2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーウィザード #53「終わらない物語」最終回 | トップページ | 身辺雑記:PC買い替えました。 »

2013年10月 1日 (火)

キングオブコント2013

大分遅くなりましたが、毎回書いているので、今年も感想をメモっておきます。

去年も出ているチームを、ほとんど覚えていないのに、愕然(大汗)。
.
.

-------------
<1stステージ>

1.うしろシティ
ミュージシャン+学生ネタ。コントというよりお芝居のようで、あまり笑えませんでした。セリフが噛み気味だったのも気になりましたし。去年の方が面白かったかも。
得点の基準がわからないトップバッターって、損ですね。

2.鬼ヶ島
トリオ。音楽の授業での、音痴の生徒ネタ。
ストレートでわかりやすい笑いでした。三人のバランスが良かったです。
最後に噛んだのは、美味しかったです。

3.かもめんたる
"みつを"ネタ。ドタバタではない、スプラスティックな感じだったのは好みなのですが、ネタ及び言葉にインパクトがなかったかも。
点数は結構良かったのですけれども、それほど面白いとは思いませんでした。

4.天竺鼠
鼠って、書けないよー(笑)
小学生とお寿司のナンセンス・ビジュアルネタ。
好みは別れるでしょうが、それを承知の、わが道を行っているコンビです。

5.アルコ&ピース
ランソウさんとセイシさんネタ。ミクロの世界ね。発想は面白かったです。
「生きることは美しい」は、ネタの特異性に対する反発を避けるためのオチでしょうか。
どうせならもっといかがわしくっても良かったかも。
苦情の電話・・・もし、本当なら、暇な人たちもいたもんだ(怒)

6.TKO
アラフォー、頑張ってるなー。
ぬいぐるみネタでした。うーん、あんまり面白くはなかったです。
松本さんの「近鉄劇場」という突っ込みに笑っちゃいました。←わかる人にはわかる。

7.ジグザキジギー
病い明けの教師と教え子ネタ。
病気なんだか狼男なんだかわからない、という教師を演じる力はさすがでした。でも、彼の演技力に頼りすぎていたかも。

8.さらば青春の光
職場の先輩後輩ネタ。
「ライブ誘うの、やめてくれへん」とか「ちゃんと貶してくれへん」とか。
間がよく、セリフが面白く感じられました。一番形になっているように思ったのですが、点数はあまりのびず。

.

1stステージの順位と点数

1. かもめんたる 923
2. 鬼ヶ島 904 
3. さらば青春の光 899
4. TKO 896
5. 天竺鼠 879
6. アルコ&ピース 831
7. ジグザグジギー 825
8. うしろシティ 773

-------------
<2ndステージ>

1.うしろシティ
父親と娘の恋人。
恋人の設定は面白かったです。でも、やっぱり、今回は滑舌がいまいちな気がしました。

2.ジグザグジギー
刑事と犯人ネタ。
ダンスがゆるいのは、わざと?ボケの人のキャラ以外、あまり印象に残ってないです、すみません。

3.アルコ&ピース
携帯変更のネタ。アユ=au(笑)。
場数を踏んだネタだったらしく、よくこなれていて面白かったです。
でも、点数は伸びませんでした。

4.天竺鼠
交通事故ネタ。これまたトリッキーなネタです。オチがなかったのが、残念。
でも、意外と高得点。

5.TKO
通販番組ネタ。TKOさんの世界だなー。安心してみていられるのですが。
木本さんの「やってる途中で、こんなもんやな」という感想の方が印象に残りました。
DTさんにも突っ込まれてましたが、ステージの上であきらめたらあかんよ、ほんと。

6.さらば青春の光
オカリナネタ。まとまってはいたけれども、一本目に比べると世界観にいま一つインパクトを感じませんでした。

7.鬼ヶ島
カフェでの学生たち。1本目とほとんど同じ流れでした。
とにかくボケの人が目立つネタ。
ツッコミ専門と、時には傍観者、時には引っかきまわし役になる第三者。典型的なトリオのパターンです。
今のところ、ボケの人のキャラ押しで留まっているみたい。それぞれのキャラが生きるネタを練ってくれば、もっと面白くなると思います。

8.かもめんたる
ダメダメな付き人ネタ。ちゃんとオチていました。
一本目より面白かったです。

.

2ndステージの順位と点数

1. かもめんたる 982
2. 鬼ヶ島 950
3. 天竺鼠 946
4. さらば青春の光 847
5. ジグザグジギー 819
6. うしろシティ 814
7. TKO 808
8. アルコ&ピース 802

-------------

<総合順位>

1. かもめんたる 1905
2. 鬼ヶ島 1854 
3. 天竺鼠 1825
4. さらば青春の光 1746
5. TKO 1704
6. ジグザグジギー 1644
7. アルコ&ピース 1633
8. うしろシティ 1587

.
.
.

優勝者はかもめんたるでした。

去年はネタの面白さ、熟練度、キャラの完成度の全てにおいてバイキングが断トツだったので迷いませんでしたが、今年は、小粒っというか、団栗の背比べ、そして優等生的。
よく言えば、発展途上、という印象を受け、迷いました。

発展途上でも、破壊力があれば優勝はしなくても印象には残ると思うのですが、コンビまたはトリオの中に印象に残るキャラはいても、それがネタの面白さには繋がっていなかったように感じました。
あくまで好みです、すみません。

天竺鼠は愛嬌が滲みでてくれば・・・とは思うのですけれども、それは、今、彼らが目指すところではないのでしょう。

よくステージにかけているネタはこなれているので、初めて見ると面白い。
その一方で、審査員がお笑い芸人なので、普段見慣れているのでインパクトがない、という弱点にも繋がるのかな、と思いました。

個人的に面白かったのは一本目のさらば青春の光、二本目のアルコ&ピース。
かもめんたるはキャラがちと弱かったように思いました。もっとヘンになってもいいんじゃないかな、と。
今年は総合的に、このコンビまたはトリオが一番、というのは決められませんでした。

みなさんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

.

歌ネタ王決定戦2013
R-1ぐらんぷり2013
ドリームマッチ2013
THE MANZAI 2012
キングオブコント2012
R-1ぐらんぷり2012
ドリームマッチ2012
THE MANZAI 2011
キングオブコント2011
R-1ぐらんぷり2011
ドリームマッチ2011
M1グランプリ2010
キングオブコント2010
R-1ぐらんぷり2010
ドリームマッチ2010
M1グランプリ2009
キングオブコント2009

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーウィザード #53「終わらない物語」最終回 | トップページ | 身辺雑記:PC買い替えました。 »

@お笑いコンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングオブコント2013:

« 仮面ライダーウィザード #53「終わらない物語」最終回 | トップページ | 身辺雑記:PC買い替えました。 »

作品一覧