2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« よろず占い処 陰陽屋へようこそ 11話 最終回 | トップページ | 猫侍 #03~#12(最終話)ざっくり感想 »

2013年12月26日 (木)

独身貴族 #08~#11(最終回)ざっくり感想

公式サイト

ずいぶんとさぼってしまいました。
本当はリタイア宣言をして、クールまとめで感想を書くべきなのでしょうが、そのふんぎりすらつけれぬまま、終わってしまった(汗)

えーっと、かなり突っ込んでいます。ご注意くださいませ。
.
.
.
.

作品内容に干渉してくるスポンサーが登場する8話。
進はばっさり断っちゃって、守の結婚で何とかスポンサーを引っ張ってくる、というお約束のパターンにはなっていましたが、雰囲気はリアルで面白かったです。

スポンサーと監督を含む作家、そして現場のせめぎ合いの末に作品が生まれてくる。
そんな苦労の末作られた映画を、いともばっさり切っちゃう観客(大汗)

9話はロケーションをめぐる葛藤でした。
初めてプロデューサーに抜擢されて張り切る川越。
ドラマ開始当時は、上に弱く下に強い小物だった川越が、この頃からどんどんいい人になっています。
残念なのは、川越がゆきのシナリオに感銘を受けた描写が、ここまでに全くなかったことです。それどころか、読んでいたの?とびっくりしてしまったくらいです。
ですので、いきなりはるの希望を適えるために奔走する姿は、それはそれで清清しかったのですが、なんだか唐突に感じてしまいました。
専務への思いが完全に片思いだとわかってから、良い人になっていく緒方の方が、蓮佛さんのキャラと相まって、まだ自然に見えました。もともと意地悪な人じゃないってことが漂ってましたから。ま、こちらも、ゆきのシナリオに感銘を受けていた描写はありませんでしたけれども。

新人のPを信用しない現場スタッフたちの雰囲気は、バックステージものらしい本物感が出ていました。

ここまで、主役三人のことを書いてませんな(大汗)

10話は守の本心を見抜いて式場から逃げ出す玲子。
進と付き合っていつけれども、守に惹かれている自分の気持ちに嘘がつけず、シナリオが完成すると同時に故郷に戻ってしまうゆき。
ゆきから守のことを聞き出す玲子さんの表情が印象的でした。
守の人となりについては湯水のごとく語るのに、進のことは、バランスの良い人、と一言で終わらすゆき。なんと王道でわかりやすーい展開(笑)

そして11話、最終回。
玲子と進。それぞれ、相手のことを思いやって、自分の方から別れを切り出します。
進に大掛かりな茶番で後押しされ、ゆきから告白され、玲子にお子ちゃま、と引っぱたかれ、ようやくゆきを迎えに行く守、で、THE END。
玲子さんの啖呵が一番印象に残りました。

.

守とゆきが結ばれるまで。
映画製作の困難さや、シナリオライターの苦悩を描くドラマなく、あくまで王道を目指した「ラブコメディー」(公式イントロより)すので、ストーリーそのものへの突っ込みはやめておきます。

ですが、王道ゆえ、主人公たちのキャラ造形及びシチュエーションなどに、シナリオ及び演出の熟練さが問われるジャンルです。

そういう意味で成功していたとは思えませんでした。

まず、ラスト2話のBGMからスコット・ジョップリンの曲がなくなってしまい、玲子さんがマジモードになるにつれ、ドラマからコメディー色が消えてしまったこと。
やっぱりコメディーは置き去りにされるのね、とがっかりしました。

次に、ヒロインを応援したくなるようなエピが後半、なくなってしまったこと。
それどころか、何やってんの、って突っ込んでばかりでした(汗)
特に鍵となるネックレス。
あんな高価そうなものをずっと返さないでいるっていう設定は、どうかと思うのですが。

さらに、進のどこが「離婚勇者」(公式イントロより)なのか、わかりませんでした。
離婚が成立していないのに、ゆきにプロポーズし、マンションまで借りてしまうところ?
何か、重要なエッセンスが抜けている気がしました。

守については、もう、何度も書きましたが、仕事しているところを描いて欲しかったです。

初回、大物シナリオライターに嘘をつかれて落ち込むエピ。守の負の部分が描かれていて非常に印象的だったのですが、その後、このエピに関連しての守のコンプレックスを描いた場面は一切出てきませんでした。あのエピはいったいなんだったの?

守だけでなく会社も、あまりにも「8月のボレロ」にかかりっきりなので、あれだけの人数の社員が養えるのか、心配になってしまいましたよ。
まさか技術スタッフまで自前じゃないですよね?・・・こういうところを突っ込みだすと、キリがないのですけれども。

シナリオライターをもう1人くらい登場させていたならなあ。
「8月のボレロ」一作だけで11話は、引っ張りすぎだと思うのですが。
.

当初は草ナギさんのシリアスな面と軽快な部分がうまくミックスされるかと期待していたのですが、中盤から軽快さを表すエピソードがなくなってしまい、結局「僕生き」路線になってしまったのが、あくまで好みですが、残念でした。

終盤の重苦しさというか、まどろっこしい展開を救ったのは、平岩さんでした。
当初の、KY風なキャラから、自分の気持ちと向き合い、相手や周りのことをじっと観察するキャラへの変化に無理がありませんでした。
深窓の令嬢というノーブルな役に、芯の強さとコミカルさを交えつつ演じられていて、このドラマの中で一番、美しくてブレなかった人だと思います。

北川さんは言うまでもなく美しいですし、美しく撮っていたのですけれども、「春野ゆき」のキャラが中途半端でつかみどころがなかったのが残念です。

残念、ばかりになってしまいまいした。(ため息)

主人公三人を演じられたキャストの皆さんが、次回は良い脚本にめぐり合えることを願っています。

.

.

01(2013年秋クールドラマ 初回の感想その1) 02 03 04 04~07

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« よろず占い処 陰陽屋へようこそ 11話 最終回 | トップページ | 猫侍 #03~#12(最終話)ざっくり感想 »

#ドラマ:2013年第4クール」カテゴリの記事

□独身貴族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/58824279

この記事へのトラックバック一覧です: 独身貴族 #08~#11(最終回)ざっくり感想:

» 独身貴族 (第11話 最終回・12/19) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ『独身貴族』(公式) 第11話 最終回『恋の結末』の感想。 姿を消したゆき(北川景子)から退職願が届き、川越(藤ケ谷太輔)や須美花(蓮佛美沙子)は驚く。だが、守(草ナギ剛)は平然と「ゆきの意思だから仕方がない」と言う。同じ頃、進(伊藤英明)は玲子(平岩紙)と対面する。玲子から、星野家の長男の嫁に受け継がれるネックレスの在りかを聞かれた進は、ゆきが持っていることを...... [続きを読む]

» 独身貴族 第11話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
「恋の結末」 内容 完成した脚本を守(草なぎ剛)たちに残し、ゆき(北川景子)は姿を消した。 その直後、退職願が届けられる。“彼女の意思だから”と守は言うが。。。 そんななか、進(伊藤英明)は、玲子(平岩紙)から呼び出しを受ける。 星野家のネックレスが、ど...... [続きを読む]

« よろず占い処 陰陽屋へようこそ 11話 最終回 | トップページ | 猫侍 #03~#12(最終話)ざっくり感想 »

作品一覧