2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2013年10月の読書 その2 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第43話「たましいのつるぎ!うなれストレイザー」、第44話「わらうカオス!はめつのカウントダウン」 »

2014年1月14日 (火)

軍師官兵衛 #02「忘れえぬ初恋」

公式サイト

元服した官兵衛(岡田准一)は、主君・小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)の近習となり、初陣の時を迎えた。敵の陽動作戦を見抜き勝利した官兵衛に、農民あがりの栗山善助(濱田岳)という青年が突然、仕官を願い出る。(公式サイトより)

短く書きます。

親族で固められた重臣の中で外様として、注意深く生きている職隆は、でしゃばらないよう、官兵衛に注意します。
しかし若い官兵衛は早速フライングを連発。
とは言え、官兵衛が進言しなければ、戦には敗れていただろうし。
そのため、櫛橋左京進にすっかり嫌われてしまいました。

孫子を熟読していたのね。読んだだけでなく、初陣の緊張の中、実際の戦場を読み解くのは普通の人じゃできません。
一方で、初めて目の当たりにする戦さ場の無残さが深く心に刻まれたようです。

お紺の方の、武家にとっては結婚は大事な戦略、と言うしたたかさが好印象でした。
小寺の殿様はちょろちょろつまみ食いはしているけれども、お紺の方には頭が上がらないっていうことですね。

播磨で小寺家が赤松家と競り合っていた頃、織田信長は美濃攻めに苦労しておりました。
弟とのことを悪夢に見るくらい・・・
ともかく、この時点では、織田家も小寺、赤松も、同じレベルの大名だということ。
そして、斎藤家家臣として、竹中半兵衛が登場しました。

この大河の官兵衛は頭は切れるけれども、エキセントリックでなはく、どちらかというと無口なキャラなので、誰がムードメーカーになるのかな、と思っていたら、栗山善助登場。
黒田家のことはうーんと前に司馬遼太郎の「播磨灘物語」を読んだきりで、すっかり忘れています。
これから家臣が集まってくるのが楽しみです。

今、赤松家と正面衝突するのは得策ではない、という官兵衛の進言は受け入れられず、室津の浦上家と手を結ぶことにした小寺家。
和平の証として浦上氏に嫁いだおたつ。
宴席だからこそ、急襲をかける赤松家・・・

伏線を含めて、手堅く正攻法に描いていて、まったりと見れました。
多少の甘さはあれども、ここ数年味わったことがないほど、心安らかに楽しんでおります。

テーマに思い入れがないため、過大な期待を抱かずに気負いなく見れるからかもしれません。
歴史の表舞台で活躍しており、その足跡もある程度確立している人物が主人公でなので、妙な設定をねじ込まなくても良さそう、ということもあると思います。

ともかく、ここんところ試行錯誤をしていたのを、王道に戻してきました。
・・・実は、冒険を試みる大河を、どこへ行くのだろう、とハラハラしながら見るのも好きだったりするのですけれども。突っ込みどころもありますしね←コラコラ(^^;;
強いて挙げるなら、悪夢にうなされる信長でしょうか。新鮮・・・でした。

感想は、これからもだいたいこれくらいの長さになると思います。
.

.

.

01

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2013年10月の読書 その2 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第43話「たましいのつるぎ!うなれストレイザー」、第44話「わらうカオス!はめつのカウントダウン」 »

△大河:軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 #02「忘れえぬ初恋」:

» 軍師官兵衛 第2回「忘れえぬ初恋」〜たつはきっと幸せになります! [平成エンタメ研究所]
 いくさの軍団戦があり、チャンバラがあり、恋愛がある。  今年の『軍師官兵衛』は娯楽大河ドラマ。  あまりむずかしいことは考えず、楽しめばいいんでしょうね。  さて、今回は3つのモチーフ。  ひとつは<人質>。  お紺(高岡早紀)、おたつ(南沢奈央)、そ...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第二回 [レベル999のgoo部屋]
『忘れえぬ初恋』 「忘れえぬ初恋〜乱世に芽生えた淡い恋心」 内容 元服した官兵衛(岡田准一)は、 “出過ぎた真似はするな”と父・職隆(柴田恭兵)から注意を受けた上で、 主君である御着城主・正職(片岡鶴太郎)の近習となった。 もちろんそれは、人質。。。。ではあ...... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第2回 「忘れえぬ初恋」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
元服した官兵衛(岡田准一)は、政職(片岡鶴太郎)の近習となり、初陣の時を迎えた。 敵の陽動作戦を見抜いた官兵衛は、絶体絶命の左京進(金子ノブアキ)を救うが、逆恨み されてしまう。 同じころ、宿敵・赤松家への対抗策として、黒田家に政略結婚の話が持ち上り、官兵衛の 幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれる。 お互い憎からず思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。 そして婚...... [続きを読む]

« 2013年10月の読書 その2 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第43話「たましいのつるぎ!うなれストレイザー」、第44話「わらうカオス!はめつのカウントダウン」 »

作品一覧