2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 二回目のロンドン旅行。 その8:部屋の仔細です。 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第24話「もえろ! 7にんのキョウリュウジャー」 »

2013年8月 4日 (日)

八重の桜 第31回「離婚のわけ」 

公式サイト

米沢の八重(綾瀬はるか)のもとに、尚之助(長谷川博己)から離縁状が届く。気丈に振る舞いながらも悲しみを抑えきれない八重。尚之助は斗南藩のために行った米取り引きで詐欺に遭い、取り引き先から訴えられ勾留されていたのだ。しかし、八重への手紙にそのことは書かれていなかった。
そんななか、八重たちのもとに兄・覚馬(西島秀俊)の使いが訪ねてくる。覚馬が京都で生きていることを知り、安堵(あんど)する佐久(風吹ジュン)とうら(長谷川京子)。しかし喜びもつかの間、覚馬に内縁の妻と娘がいるということが判明し、八重は激怒する。(公式サイトより)

.

感想のみ書きます。

八重と二葉、そしてうらの離婚をまとめて描いていました。
この時期、環境の激変による離別が多かった、ということなのでしょう。

明治四年。

かつては名門の出でもあり、家老として自信に満ちていた頃の面影なく、抜け殻となってしまった梶原平馬。
国を敗戦に導いてしまった、という自責、悔恨の念で前に進めない。
東京へ行って新しい生活を始める気力もない。
こんな自分が妻子を養うことはできない、と、二葉と息子を山川家に返します。

今の夫には自分たちは重荷でしかない。引き止めたくても、引き止められない、武士の娘、二葉。

ドラマではここまで全く描かれていませんでしたが、梶原家もまた頼母の家と同じく、一族が自刃しているそうです。
梶原一族の悲劇は描かれていなくても、この夫婦の別れは、妻としては辛いですが、納得はできました。
.

斗南藩の惨状。

斎藤は斗南、時尾のそばにいました。
会津が恨まれたのは、新選組が京で人を殺しすぎたからだ、と詰るユキ。
時尾は、会津のために戦い、今もともに苦労している、と斎藤を庇います。
辛い環境のために、誰かを恨まねばやっていけない、と時尾の祖母。

.

尚之助をめぐる詐欺の一件は、内容がぼんやりとしていて、よくわかりませんでした。

史実がどうか、本当のことは書けないとかは置いといて、ドラマとしてきちんと組み立てて欲しかったです。
この事件によって、会津の人間になろうとしていた努力していた尚之助が、やむを得ずだとしても、会津から切り捨てられてしまう。
彼の、会津に来てからの人生が否定されてしまうわけですから。

米の買い付けを、藩から命じられたのではない、自分一人でやったことだと申し立てた尚之助。
八重に離縁状を書いたのは、迷惑をかけまい、ということ。

理由がわからない八重は勝手だと、怒ってしまいます。
尚之助はいつも勝手だと・・・猪苗代に連れて行ってもらえなかったことを根に持っているのですね。

でも、それ以外は、八重の山本家に対する思いや誇りを大事にし、彼女のやりたいことを最優先させてくれた、あの時代には珍しいほど物わかりのいい旦那さんだったと思うのですが。

ドラマの途中で、斗南に、尚之助の元に行かなかったことを後悔していました。

前回も思ったのですが、何故、行かなかったのでしょうか。
恨みを支えにしていては前に進めない、今の生活を大事にしたい、という前回のセリフだけでは、よくわらないかったのです。

尚之助よりも、細々とでも暮らして行ける生活を大事にしたかった。
もしくは尚之助の足でまといになりたくなかった。
あるいは猪苗代に連れて行ってくれなかったことで拗ねていた・・・。
などなど、脳内補填はしましたが。

それまで八重は思ったことをはっきり言葉にし、行動していましたので、ここだけ奥歯に物を挟んだような言い方なのに、違和感を持ちました。相手が大蔵だったこともあるのでしょうけれども。
史実の八重がどう思っていたかはわからないとしても、ドラマとして組み立てて欲しかったかな、と。
尚之助と再会する話があるそうですので、その時に、八重の胸のうちを描いてくれることを期待しています。

.

そして、うら。
死んだと思っていた覚馬が生きていた、という喜びも束の間、子供までなした女性がいることに静かな怒りを燃やしました。
激動の9年間をひとり、山本家の嫁として、みねの母として必死で生きていた自分はいったい・・・

手紙には覚馬の体のことなどの事情が一切書かれていないので、わけがわからず、同じく怒り心頭になる八重。
女性を追い出すよう、覚馬に手紙を書こうとしますが、子供も追い出すことになる、と佐久に止められます。
でも、それはうらを、見放す、ということなのです。

長男が生きていた喜び、そして会いたいで思いでいっぱいの佐久。嫁の気持ちを慮る余裕はありません。
次男と夫を亡くした後の、思いもかけない朗報ですものね・・・

八重はうらに、正妻として堂々としていればいい、と言いますが。

「そんなこと、できんべか。
都の若い娘にやきもちもう焼かず、堂々としていられんべか。
きっと旦那様に恨み、ぶつける。
向こうのおなご、憎んで、繰り言を重ねる。
そんな情けねえ母親の姿、みねには見せたくねえ。
それに、私にも、おなごの意地がありやす。
旦那様には、赤い櫛が似合っていたころの私を、憶えていてもらいてえ。

みねのことを、どうか、おねげえいたしやす。」

こうしてうらは会津へ、八重たちは京へ。
長年苦楽をともにしてきたうらとの別れ。

「ほんだら、行くか。」

あっさりと、佐久。
あんなに仲睦まじく暮らしてきたのにねえ。個人的には納得がいかないのですが。
佐久さんがどうの、というより、ドラマの流れが、です。

みやが行きたくない、泣いてくれたので、少し救われました。
うらは、形見として思い出の赤い簪をみやに渡します。

そして京へ。
体を壊した覚馬を抱きしめる佐久。
しばらく距離をおく八重。

「こんな体になってしまって、探すことも、迎えにいくことも、できなかった。すまなかった。」

ようやく、八重も覚馬を抱きしめます。しかし、みやは突っ立ったまま。
三人が抱きしめ合っている様子を立ったまま見つめる時栄。

八重と時栄の初対面の時、静かな火花が散ったような気がしましたが・・・どうなるのでしょう。

.

.

01 02 03 04、05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

« 二回目のロンドン旅行。 その8:部屋の仔細です。 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第24話「もえろ! 7にんのキョウリュウジャー」 »

△大河:八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/57928916

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第31回「離婚のわけ」 :

» 【八重の桜】第31回 「離縁のわけ」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
米沢の八重(綾瀬はるか)の元へ、尚之助(長谷川博己)から離縁状が届く。 気丈に振る舞いながらも悲しみを抑えきれない八重。 尚之助は斗南藩のため米取引に奔走するも失敗し、取引先から訴えられて勾留...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第31回「離縁のわけ」★ユキ(剛力彩芽)が本人の前で新撰組批判 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第31回「離縁のわけ」 順不同で・・・。 京都の覚馬(西島秀俊)に内縁の妻と赤ん坊が居ることを知った うら(長谷川京子)が「私にも、おなごの意地がありやす」として身を引くことにして、京都に向かう八重(綾瀬はるか)と佐久(風吹ジュン)に娘・みね(池田沙弥花)を託します。 別れ際、”みね”がやおら泣き始めて「私行がね! おっかさまが行かねえなら、私も行かね。」と”うら”に駆け寄り号泣。 ”うら”が諭してもなかなか泣き止まない”みね”を「武士の娘がいづまでもメソメソ泣ぐ... [続きを読む]

» 八重の桜 第31回 離縁のわけ [レベル999のgoo部屋]
『離縁のわけ』 内容 明治四年。米沢の八重(綾瀬はるか)が行商から帰ると、 尚之助(長谷川博己)からの手紙が届けられていた。封を開けると。。離縁状。 佐久(風吹ジュン)うら(長谷川京子)に対し、 “受け入れるしかねえ”と気丈に振る舞う八重だが、戸惑いを隠せ...... [続きを読む]

» 八重の桜~第三十一話「離縁のわけ」 [事務職員へのこの1冊]
第三十話「再起への道」はこちら。 金曜から花巻に行っておりまして、はたして今日「 [続きを読む]

» 【八重の桜】第31回感想と視聴率「離縁のわけ」 [ショコラの日記帳・別館]
「離縁のわけ」 第31回の視聴率は、前回の12.6%より上がって、15.4%でし [続きを読む]

» 『八重の桜』第31回 [悠雅的生活]
離縁のわけ [続きを読む]

» 八重の桜「離縁のわけ」 [blog mr]
 尚之助は四年の裁判を闘うことになる、て話なのだが、それってどうやったんだろう。その間、どうやって食ってたのかね。  斉藤さん、そこにいたのか。  みんな恨む相手を求めている、というのはいい。  戦が終わってからの方がつらい、というのは今の我々がかみしめるべき台詞だな。  覚馬は目が見えないだけでなく体もすっかりやせ細っているらしい。  序盤で上半身裸のシーンがあったけど、あれはただのサービスカットではなかったわけだ。 ... [続きを読む]

« 二回目のロンドン旅行。 その8:部屋の仔細です。 | トップページ | 恐竜戦隊キョウリュウジャー 第24話「もえろ! 7にんのキョウリュウジャー」 »

作品一覧