2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 2013年8月の読書 その2 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第31話「バーカンス! えいえんのホリデー」 »

2013年9月29日 (日)

八重の桜 第39回「私たちの子供」

公式サイト

八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、女子教育の場となる同志社女学校が誕生した。しかし開校後まもなく、リツ(大後寿々花)という名の薩摩出身の女学生が結核にかかってしまう。

八重はリツを自分の家に移し、献身的に看病をするが、リツは八重をかたくなに拒む。なぜなら、リツの父は10年前の会津戦争で亡くなっていたからだった。八重は、自分の過去を責めて落ち込むが、あきらめずにリツを看護し続け…。(公式サイトより)
.
アメリカ人女教師のマナーの授業に、風習の違いもあるし、何よりマナーより学問がしたい、と反発する生徒たち。
学問重視の、男子と変わらないカリキュラム組んだんじゃなかったっけ。
全くなしにする、ということはできなかったのでしょうか。

八重はなぎなた・・・武道を通じてマナーを教えることに。
こちらの授業は歓迎する生徒たち。
痛快なシーンではありましたが、生徒たちが武士の娘ばかりなのかどうかが気になりました。
生徒たち、というより寮生、と言うべきなのかな?

学問優先、という気持ちはともかく、当時の女学生たちの生活や、アメリカ人教師がどんなマナーを教えようとしていたのかを描いていないので、何が摩擦を呼んだのか、よくわかりませんでした。
明治初期の人々の暮らしって、今からみれば外国ほどにわからないことばかりなのに。
こういうところ、粗いです。
.
西南戦争の功を認められるも、山県から「帝に弓引いた大罪は容易には償えん」と言われる山川浩。
大山はそんな浩に、勘兵衛たち、会津の人々の勇気を褒める言葉をかけます。
しかし山川は

「おおそれながら、我々は薩摩への報復と意気込んで、戦ってまいりやした。
会津を滅ぼした薩摩の西郷を討ち果たし、死んだ仲間たちの無念を晴らすため。
言われもない罪に追い込まれ、戦で身内を失う痛み、おわかりいただけたか。
同じ過ちを繰り返す、この国はいったい何をやっているんだ。」

と反発。

「戦は、終わりじゃ。終わったどん、山川。」

薩摩の大山と会津の浩が少し近づきつつある一方で、八重は、父を会津の戦いで亡くした薩摩の武士の娘、リツから激しい反発を受けていました。
仇が教えていると知っていたらこなかった、と、と学校を辞めようとします。
襄のことは慕っているのですけれども。

その上、リツの父を撃ったのが八重であることが判明。
結核にたおれたリツを引き取って看病するも、受け入れてはくれません。
食事も取らないリツをついに叱咤する八重。

「いい加減にしっせ。こんなことして、何になんだ。
このまま意地をはっても、誰も救われねえよ。
そんな体じゃあ、父上の恨みだって晴らすことはできねえから。
私が憎いか。
だったら元気になって、私に報復したらいいべ。
つまんねえ意地をはって死んでしまったら、なじょにもなんねえのだし。
生きねばなんねえのだし。」

八重が去った後、襄はリツに、八重もあの戦で父と弟を亡くしている、と話します。

「故郷や、大切な人を失って、それでも生きてきた。
同じ痛みがわかるから、八重さんは、あなたと同じように苦しんでいる。」

そしてリツを看病するのは当然だ、と。

「あなたは私たちの子供とおなじですから。」

食事を手にするリツ。

府知事になった槇村は覚馬を邪魔にしはじめます。
「顧問なんぞ、知事のご用聞きだけしておればいいものを。
なあ、先生、このあたりで同志社に専念されてはいかがか。」
その言いように憤慨する時栄。
権力を持って、確かに変わりました。以前は下にもおかぬ扱いだったのに。

「好きなように府政を切り回したいのだろう。」

覚馬は、顧問を辞職するのと引き換えに同志社女学校の土地を手に入れました。
これからお前たちと一緒にいる時間が増える、という父の言葉に喜ぶ久栄、笑顔を浮かべる父。
そんな一家団欒の場に入れないみね・・・
将来の夫、伊勢時雄と出会い、佐久ともども洗礼を受けました。
.
ようやく心を開き始めたリツを看病しながら、八重は語りかけます。

「会津は卑怯な賊軍だと教わったんじゃねえか。」

うなずくリツ。

「私も薩摩は憎い、許せねえ、ずっとそう思っていたけんじょ、リツさんのことはひとつも憎いとは思えねえ。
もしかすっと、会津にも薩摩にも卑怯な人間がいたのかもしんねえ。
うんだけんじょ、ほとんどはリツさんのような普通の人たち。
会津の子供たちと同じ。」

八重先生も普通の人か、と問うリツ。

「いや、私は違う。
私は戦ったんだから。人を、撃ったんだ、会津のために、弟の仇を討つために戦った。迷いはなかった。
ほなけんじょ、リツさんに出会って、初めて自分がしたことを思い知らされた。
私の父はなじょして死んだ。弟の三郎はなじょして殺された・・・そう、思っていたけんじょ、私は同じ罪を背負っている。
この罪は、決して消えることはねえ。」

「じゃっとん、罪のなか人間なんち、おっとごわすかい。
先生、あたいの看病をしっくいやって、命おば救ってくいやって。
ありがとなし」

こうして八重と和解したリツ。
体を直して再び学校に戻ってくるために、薩摩に戻っていきました。
結核を煩っていては、戻ってくる可能性は少ないでしょうね・・・

熊本バンドの連中を見ればわかる通り、男尊女卑の甚だしかったこの時代に、娘に学問をさせるためにはるばる京へ送る。どんな家族なのか、興味があります。しかも薩摩だし。

.
同じ罪・・・自省することで、八重が会津の恨みから解き放たれていくお話でした。

同志社女学校の土地を手に入れて、襄の地位も多少は安定するのかな、と思ったら、まだまだ山あり谷ありのようです。

.

.

01 02 03 04、05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36、37 38

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 2013年8月の読書 その2 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第31話「バーカンス! えいえんのホリデー」 »

△大河:八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/58290623

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第39回「私たちの子供」 :

» 八重の桜 第39回「私たちの子ども」 [ともさんのふむふむ大辞典]
今回は、非常に重い話から始まります。それは薩摩出身のリツという女学生の父親が戊辰戦争の折、先生である八重に撃たれてなくなったというもの。この事実を薄々と感じていた八重でしたが、学生の言葉で顕在化し、かつ元々会津出身者である自体でいい印象を持っていなかったこともあり、もの凄く険悪なムードになります。この辺りの話を伺うと、非常に戦争というものの悲惨さを思い知らされます。 戦争は、その時々で...... [続きを読む]

» 【八重の桜】第39回 「私たちの子ども」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、同志社女学校が誕生した。 喜びもつかの間、薩摩出身の女学生リツ(大後寿々花)が結核にかかる。 八重は献身的に看病にあたるが、リツは八重の看護を頑なに拒む。 リツは、父を会津戦争で亡くしていたのだ。 八重は、戦争で人を撃った自分の過去を責めて沈みながらも、あきらめずにリツを看護し続ける。 (「Yahoo!TV」より引用)...... [続きを読む]

» 八重の桜 第39回 私たちの子ども [レベル999のgoo部屋]
『私たちの子ども』 内容 ついに八重(綾瀬はるか)の夢である同志社女学校が誕生した。 だが、度々、騒ぎが起き、八重は苦戦していた。 外国との風習の違いだけでなく、 学問を学びにやって来たのに。。。と 徳富初子(荒井萌)伊勢みや子(坂田梨香子)を中心に、 八重...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第39回「私たちの子ども」★綾瀬はるかも 今流行の土下座! [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第39回「私たちの子ども」 前回、八重(綾瀬はるか)の出番が少なかった第38回「西南戦争」はガクッと視聴率が落ちていましたから、このドラマは”綾瀬はるか”の魅力をドラマに活かせるかどうかにかかっているようなのですが、今回出番がまた増えたとはいえエッジの立たないエピソードだったので、今一つパッとしない印象でした。 −◆− 同志社女学校が誕生し、熊本出身の徳富初子(荒井萌)伊勢みや子(坂田梨香子)ら元気が良すぎる生徒が入学しています。 坂田梨香子・・・仮面ライダーフォーゼの美... [続きを読む]

» 『八重の桜』第39回 [悠雅的生活]
私たちの子ども [続きを読む]

» 八重の桜「私たちの子ども」 [blog mr]
 なんかレビュー記事によって「私達」「子供」など表記がバラバラ。ついオフィシャルで確認してしまった。  誰かと思ったら、大後寿々花。ちゃんと見るのは「セクシーボイスアンドロボ」以来。  そして坂田梨花子もいる。この人、着実に出世してるなぁ。  リツの父を撃ったかもしれない八重。自分たちを守るためにやむを得ず、ではあったが、それは一生、負わなければならない十字架。  見る方も、八重の活躍で快哉を叫ぶ、ではいけないのかもしれないね。  大後寿々花のプロフィール確認して驚いたのだが、「ウルトラマンコ... [続きを読む]

« 2013年8月の読書 その2 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第31話「バーカンス! えいえんのホリデー」 »

作品一覧