2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« よろず占い処 陰陽屋へようこそ 8話 | トップページ | 八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」 »

2013年12月 5日 (木)

2013年11月のまとめ~秋クールドラマの中間報告:その2

学生時代から通っていた近所の大手レンタルDVDショップが撤退してしまって、大ショック。
そういう時代なのですね・・・
.

今クール、レギュラーで感想を書いているのは日曜9時「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?」火曜10時「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」水曜10時「リーガルハイ」木曜10時「独身貴族」の4本。

クール外では「仮面ライダー鎧武」「恐竜戦隊キョウリュウジャー」「八重の桜」の3本です。
.

※上記の各感想には左のカテゴリーからアクセスできます。

「猫侍」、カテも作ったのに、時間がなくって放置状態に(大汗)
リタイアはしておりません。まったり楽しんでいます。
「独身貴族」はリーハイの感想を書くのに時間がとられてしまい、中々コンスタントに書けない状態です。

リタイアしたのは「彼岸島」。
5話までは見たのですが、やはりスプラッタ系は苦手ですわ。結末もそれほど多くのパターンがあるとも思えないので。

以下、毎回視聴しているけれども、感想を書いていないドラマについて簡単に。

.

「海の上の診療所」
中盤すぎまでパターンを辛抱強く(^^;;)繰り返すことで、後半のパターンをネタにする話が生きてきました。
同時に松田さんの飄々とした雰囲気をうまく生かされてきて、月9枠であることを気にせず、まったりと気楽に見れるようになりました。
眞子のスリッパが楽しみです。

戸田さん、予想通り、引っ張ったわりには即、退場しちゃいました。
お母さんの手術で締めるのでしょうか、それとも羽鳥みたいにうっちゃりに持っていくでしょうか。後者の方を、期待。明るくのんびりと終わって欲しいです。

「ミス・パイロット」
千里が離脱したあたりから、ながら見になっちゃいました。
どこまでいっても梅ちゃんだし。パーティはいくらなんでも無神経すぎるかと。

「ダンダリン~労働基準監督官」
原作未読です。
過去、この枠のお仕事ドラマの中は何作品もありましたが、その中ではかなり水準の高い作品だと思います。
来週最終回ですので、詳しい感想は12月のまとめで書きます。

「都市伝説の女 part2」
すでに終了しました。
感想は12月のまとめで書きます。

「東京バンドワゴン」
原作未読です。
後味がよく、下町ファンタジーとしてうまく作られていると思います。ほのぼの見ています。

「変身インタビュアーの憂鬱」
BGMに「熱海の捜査官」の時と同じ、エリック・サティを使ってました。
パロディというより、兄弟作、といった趣きです。
今度は現実的な解決があるのか、それとも・・・
三木さんの世界を楽しんでいます。

番外編として

「ごちそうさん」
ヒロインが実年齢に近き、現場全体がこなれてきたこともあって、落ち着いて見れるようになりました。
小姑の嫁いびり話は、木村さんのうまさのおかげで何とか乗り切れそう。
宮崎さんの、一筋縄ではいかない性格も、幼い頃から働いてきたためなのかなあ、と。
ヒロインについて賛否両論沸き起こるのは、朝ドラ名物。そしてそれだけ多くの人に見られているということなのでしょう。

突っ込みどころはありますが、面白く見ています。
商家の人々が話す船場言葉が珍しい。今や落語でないと聴けない言葉です。

和枝が株をやっている、という設定で、市営市場で衣料品店・・・というより雑貨品店を営んでいた祖母のことを思い出しました。

旦那(つまり祖父)の道楽が原因で温泉宿を潰した後、都会に出て8人の子供を育てながら様々な商売を経たとか。

直角に曲がった腰の、たいがい着物を着ている小さな人で、ごちゃごちゃした狭い店の奥にちょこんと座って、常連さんと話し込んでいた姿が目に浮かびます。

その姿からは想像もできなかったのですが、株を自分の才覚のみでちょこちょこやっていたとのこと。
そういやいつもラジオを聴いていたし、新聞もまめに丹念に読んでいました。
そして少し儲かると、嫁に行った娘・・・つまり母に、亡くなる直前まで、小遣いをそっと渡していたそうな。
祖母の商才のDNAは、母にも自分にも、全く受け継がれず。残念(_ _)

今後、和枝は大火傷するみたいです。それはそれで心配です。
.

あと、「トトリ」はまだ皆見終わっていません。
アニメもいくつか見ているため、時間的に非常にタイトになってます(汗)。
今期は「黒子」「キルラキル」もありますが、「リトルバスターズ ~Refrain~」の不条理な展開が一番気になっています。どうなるのだろう。

.

.

2013年10月のまとめ~秋クールドラマの中間報告
2013年秋クールドラマ 初回の感想その2 「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?」「海の上の診療所」「ミス・パイロット」
2013年秋クールドラマ 初回の感想その1 「ダンダリン~労働基準監督官」「独身貴族」「東京バンドワゴン」
2013年秋のドラマ:視聴予定

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« よろず占い処 陰陽屋へようこそ 8話 | トップページ | 八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」 »

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第4クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年11月のまとめ~秋クールドラマの中間報告:その2:

« よろず占い処 陰陽屋へようこそ 8話 | トップページ | 八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」 »

作品一覧