2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ドラマスペシャル「いねむり先生」 ひとこと感想 | トップページ | 2013年8月の読書 その1 »

2013年9月20日 (金)

風立ちぬ:映画 簡単感想

公式サイト

Photo

原作:宮崎駿
監督、脚本:宮崎駿/プロデューサー:鈴木敏夫/作画監督:高坂希太郎/音楽:久石譲/撮影:長岡博之/アニメーション制作:スタジオジブリ
出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎

宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れをつづる。主人公の声には『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明監督を抜てき。ほかに、瀧本美織や西島秀俊、野村萬斎などが声優として参加する。希代の飛行機を作った青年の生きざまと共に、大正から昭和の社会の様子や日本の原風景にも注目。(YAHO映画より)

@MOVIX

.

原作未読です。

宮崎さんのファンでもなく、零戦が好きなわけでもない、通りすがりの観客として、ネタばれなしの感想です。

零式戦闘機の歴史については昔、吉村昭さんの著書を読んだことがありますが、仔細はほとんど忘れています(汗)

ひとつだけ覚えているのは、零戦のスピードを上げるために、機体を当時としては究極に軽くしたため、機銃攻撃に非常に弱かった、ということです。
今なら軽くて丈夫な素材を作る余裕があったでしょうが、当時は搭乗員の保護を切り捨てるしかなかった、というより、人命尊重、なんていう概念はなかった。
無傷で残った機体が一機もない、というのが悲しかったことも、覚えています。

この映画では、個性を持った搭乗員は登場しません。

空を飛ぶって、楽しい。
そして零戦は美しい。
しかし、戦争がなければ零戦は生まれなかった。
遊びの許されない、究極の状況で作られた飛行機、零戦。

戦艦や潜水艦もそうですが、人間の知恵の結集です。
こんなに興味引かれる乗り物はありません。
でも、たいそうお金のかかる・・・武器なんですね。
でも、でも、武器の部分を含めて、洗練されたメカニックに対する憧れはどうしようもなく自分の中にあるのです。

そんなことを思いながら、観ました。

.

主人公の葛藤は、そのまま宮崎さんの葛藤。

「少年H」もそうでしたが、自分の生きている時代を、知恵を振り絞って精一杯生きている人たちを描いていました。
彼らが生きた時代は、彼らの前の世代の人々が積み上げてきた結果なのです。

話題になっていた声優・・・さんについては、最初は違和感がありましたが、途中で気にならなくなりました。
エンジンの音が人間の声の合成なのが、印象的。
再会してからの二郎と菜穂子のシーンにはほっとしました。そこには人間の生活があるから。

正直言って、「映画」として面白いかどうかは、微妙でした。

何と言っても難しいテーマですから・・・エンターテイメントとメッセージがせめぎあっているような気がしました。うまく消化されていないというか。

でも、この消化されていない部分こそが、宮崎さんが観客に問うところなのだろう、とも思いました。

.
.

ラストの一連のシーンには、思わず涙しました。
多少ネタばれになるので反転します。

特に、空高く幾千機も飛行する、美しいまぼろしの零戦。
あの零戦、一機一機に、人が乗っていたのだ、と思うと。

.
.

時間をやりくりして観に行って、良かったと思います。

.

.

.

.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« ドラマスペシャル「いねむり先生」 ひとこと感想 | トップページ | 2013年8月の読書 その1 »

*DVD・映画・観劇 か行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風立ちぬ:映画 簡単感想:

» 【風立ちぬ】美しい飛行機と美しい夢 [映画@見取り八段]
風立ちぬ      監督: 宮崎駿    出演: 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 公開: 2013年7月20日 2013年7月4日。劇場観賞。(試写会) 2週間も前に試写会で見たの…... [続きを読む]

« ドラマスペシャル「いねむり先生」 ひとこと感想 | トップページ | 2013年8月の読書 その1 »

作品一覧