柴田...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第四話「新しき門出」 [事務職員へのこの1冊]
第三話「命の使い道」はこちら。 またNHKは現総理がらみでごたついてます。わたし [続きを読む]

» 妻をめとる ~軍師官兵衛第4話『新しき門出』感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
室町幕府は応仁の乱以降、完璧に権威が失墜していたのだが・・・。 それにまつわる管領などの大名たちも没落していくのがほとんどだった。 管領家の直系・細川晴元は三好長慶に敗れて凋落し、守護大名であった今川義元も織田信長に討たれている。 周りの者も意にならない足利家の人間が苛立っているのも当然か。 ともあれ、足利義秋、出家しているなら頭が禿げあがっているはずでは・・・? はげと言えば今回...... [続きを読む]

« オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ:映画 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第46話「だいけっとう!アイとなみだのいちげき」 »

作品一覧