2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« リーガルハイ(2013) 9話 | トップページ | 2013年10月の読書 その1 »

2013年12月13日 (金)

劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇:映画

2013年製作 日本 91分 

公式サイト

Spec2

監督:堤幸彦/脚本:西荻弓絵/エグゼクティブプロデューサー:濱名一哉/プロデューサー:植田博樹・今井夏木/アソシエイトプロデューサー:大原真人・渡邉敬介/ラインプロデューサー:市山竜次/音楽:渋谷慶一郎・ガブリエル・ロベルト
出演:戸田恵梨香、加瀬亮、竜雷太、北村一輝、栗山千明、有村架純、載寧龍二、岡田浩暉、松澤一之、香椎由宇、KENCHI、遠藤憲一、渡辺いっけい、三浦貴大、向井理、大島優子/神木隆之介/イ・ナヨン、浅野ゆう子、福田沙紀、城田優、田中哲司、安田顕、真野恵里菜

戸田恵梨香と加瀬亮と堤幸彦監督による、“未詳”こと未詳事件特別対策係捜査官対“SPEC”こと特殊能力者との激戦を描くシリーズ完結編二部作の後編。最終章となる本作では、これまで隠されてきた数々の謎がついに解き明かされる。テレビドラマ版レギュラー陣に加え、向井理に大島優子、香椎由宇に遠藤憲一ら豪華キャストが共演。全人類の未来を左右する、スケールの大きなストーリーの結末から目が離せない。(Yahoo!映画より)

@TOHOシネマズ

.

根本的なネタばれなしです。
事前に予想できるシーンのみ、少しやばそうな所は固有名称は書きませんでした。
でもちょっとネタばれを含んでいるかも?(汗)
その上、

ものすごく突っ込んでいます。

ご注意くださいませm(_ _)m
.
.
.
.

どんな結末が描かれるのか。

ストーリーはともかく、映画全体の雰囲気は前編を観て大体推測できましたし、前編のパンフで、広げすぎて収拾がつかなくなるかも、というようなことをプロデューサーが語っていたこともあり、相当覚悟を決めて観にいったのですが、予想以上の出来でした(泣)
.

まず、世界観から。

人が次々と簡単に亡くなるのは、そういう映画だから、としても。

世界中、いや少なくとも日本を覆った大厄災は、すべてなかったことになったの?
もし、そうだとしたら、亡くなった人たちはどうなったの?
いや、なかったことにはなってないはず。
何故なら彼はああなったままだし、亡くなった人・・・少なくとも彼は亡くなったままだし。
ラストの長い長い長いシーンは、時を漂う彼女の記憶で、実際は破壊された世界が広がっているのか?
だとしたら、ラストの街角のシーンは○ラレル○ールド?

どこまでが○ラレルなのか非常に曖昧でした。
観る人の解釈に任せる、ということなのでしょうが、あまりに任せすぎ。
論理的な部分をもう少し入れ、決めるところは決めてくれないと。
SFとファンタジー(この映画の場合は伝承?)をごちゃまぜにしたままでした。
それでもエンターティメントがあればいいのですが、それも未消化なまま。

次に映像。

ずっと同じところで戦っているのね(溜息)

VFXなどを駆使してはいたのですけれども、美術、衣装・・・アナログの部分が貧弱なので、作品全体がチープに感じてしまいました。
まあ、チープでもいいのですけれどもね。面白ければ。(毒;;

.

その他・・・

アクションSF(?)なのに、クライマックスはキャストたちが対峙しあっているだけ。画が動かないので、何とも間延びして見えたのは否めません。

加えて。
同じ場所で、キャストの組み合わせを変えただけで、同じ内容のセリフを二度も言わせる構成はどうなんだろう、と。
そのことが気になって、このセリフが映画の一番の肝なのに、全く感動できませんでした。

前編ラストもそうでしたが、本作も延々と流れるラストシーンなど、映画としての尺を保つため、としか思えなかったです。
大人の事情があるのは察せられるのですけれども、多少長くなっても、前後編を1編にまとめた方が、少なくともスピード感は出たと思います。

浮遊シーンをエンドロールにして、あのカットでさっと終われば、まだ少しは引き締まったかもしれません。

練れていない設定のために悪役・・・の方々まで巻き添えを食ってしまい、薄っぺらなキャラに見えてしまったのは、何ともお気の毒でした。

「結」は当麻の物語だ、と加瀬さんが語っていた通りの内容ではありましたが、前編にはまだあった、当麻と瀬文の掛け合いがほとんどなかったのは、このコンビのファン、すなわちテレビシリーズからのファン、あの独特の世界観を楽しみにしていたファンの期待を裏切るものではないでしょうか。

本作はドラマあっての映画なのだから。

せっかく育てたコンテンツを見事に壊してしまった作品。

観終わった後、若い女性の二人組が「何がどうなったのか、よくわからない」と呟いていました。

そうだよね・・・

.

.

.

甲の回 乙の回 丙の回 丁の回 戌の回 己の回 庚の回 辛の回 壬の回 癸の回(最終回) 翔の回(SP) 劇場版 SPEC~天~  SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~零~ ひとこと感想 劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« リーガルハイ(2013) 9話 | トップページ | 2013年10月の読書 その1 »

*DVD・映画・観劇 さ行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇:映画:

» 【 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇】ソロモンの鍵 [映画@見取り八段]
劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻ノ篇     監督: 堤幸彦    出演: 戸田恵梨香、加瀬亮、向井理、大島優子、竜雷太、北村一輝、栗山千明、香椎由宇、有村架純、遠藤憲一、KENCHI、浅野ゆう子、神木隆之介、城田優、田中哲司、安田顕、真野恵里菜、三浦貴大、イ・ナ…... [続きを読む]

« リーガルハイ(2013) 9話 | トップページ | 2013年10月の読書 その1 »

作品一覧