2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーウィザード #51「最後の希望」  | トップページ | クロワッサンで朝食を:映画 »

2013年9月17日 (火)

半沢直樹 第8話、9話

公式サイト

まとめて簡単にメモっておきます。

8話 

ナルセンが破綻すると、これまで費やしてきた110億円以上もの投資が損失となってしまい、伊勢島ホテルは再び窮地に追い込まれる。事態を重く見た銀行幹部は、半沢を伊勢島ホテルの担当から外す方向で話を進めようとする。食い下がる上司の内藤(吉田鋼太郎)に対し、大和田常務(香川照之)は本番の金融庁検査の前に模擬検査を行うことを提案。大和田の息のかかった融資部の福山啓次郎(山田純大)を半沢の後任候補とし、模擬検査で一騎打ちをすることになった。(公式サイトより)

9話

近藤(滝藤賢一)が知ることになったタミヤ電機を舞台にした迂回融資事件。タミヤ電機を隠れ蓑にし、3千万円もの融資を受けていたのは、何と大和田常務(香川照之)の妻・棚橋貴子(相築あきこ)が経営する会社だった。(公式サイトより)

.

原作未読です。

8話のクライマックスは福山と半沢の対決、というか、伊勢島の人間にあったこともない頭でっかちの福沢では、半沢の相手になりませんでした。

一方で近藤の追求で次第に暴かれるタミヤ電機の闇。
その3000万円の融資はどこへ消えたのか?
いや、8話のラストシーンは衝撃でした。

9話では、田宮が大和田の話を受け入れる5年前の回想シーンが。
当時京橋支店支店長だった岸川とともに田宮を説得する大和田。

絶対に返すから。
このことには私は一切関わりがない、ということで。

しかし3000万円の融資はいまだタミヤ電機には渡らずじまい。
大和田、悪い奴だとは思っていましたが、絶対にやっちゃあいけないことまでやってたんですね。
自分の力を利用して身内に金を回すなんて・・・ひどいです。
これはもう、許されることではありません。

その大和田。役員会議で半沢を伊勢島担当から降ろすことを提案します。すると岸川が、頭取直々のご指名でなのだから勝手に解任はできない、と反論。
岸川の言葉に納得したかのような大和田。
ならば、と、顔をぐっと近づけて、半沢のすることの責任はとりますよね、と圧力をかけます。
「むろんだ。」

中野渡を追い込む、大和田と岸川の三文芝居でした。
岸川はいつもびくびくしています。
伊勢島の欠損情報の握りつぶしやタミヤ電機の融資の件など、大和田の悪事にことこどく関与してきましたからね。もう、こうなったら大和田と一蓮托生。

半沢は、金融庁検査を乗り切るために、渡真利、近藤の同期三人だけで一大プロジェクトを立ち上げていました。

それは、伊勢島をアメリカ最大のホテルチェーンの傘下にいれること。
渡真利はフォスターと対等な条件を結ぶために動き、半沢は湯浅社長を説得にかかります。時間をくれ、と湯浅。

そして近藤は、田宮から大和田の不正融資について証言してもらうよう、説得。

一方、黒崎は例の疎開資料のありかを必死で探していました。
心配する渡真利に、半沢は「灯台下暗し」、すでに当行の地下に戻してあると。
そこは、銀行の見取り図にも載っていない部屋。なので外部からはわからないはず。

さて、色々あって。
ついに金融庁検査当日となりました。

湯浅社長の返事をじりじりしながら待つ半沢の下に、渡真利から、疎開資料を保管している部屋を金融庁のものたちによって封鎖されていると知らせが入ります。

万時窮す。
中野渡頭取も参加して、聞き取り調査が始まります。

新しい方策を示せない半沢を、いつもの2倍増して、獲物をいたぶる猫のごとくねちこく追い詰める黒崎。
思わず下を向く半沢。
やっつけたも同然、というところで、半沢の逆襲が開始されました。

「伊勢島ホテルはフォスター傘下に入ります!」

驚愕する黒崎と大和田。
下を向いたのは、湯浅社長からのメールを読んでいたからなのですね。

それでも黒崎はめげません。
例の疎開資料の件を持ち出し、これから見に行きましょうと、みんなを引き連れて地下へ行きます。
その間に大和田へ田宮から「全て近藤に話した」という電話が入ります。
ますます青ざめる大和田。

部屋に入ると、8つほどダンボールが。
勝利の雄たけびを上げながら、部下たちに蓋を開けさせる黒崎。

が、中から出てきたのは、仮想パーティーグッズ。

逆に内藤部長から名誉毀損として報告します、と言われてしまいます。
そこを、なにか誤解があったようだが、よくあること。今回のことはなかったことにしましょう、と宥める頭取に、お気遣い、感謝します、と歯軋りしながら頭を下げる黒崎。

しかし半沢には、この借りは死ぬまで忘れない、と。

えっと・・・散らかしたものはちゃんと片付けましょう。

疎開資料は同じ部屋の別の場所にブルーシートをかけて隠してあったんですね。
まあ、ほんとに綱渡りだこと。

こうして伊勢島ホテルは、湯浅社長の下で新しく生まれ変わることとなり、羽根専務は解雇されました。大和田の野望のひとつは砕け散った?
田宮の証言を正式な報告書にまとめた、という近藤の知らせを聞き、よくやった、と喜ぶ半沢。
しかし、電話を置いた近藤の撮り方が消え入るよう・・・

電話まで壊して怒り狂う大和田が、思わず殺し屋を雇うかと思っちゃいましたよ。
さすがにそんな荒唐無稽なことはなく。
近藤を騙して呼び出し、銀行への復帰・・・それも本社の、かつて近藤が望んでいた部署に移動しようというエサを提示しました。

うー、無理矢理裏切ることになるのは、渡真利じゃなくって近藤だったのかな??

どんな理不尽な目にあっても、銀行マンとしてのプライドは保ち続け、今回はあれだタミヤのことを考えてがんばった近藤。
一方で、病んだ時も変わらず自分を支えてくれていた妻・・・家族のことも考えちゃうのもわかります。
でも、ここでイエス、と言ったら、岸川のようにずっとびくびくしながら生きていかなければならなくなるんだけどなあ。そんなことくらい、わかっているよね、近藤は。

.

今回は黒崎をぺしゃんこにやっつけた半沢。
でも、羽根はまだ直接やっつけてないので、大和田とともに巻き返しを図るところをやっつけるのでしょうか。

疎開資料を保管していた部屋付近をうろうろしていた福山が気になります。
彼は半沢はもちろん、模擬試験で失敗した自分を馬鹿にしたような目で見た大和田にも言い感情を持ってなさそうです。

ともかく、次回最終回。

近藤が寝返ったために・・・再び窮地に陥るのだろうな。
半沢が銀行に残れるかどうかはわかりませんが、大和田をやっつけるのは間違いないでしょう。
どうやって逆転するのか。大和田にどのような倍返しをするのか。
楽しみです。

そして、近藤がどうか救われますように。

.

.

.

#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 仮面ライダーウィザード #51「最後の希望」  | トップページ | クロワッサンで朝食を:映画 »

#ドラマ:2013年第3クール」カテゴリの記事

□半沢直樹」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
いや~先週の近藤のがんばりにはまだヒヤヒヤ感があったけど、今週の様子をみて、もう大丈夫だ!って思ったのにーー
大和田のことなんて信用できないのよくわかっているはずなのに、家族のことを思うとすがらずにいられなかったんでしょうね・・(Tーヾ)
でも、実は、あの目真っ赤でおどおども芝居だったら、びっくりですよね(笑
その場はのったフリして、大和田を油断させるという・・・
わたしゃ、裏切るならミッチーだと思ってたのに~
今でも、ミッチーを心から信じられないけど・・・(笑
でも、羽根専務も黙って引き下がると思えないから、まだ爆弾仕込んできそうですよね。
来週は25分拡大だから~小さい罠があちこちにありそう。
黒崎とは、これでもうお別れなのかな~
来週、一回も出て来なかったら物足りないぞ・・

きこりさん おはようございます。

>大和田のことなんて信用できないのよくわかっているはずなのに
そう、わかっているはずなんですよね。
でも、苛めが原因で左遷されたり病気になったりしても、見守ってくれたあの暖かい奥さんのこと、子供のことを思うと・・・
よくある設定なのですが、滝藤さんの追い詰められ感に、思わず身につまされました。
また、強迫してくるのが、異様に迫力のある大和田ですものね。香川さんの悪の迫力があってこそ、とも言えます。
>その場はのったフリして、大和田を油断させるという・・・
そうであって欲しいです!
だったら、ひょっとすると半沢が大和田に10or100倍返しをするより拍手喝采するかもしれません(^^;;
>今でも、ミッチーを心から信じられないけど・・・(笑
はーい、私もそうです(笑)
>でも、羽根専務も黙って引き下がると思えないから、
なんか仕込んでそうでうね。うむむ。
>黒崎とは、これでもうお別れなのかな~
疎開資料絡みで、最後にちらりとでも登場して欲しいですね(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半沢直樹 第8話、9話:

» 【半沢直樹】 第9話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
確かにノーに比べたらイエスと言うほうが何倍も簡単だ。 でもな、俺達サラリーマンがイエスとしか言わなくなったら、仕事はただの 作業になっちまう。 作業だけならロボットでもできる。 でも、俺達はロ...... [続きを読む]

» 半沢直樹 第9話★黒崎(片岡愛之助)が「股間鷲づかみ」「机バン!」「半泣き」 [世事熟視〜コソダチP]
半沢直樹 第9話 最終決戦!〜出向をかけた金融庁検査!! 先日放映されたETV特集「トラウマからの解放」のナレーターもされていた元NHKの山根基世さんのナレーションで<迂回融資とは銀行が融資できないようなろくでもない相手に顧客を通じて金を又貸しする詐欺行為である。> タミヤ電機・田宮社長(前川泰之)を通じて、大和田常務(香川照之)の妻・棚橋貴子(相築あきこ)が経営するアパレル会社・ラフィットに3000万円を迂回融資したことを近藤(滝藤賢一)が嗅ぎつけた件。 『半沢直樹』には色々と... [続きを読む]

» 「半沢直樹」 第9話 [トリ猫家族]
 さて、5年前東京中央銀行からタミヤ電機に融資された3000万の横流しを受けたラフィットの社長・棚橋貴子は大和田常務の妻でした。 融資をしたのは当時の京橋支店長の岸川部長だ ... [続きを読む]

» 半沢直樹 第9話 [ドラマハンティングP2G]
第9話「最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!!」 2013年9月15日放送 近藤(滝藤賢一)が知ることになったタミヤ電機を舞台にした迂回融資事件。タミヤ電機を隠れ蓑にし、3千万円もの融資を受けていたのは、何と大和田常務(香川照之)の妻・棚橋貴子(相築あきこ)が…... [続きを読む]

» 半沢直樹 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『最終決戦!〜出向をかけた金融庁検査!!』 内容 岸川部長(森川順平)福山次長(山田純大)による模擬検査を なんとか、切り抜けた半沢(堺雅人) そんななか 近藤(滝藤賢一)のタミヤ電機が行っていた迂回融資先“ラフィット”が、 大和田(香川照之)の妻・棚橋貴...... [続きを読む]

» 半沢直樹 (第9話・9/15) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBS・日曜劇場『半沢直樹』(公式) 第9話『最終決戦!~出向をかけた金融庁検査!!』の感想。なお、池井戸潤氏の原作小説は未読。 “倍返し”と言うより“どんでん返し”な展開… あらすじを書...... [続きを読む]

» ドラマ『半沢直樹』#9 [よくばりアンテナ]
ドキドキの展開でしたね〜 あらすじはコチラ 近藤の目撃証言により、タミヤ電機の迂回融資した相手は大和田常務の妻だと判明。 タミヤ電機のために回収することを社長にもちかける近藤。 一方、半...... [続きを読む]

« 仮面ライダーウィザード #51「最後の希望」  | トップページ | クロワッサンで朝食を:映画 »

作品一覧