2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 八重の桜 第50回 最終回「いつの日も花は咲く」 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第41話「ヤナサンタ!デーボスせかいけっせん」 »

2013年12月16日 (月)

八重の桜 感想まとめ

公式サイト

幕末維新の時代を、今までは「敵」として描かれることが多かった会津側から描いた大河として、記憶に残る作品となりました。

前半、会津が、運のなさ、そして時代の読み違いもあって、次第に追い詰められて行く様子には、引き受けちゃだめ、と、何度呟いたことか。
政治の力学に翻弄されるた人々、昨日までの穏やかな日々が一気に崩れ、追い詰められて行く会津に暮らす人々、そして武士としての矜持があればこそ、死を選んだ人々。

全ての人々に、合掌。

どうしても政治がメインになるので、八重の登場シーンは多いとは言えなかったかもしれませんが、武士たちの平穏な生活の象徴として、権謀渦巻く政治の世界との良き対比となっており、物語の基調になっていたと思います。
政治の世界に無理矢理登場させなくって、良かったです。

しかし後半は、大きな出来事を年表的に連ねているだけの話が多く、求心力が低下しました。
八重、そして八重の周囲の人々のエピソードと歴史がうまく絡んでおらず、ドラマとしてのポイントが分散してしまったように思います。
尚之助を筆頭に、きちんとした資料が残っていない人物たちのドラマを構築しきれなかったのも残念でした。

前半、魅力的だった覚馬、浩たちのキャラが後半で失速したのは、明治に生きる彼らの気持ちをセリフに頼って描いたからではないか、彼らサブキャラの物語を上手く紡いでいなかったからではないか、と思いました。
魅力的なキャラが新たに登場しなかったのもそのためかと。

あと、同志社創立時の、例えば熊本バンドや、外国人宣教師との対立など、中途半端な印象を受けるエピソードがあったこと、そして、みね、久栄のエピソードの組み立て方のアンバランスさなど、後半はドラマの構造に対しての突っ込みが多かったです。

セリフそのものは、考えさせられるものが多かったのですけれども、史実とフィクションが表裏一体となっていくダイナミックさ、醍醐味は感じられませんでした。

一番気になったのは、後半になってから、八重をどう動かすかが迷走気味のように見えたことです。
八重という女性を主人公に据える時に、八重を中心に明治以降を描くことの難しさはわかっていたにも関わらず、です。

と、色々突っ込みをいれましたが、綾瀬さんは「あきらめない」という信念を持って激動を時代を生き抜いた八重という人物を、エピソードに多少の無理があっても(汗)、存在感と瞬発力、眼差しの強さで、見事に演じきられたと思います。

終わってみれば、まさしく大河の主人公でした。

両親、兄弟、夫、姪たちに先立たれ、子もなく。
広島での激務を終えて、出迎えるものの誰もいない邸に帰ったシーン。
会津での大家族の風景を思い起こし、思わず涙しました。
しかし、それでも八重は未来を切り開いていくのです。

50話の感想で、頼母とのシーンにあまり感動しなかった、と書きましたが、八重の静かな強さは即々と胸を打つものがありました。

最終回に爽快感を求めるのは、その後の日本の歩みと直結している時代なので、無理というものでしょう。

綾瀬さんをはじめとするキャストの皆さん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

.

.

01 02 03 04、05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36、37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 最終回

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 八重の桜 第50回 最終回「いつの日も花は咲く」 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第41話「ヤナサンタ!デーボスせかいけっせん」 »

△大河:八重の桜」カテゴリの記事

コメント

>前半、会津が、運のなさ、そして時代の読み違いもあって、次第に追い詰められて行く様子には、引き受けちゃだめ、と、何度呟いたことか。

わかりますわかります(;_:)
「会津の教え」は清々しい教えですが、みんなの首もしめましたよねぇ…。

>八重、そして八重の周囲の人々のエピソードと歴史がうまく絡んでおらず、ドラマとしてのポイントが分散してしまったように思います。

会津を入れ込むために無理をした部分が自分的には一番違和感でした。
そう。尚之助さまなんて、無理に出した分、かえって気の毒だったような…。

また。元会津藩の方々、特に山川浩に関しては、会津戦争が終わってから
一体何をしている人なのかサッパリ解らない感じになってましたね^^;
いつも家に居て、不穏分子かご隠居なのかって感じでした。
出すなら出すで、ちゃんと描いてほしかったですね。

まぁ、でも何だかんだ言いつつも好きな大河でしたよ。
女性主人公でここまで納得できる物は初めて見たかも知れない…それもこれも、
前半の描き方が

>政治の世界に無理矢理登場させなくって、良かったです。

これに尽きます。
「戦はイヤじゃ」と言わない武家の娘、どこでもドアを使わない女性主人公は
大河にとっては貴重な存在でした。

1年間お疲れ様でした~。
来年の大河もよろしくお願いします^^

くうさん、お疲れさま~

>「会津の教え」は清々しい教えですが、みんなの首もしめましたよねぇ…。
武士としてはとっても正しいのですけれどもねえ。
これからのち、生活に密着した武士の生き様は滅びてしまい、概念だけが都合の良いように使われた気がします。

幕末維新と言えば、新しい時代を作る人たちがメインのことが多かったので、今回の大河は、滅び行く文化についても、色々と考えさせらました。
身分制度があった時代がいいとは決して思いませんが、失われたものも大きかったのではないかな、とか。まあ、それが変革、というものなのでしょう。

>尚之助さまなんて、無理に出した分、かえって気の毒だったような…。
ここねえ、ここで引っかっちゃったですねえ(涙)
山川浩だって、教育界の重鎮、さらには貴族院議員になっているのにねえ。ほんと、不穏分子ですよ(苦笑)
わからないことはwikiを見ればいいってシステムだったのかな~(毒;;)

と、まあ突っ込みつつも、最後まで投げずに観ることができました。

>「戦はイヤじゃ」と言わない武家の娘、どこでもドアを使わない女性主人公は大河にとっては貴重な存在でした。
ほんと、特に歴史物語で「どこでもドア」を使われると醒めちゃいますからねえ。
史実においても特異な女性だったらしい八重を、等身大に近い姿で描いていたと思います。
きれい事はあれども。
戊辰戦争の時の、遠い都での政争があれよあれよと身に迫ってきて、気がついたら武器を手に取り、自分たちの町や家族を守るしかなくなってしまった、という緊迫感は、八重が主人公だからこそ描けた物語だと思います。

>1年間お疲れ様でした~。
>来年の大河もよろしくお願いします^^
こちらこそお疲れ様でした。
来年は時間の都合で、もっと簡素な感想になるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/58766441

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 感想まとめ:

» 八重の桜 第50回(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『いつの日も花は咲く』 「絶対にあきらめない!今、福島・東北に誓う」 内容 明治27年、八重(綾瀬はるか)は、広島の陸軍予備病院にいた。 看護婦達を指揮し、日清戦争の負傷者を日本、清国、両者を分け隔て無く、 毅然とした態度で看護をしていた。 中には、危険...... [続きを読む]

» 八重の桜 最終回「いつの日も花は咲く」〜人は自分の花を咲かせるために生きている [平成エンタメ研究所]
 政府の機関紙のように軍備増強を煽る記事を書く徳富蘇峰(中村蒼)はこんなことを言う。 「国家のためです。私は国を愛する者です」  これに対して八重(綾瀬はるか)。 「襄も愛国者でした。でも、襄が愛した国というのはそこに暮らす人間一人一人の事です」  この...... [続きを読む]

» 【八重の桜】第50回 最終回 「いつの日も花は咲く」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
明治27年、八重(綾瀬はるか)は、従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の 負傷兵たちを看護していた。 院内は伝染病が発生して危険な状況だったが、八重はひるむことなく勇敢に看護に従事し、 若い看護婦たちを見事に統率する。 すると、その功績がたたえられ、皇族以外の女性で初となる宝冠章を叙勲。 しかし、戦争がきっかけとなった叙勲を素直に喜べない八重は、晴れない気持ちを抱いた...... [続きを読む]

» 『八重の桜』最終回「いつの日も花は咲く」★空に傘の花「私は諦めねえ」 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』最終回「いつの日も花は咲く」 最終回をスルーするわけにも行かないから感想を・・・・。 −◆− 1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の負傷兵たちを看護。 大暴れしている清国人患者。 若い看護婦達は「手に負えません」と八重に助けを求めます。 言葉も通じない清国人患者に「傷が膿んでいます。すぐ治療を受けなければ足をなぐすことになりますよ。落ち着いて、私はあなたを助ける。心配いらねえ。赤十字の看護に敵も味方もねえがら。... [続きを読む]

« 八重の桜 第50回 最終回「いつの日も花は咲く」 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第41話「ヤナサンタ!デーボスせかいけっせん」 »

作品一覧